Research achievements in FY2013 (Apr 2013 – Mar 2014)


Journals / 論文誌

  1. 中野聡之, 角谷将司, 鈴木翔太, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 羽生田栄一, 本橋正成, 三上 徹也, “パターンの構造化を利用したパターンランゲージの拡充”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.11, pp.2705-2709, 2013. (PDF)
  2. 伊藤弘毅, 志水理哉, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “トレーサビリティリンク回復を通じたトレーサビリティ測定と改善支援”, コンピュータソフトウェア, Vol.30, No.3, pp.3_123-3_129, 2013.(PDF)
  3. 伊永祥太, 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, 玉木学, “情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係”, 工学教育, Vol.61, No.5, pp.88-93, 日本工学教育協会, 2013. (PDF, 工学教育2013.pdf)
  4. 神谷知行, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Refactoring Script:再利用可能なリファクタリングスクリプトと処理系”, 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO), Vol.6, No.3, pp.33-45, 2013.(RefactoringScript-pro.pdf)
  5. 新原敦介、小川秀人、鷲崎弘宜、”フィーチャ分析と充足可能性判定を用いたシステムテストに向けたシステム構成導出”、情報処理学会論文誌、Vol.55, No.2, pp.922-938, 2014.

International conferences and workshops / 国際会議

  1. Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Kazuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki and Toshikazu Kanou, “Team Characteristics for Maximizing the Educational Effectiveness of Practical Lectures on Software Intensive Systems Development,” Proceedings of 26th IEEE-CS Conference on Software Engineering Education and Training (CSEET), pp.264-268, San Francisco, May 19-21, 2013.(PDF)
  2. Kazunori Sakamoto, Hiroaki Hosono, Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Goal-Oriented Requirements Analysis and an Extended Design Pattern using Scala for Artificial Intelligence Programming Contests,” Proceedings of 3rd International Workshop on Games and Software Engineering (GAS 2013), conjunction with ICSE 2013, pp.32-35, San Francisco, May 18, 2013.(PDF)
  3. Kazuki Nishiura, Yuta Maezawa, Hironori Washizaki, Shinichi Honiden, “Mutation Analysis for JavaScript Web Applications Testing,” Proceedings of 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), pp.159-165, Hyatt Harborside at Logan Int’l Airport, Boston, June 27-29, 2013.(PDF)
  4. Fumiya Kato, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Comparative Evaluation of Programming Paradigm: Separation of Concerns with Object-, Aspect-, and Context-Oriented Programming,” Proceedings of 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), pp.594-599, Hyatt Harborside at Logan Int’l Airport, Boston, June 27-29, 2013.(PDF)
  5. Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Extended Design Patterns in New Object-Oriented Programming Languages,” Proceedings of 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), pp.600-605, Hyatt Harborside at Logan Int’l Airport, Boston, June 27-29, 2013.(PDF)
  6. Shota Suzuki, Hironori Washizaki, Ryushi Shiohama, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa, “Analyzing effectiveness of workshops for learning agile development,” Proceedings of Agile 2013 Conference (AGILE 2013), pp.50-59, Nashville, August 5-9, 2013. (PDF)
  7. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, YoshiakiFukazawa, “A Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics in Development,” Proceedings of 14th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2013), pp.342-346, Paphos, Cyprus, June 12-14, 2013. (PDF)
  8. Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Tadahisa Kato, Masumi Kawakami, Kentaro Yoshimura, “Recovering Traceability Links between Requirements and Source Code in the Same Series of Software Products, ” Proceedings of 17th International Software Product Line Conference (SPLC 2013), pp.121-130, Tokyo, August 26-30, 2013.(PDF)
  9. Takanori Kobashi, Nobukazu Yoshioka, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Validating Security Design Pattern Applications Using Model Testing,” Proceedings of 8th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES2013), pp.62-71, University of Regensburg, Germany, September 2-6, 2013.(PDF)
