カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Developer Experience Considering Work Difficulty in Software Development, accepted for International Journal of Networked and Distributed Computing (Scopus indexed)


Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, “Developer Experience Considering Work Difficulty in Software Development,” International Journal of Networked and Distributed Computing (Scopus indexed) (to appear)

Previous studies have researched how developer experience affects code quality, but difficulty was ignored although experienced developers are more likely to work on more complex parts of a project. We examine work difficulty by focusing on revised files. Using product metrics, we evaluate file complexity for each type of file origin. Specifically, we analyze three large commercial projects (each with about 250,000 LOC) executed by the same organization to analyze the relationship between previous project experience and developer’s work. Although experienced developers do not necessarily work on more complicated files, they introduce fewer defects, especially if the difference in work difficulty is not significant.

情報処理学会誌へ寄稿「SIGCSE 2018参加報告とコンピュータサイエンス教育におけるトップカンファレンスのススメ – 世界基準で目標を掲げ、影響を与えるために -」


礎 良輔、鷲崎 弘宜、“SIGCSE 2018参加報告とコンピュータサイエンス教育におけるトップカンファレンスのススメ – 世界基準で目標を掲げ、影響を与えるために -“、情報処理、2018年6月号(予定)

SIGCSEは、米国で開催される最大規模のACM主催会議The SIGCSE Technical Symposium on Computer Science Educationを指し、コンピュータサイエンス教育における最難関のトップカンファレンスである。世界の研究者や実務家は、トップカンファレンスを目標として計画的に研究・実践し、投稿し、採否によらず参加し、議論し、影響を与え、ネットワークを広げる、ということを50年間積み重ねてきている。日本もそれに倣うべきである。本稿では49回目の開催にあたるSIGCSE 2018の様子を報告するとともに、トップカンファレンスの重要性を述べる。

第1回東京国際教育祭 Learn for Life 2018 にて齋藤助手が小学生向けのワークショップ「Aliceで3Dアニメなどを作りながらプログラミングを学ぼう」を実施


3月27日に、広尾学園にて開催の第1回東京国際教育祭 Learn for Life 2018にて齋藤助手が小学生向けのワークショップ「Aliceで3Dアニメなどを作りながらプログラミングを学ぼう」を実施。学習効果調査も実施しました。多くのご参加、有難うございました。渡邊君、南雲君が手伝ってくれました。


M0 石塚君が情報処理学会第80回全国大会学生奨励賞を受賞(「複数組織によるソフトウェア開発において品質を低下させるソースコードの特徴の調査」について)


石塚凌, 情報処理学会 第80回全国大会学生奨励賞(以下の発表に対して), 2018年3月

  • 石塚 凌,津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大),保田裕一朗,杉村俊輔(小松製作所), “複数組織によるソフトウェア開発において品質を低下させるソースコードの特徴の調査”, 情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日

Test case reduction based on the join condition in pairwise coverage-based database testing, accepted for InSTA 2018


Yuper Lay Myint, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukuzawa, Hideyuki Kanuka, Hiroki Ohbayashi, “Test case reduction based on the join condition in pairwise coverage-based database testing,” 5th International Workshop on Software Test Architecture (InSTA 2018), April 13, 2018, Västerås, Sweden, conjunction with ICST 2018

Testing database applications correctly and effectively remains an issue. This study improves Selected Pairwise Coverage Testing (SPCT), which is a pairwise coverage-based test method for database applications that can discover bugs not detected by conventional methods. Because SPCT considers only selected columns in the SQL query and the conditions in the simple WHERE clause, achieving full pairwise coverage has some redundancies. In this work, we propose a new pairwise coveragebased test method by considering the condition in the JOIN clause to further reduce the redundant parameter combinations. The experimental results are evaluated to confirm the effectiveness of proposed test method compared to SPCT.

情報処理学会第198回ソフトウェア工学研究発表会にて2件の研究発表を予定


  • 鷲崎弘宜,夏天,鎌田夏実,大久保隆夫,小形真平,海谷治彦,加藤岳久,鹿糠秀行,田中昂文,櫨山淳雄,山本暖,吉岡信和,吉野雅之, “セキュリティパターン研究の分類体系と文献調査”, 情報処理学会第198回ソフトウェア工学研究発表会, 2018年3月9日(金)~ 10日(土), 芝浦工業大学
  • Jati H. Husen, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study”, 情報処理学会第198回ソフトウェア工学研究発表会, 2018年3月9日(金)~ 10日(土), 芝浦工業大学