  10. Yuta Maezawa, Hironori Washizaki, Yoshinori Tanabe and Shinichi Honiden, “Automated Verification of Pattern-based Interaction Invariants in Ajax Applications,” Proceedings of 28th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE2013), pp.158-168, Silicon Valley, California, November 11-15, 2013. (PDF)
  11. Hironori Washizaki, Shota Suzuki, Ryushi Shiohama, Masashi Kadoya, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa, “Systematic Mapping of Workshops for Learning Agile Software Development Principles,” Proceedings of the International Conference on Edcuation and Educational Research (EER 2013), pp.102-107, August 11-12, Singapore, 2013.(PDF)
  12. Kazunori Sakamoto, Koichi Takano, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Learning System for Computational Thinking using Appealing User Interface with Icon-Based Programming Language on Smartphones,” Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education (ICCE 2013), pp.562-568, November 18-22, Grand Inna Bali Beach Hotel, Denpasar Bali, Indonesia, 2013. (short paper)(PDF)
  13. Masashi Kadoya, Toshiyuki Nakano, Takamori Ozawa, Masahiko Wada, Hiroki Itoh, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A pattern language for the ET robot contest: On embedded software engineering,” Proceedings of the 20th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2013), pp.XX-YY, Allerton Park in Monticello, IL, October 23-26, 2013. (PDF, PLoP2013-35.pdf)
  14. Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai and Mikihiko Yamamoto, “Effects of Organizational Changes on Product Metrics and Defects,” Proceedings of the 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013). pp.132-139, Bangkok, Thailan, 2-5 December 2013. (APSEC2013-paper.pdf)
  15. Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Evaluating Structural Validity of UML Class Diagrams by Measuring the Number of Highly Responsible Classes,” Proceedings of the 13th IASTED International Conference on Software Engineering (SE2014), pp.46-53, Innsbruck, Austria, February 17 – 19, 2014. (iastedDocVer5-6eng.pdf)
  16. Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yamada, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, “RELATIONSHIP BETWEEN VARIATIONS OF PERSONAL CHARACTERISTICS AND EDUCATIONAL EFFECTIVENESS IN GROUP ASSIGNMENT ON SOFTWARE INTENSIVE SYSTEMS DEVELOPMENT,” Proceedings of the 8th International Technology, Education and Development Conference (INTED 2014), pp.698-706, March 10-12, 2014, Valencia, Spain
  17. Eduardo B. Fernandez1, Nobukazu Yoshioka2, and Hironori Washizaki, “Patterns for cloud firewalls,” Proceedings of the 3rd Asian Conference on Pattern Language of Programs (AsianPLoP 2014), pp.XX-YY, Tokyo, March 5-8, 2014. (to appear)
  18. Masashi Kadoya, Toshiyuki Nakano, Takamori Ozawa, Masahiko Wada, Hiroki Itoh, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A pattern language for the ET robot contest: On embedded software engineering,” Proceedings of the 3rd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2014), pp.XX-YY, Tokyo, March 5-8, 2014. (draft)

Books and magazines / 書籍・雑誌記事

  1. 鷲崎弘宜、本田澄、深澤良彰、”不確定性と時間変化を含む一般化信頼性モデル”、メトリクス公団、Vol.1、TEF東海メトリクス勉強会、2013.
  2. 鷲崎弘宜、”ゴール指向の測定評価と留意 – GQMパラダイムと拡張 -”、メトリクス公団、Vol.1、TEF東海メトリクス勉強会、2013.
  3. 鷲崎弘宜、鈴木翔太、”アジャイル開発習得ワークショップの傾向と効果”、Ultimate Agile Stories Iteration3、2013.
  4. Ivar Jacobson, Pan-Wei Ng, Paul E. McMahon, Ian Spence, Svante Lidman, 日本語訳: 鷲崎弘宜, 平鍋健児, 川口恭伸, 小林展英, 吉村健太郎 訳, ソフトウェアエンジニアリングのエッセンス: SEMAT カーネル、日経ITPro、2013.
  5. 鷲崎 弘宜, “ソフトウェア品質の知識体系”, 情報処理 2014年1月号(Vol.55, No.1), pp.65-71, 2014. (校正前ドラフトPDF)
  6. 沢田篤史, 権藤克彦, 丸山勝久, 鷲崎弘宜, “特集「ソフトウェア工学」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.30, No.3, p.3_2, 2013.

Domestic symposium and workshop / 国内シンポジウム・ワークショップ(査読付)

  1. 高田正樹、鷲崎弘宜、遠藤匠、大藤大、深澤由彰、佐藤雅宏、杉村俊輔、関洋平: “組込みソフトウェアの派生開発におけるソースコードメトリクスによる再利用性測定”、ソフトウェア品質シンポジウム 2013、2013. (解釈を変更可能なプログラムソースコード保守性評価ツールの実現と適用.pdf)
  2. 高澤 亮平、坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”メトリクス測定に基づくオープンソースプロジェクトにおける実証的研究”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_39.pdf)
  3. 津田 直彦、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”責務の割り当てに着目した設計クラス図の機能性・保守性評価”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_38.pdf)
  4. 角谷 将司、鷲崎 弘宜、川村 健、深澤 良彰、”Portland Pattern Repository上のソフトウェアパターン群に対するネットワーク分析”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日(fose2013_submission_46.pdf)
  5. 坂本 一憲、本田 澄、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”ホワイトボックス単体テストにおけるペアテスティング”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_45.pdf)
  6. 新井 慧、坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”ゲーミフィケーションを用いたバグパターンによる欠陥除去の促進”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_36.pdf)
  7. 日野 克哉, 鷲崎 弘宜, “UI 設計のためのHTML デザイン パターン”, Proceedings of the 3rd Asian Conference on Pattern Language of Programs (AsianPLoP 2014), pp.XX-YY, Tokyo, March 5-8, 2014. (to appear)

Others / その他

    1. Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai, Mikihiko Yamamoto, “Influence of Organizational Change on Product Metrics and Defects,” 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会5月, 2013.
    2. 本田 澄,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “開発における不確定性と時間変化を考慮した一般化信頼性モデル”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会5月(第180回SE・第29回EMB合同研究発表会), 2013.(PDF)
    3. 鷲崎 弘宜, 川村 健, 角谷 将司, 深澤, 良彰, “Portland Pattern Repositoryにおけるソフトウェアパターンに対するネットワーク分析”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会7月, 2013.(PDF)
    4. 野田 夏子、岡野 浩三、早水 公二、戸田 航史、上野 秀剛、石尾 隆、林 晋平、妻木 俊彦、中村 匡秀、岸 知二、本橋 正成、鷲崎 弘宜、”ウィンターワークショップ2013・イン・那須報告”、情報処理学会 第181回ソフトウェア工学研究発表会、2013.(PDF)

    5. 鷲崎 弘宜、伊永 祥太、山田 佑輔、筧 捷彦、深澤 良彰、山戸 昭三、大久保 雅司、”プロジェクト型演習に基づく実践的IT講座における共通性の分析と教育効果の評価”、日本ソフトウェア科学会 第30回大会、東京大学本郷キャンパス、2013年9月10-13日(PDF)
    6. 坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”プログラミング初学者向けコンテストシステム”、日本ソフトウェア科学会 第30回大会、東京大学本郷キャンパス、2013年9月10-13日 (PDF)
    7. 徳本 晋、坂本 一憲、下條清史、上原 忠弘、鷲崎弘宜、”システム再構築プロジェクトにおけるバグローカリゼーションの適用”、ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2013 併設ワークショップ「プログラム・デバッグ自動化の現状と今後」、2013年9月11日
    8. 坂本 一憲、下條 清史、徳本 晋、上原 忠弘、杉本 元気、本田 清、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”リスク算出式を変更可能なバグローカリゼーションフレームワーク”、ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2013 併設ワークショップ「プログラム・デバッグ自動化の現状と今後」、2013年9月11日  (PDF, SES2013_WS1)
    9. 岸知二、石田裕三、坂田祐司、中西恒夫、野田夏子、野中誠、林好一、久住憲嗣、山内和幸、吉村健太郎、鷲崎弘宜、”ソフトウェアプロダクトライン国際会議(SPLC2013)参加報告”、情報処理学会第182回ソフトウェア工学研究発表会、ITビジネスプラザ武蔵、2013年10月24日-25日 (sigse2013-10.pdf)
    10. 横田真人、雨谷幸郎、井出昌浩、原田龍一、鷲崎弘宜、”システム企画局面における戦略的意思決定”、第9回情報システム学会全国大会・研究発表大会、新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス、11月30日 (to appear) http://www.issj.net/conf/issj2013/
    11. 横田真人、雨谷幸郎、井出昌浩、原田龍一、鷲崎弘宜、”システム企画局面における戦略的意思決定の考察”、情報処理学会 第126回情報システムと社会環境研究発表会、室蘭工業大学 東京オフィス・青山、12月2日(to appear)http://ipsj-is.jp/2013/11/is126/
    12. 鷲崎 弘宜, 大河原 洸太, 原 章浩, 深澤 良彰, “アスペクト指向プログラミングによる高性能・低消費電力化”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2014年1月, IEICE SIGSS, 2014. (to appear) (SIGSS-アスペクト指向性能向上-20140109.pdf)
    13. 新井慧, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “得点による競争原理を用いた静的解析ツールによる欠陥除去の促進”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 2014年3月研究集会, 2014. (65247-manu.pdf)
    14. Genki Sugimoto, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Improving Fault Localization Based on Dynamic Slicing using Additional Assertions,” The 76th National Convention of IPSJ, March 11-13, Tokyo, 2014. 
    15. Junichi Kobayashi, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “The construction technique of a uni c abstract syntax tree for two or more programming languages,” The 76th National Convention of IPSJ, March 11-13, Tokyo, 2014. 
    16. 音森一輝, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ぬいぐるみを利用したプログラミング学習環境の構築”, 情報処理学会 第76回全国大会, 東京電機大学, 3月11-13日, 2014.
    17. 津村 耕司 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰 , 土屋 良介 , 大島 敬志 , 三部 良太, 静的・動的ハイブリッドな解析によるコード・データのトレーサビリティリンクの抽出, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,5-6 (2014-01-16)

    18. 本田 澄 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, 不確実性を含む信頼性成長モデル, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,15-16 (2014-01-16)
    19. 高澤 亮平 , 坂本 一憲 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, テストコードに着目したOSSにおける実証的研究, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,21-22 (2014-01-16)
    20. 津田 直彦 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, クラスの責務の大きさに着目したUML設計クラス図の構造評価, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,25-26 (2014-01-16)
    21. 角谷 将司 , 鷲崎 弘宜 , 川村 健 , 深澤 良彰, Portland Pattern Repository上のソフトウェアパターン群に対するネットワーク分析, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,53-54 (2014-01-16)
    22. 鷲崎 弘宜, SEMATメソッドアーキテクチャによるソフトウェアパターンの共通表現, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,59-60 (2014-01-16)
    23. 中井 秀矩 , 本田 澄 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, GQM を用いた改善プロセスサポートツールの開発, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,105-106 (2014-01-16)
    24. 大久保隆夫 , 海谷治彦 , 鷲崎弘宜 : 国際会議ARES2013参加報告―セキュリティ共通問題の観点から― ,研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC),2014-CSEC-64(44),1-7 (2014).(csec64_ares.pdf)
    25. Goetz BotterweckDeepak DhunganaNatsuko NodaRick RabiserHironori Washizaki, Joint Workshop of the 5th International Workshop on Model-Driven Approaches in Software Product Line Engineering and the 4th Workshop on Scalable Modeling Techniques for Software Product Lines (MAPLE/SCALE 2013), SPLC ’13: Proceedings of the 17th International Software Product Line Conference, August 2013

Awards / 表彰

  1. Ryosuke Tsuchiya, Student award, 17th International Software Product Line Conference (SPLC 2013).
  2. 伊永 祥太, 情報理工学専攻 専攻賞(本賞)
  3. 角谷 将司, 情報理工学専攻 専攻賞(本賞)
  4. 津村 耕司, 基幹理工学部 学部長賞