Research achievements in FY2011 (Apr 2011 – Mar 2012)


Journal / 論文誌

  • 大橋昭, 久保淳人, 水町友彦, 江口和樹, 村上真一, 高橋竜一, 鷲崎弘宜, 深澤良彰ほか, “AOJS:JavaScriptのためのアスペクト指向プログラミング・フレームワーク”, コンピュータソフトウェア, 岩波書店, Vol.28, No.3, pp114-131, 2011.(PDF)
  • Kazunori Sakamoto, Fuyuki Ishikawa, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Open Code Coverage Framework: A Framework for Consistent, Flexible and Complete Measurement of Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E94-D, No.12, pp.2418-2430, 2011.(PDF)
  • 鷲崎弘宜, 坂本一憲, 大杉直樹, 権藤克彦, 服部哲, 久保淳人, 小林隆志, 大月美佳, 丸山勝久, 榊原彰, “デザインパターンへのソフトウェア工学的取り組み”, コンピュータソフトウェア, 岩波書店, Vol.29, No.1, pp.1_130-1_146, 2012.(PDF)
  • 坂本一憲, 大橋昭, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “コンピュータプレイヤーのプログラム作成を通して競い合うゲームプラットフォームの開発を支援するフレームワーク”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-D, No.3, pp.412-424, 2012.(PDF)

Book and magazine / 書籍・記事など

  • 鷲崎弘宜, “ソフトウェアパターン - 時を超えるソフトウェアの道 - 0.編集にあたって”, 情報処理, 情報処理学会, Vol.52, No.9, pp1117-1118, 2011.(PDF)
  • 鷲崎弘宜, “ソフトウェアパターン概観”, 情報処理, 情報処理学会, Vol.52, No.9, pp1119-1126, 2011.(PDF)
  • 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第1回 モデルを書く意味”, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年8月8日号, 2011.
  • 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第2回 参加チームの事例1″, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年9月5日号, 2011.
  • 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第3回 参加チームの事例2″, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年10月号, 2011.
  • 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第4回 参加チームの事例3″, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年11月号, 2011.

 International conference and workshop / 国際会議

  • Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Michael VanHilst, “An Approach to Model-based Development of Secure and Reliable Systems,” Sixth International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES 2011), 2011.
  • Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Selection of Metrics for Prediction of the Application of Design Patterns by Using Machine Learning,” Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), pp.I-41-I-47, 2011.(PDF)
  • Susumu Kariyuki, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Acceptance-Test based on the Inter-Use Case Relations,” The 5th World Congress for Software Quality (5WCSQ), 2011.(PDF)
  • Yuto Nakamura, Kazunori Sakamoto, Kiyohisa Inoue, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Evaluation of Understandability of UML Class Diagrams by Using Word Similarity,” The Joint Conference of the 21st International Workshop on Software Measurement (IWSM) and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (Mensura), 2011. (PDF)
  • Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, and Hironori Washizaki, “Two patterns for distributed systems: Enterprise Service Bus (ESB) and Distributed Publish/Subscribe,” 18th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2011), 2011.(PDF)
  • Yuta Maezawa, Hironori Washizaki and Shinichi Honiden, “Extracting Interaction-Based Stateful Behavior in Rich Internet Applications”, In proceesings of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR ’12), 2012. (PDF)
  • Akira Ohashi, Kazunori Sakamoto, Tomoyuki Kamiya, Reisha Humaira, Satoshi Arai, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “UniAspect: A Language-Independent Aspect-Oriented Programming Framework,” 2nd Workshop on Modularity In Systems Software (MISS 2012) collocated with AOSD’12, 2012. (PDF)

シンポジウム・ワークショップ(査読付)

  • Yutaro Nomoto, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “構造および語の類似性に基づくアナリシスパターンの自動抽出”, Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), pp.III-106-III-115, 2011. (PDF)
  • Kazunori Sakamoto, Akira Ohashi, Masaya Shimizu, Syuhei Takahashi, Shinichi Murakami, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “コンピュータプレイヤー同士の対戦を通したプログラミングコンテストのパターンランゲージ”, Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), pp.III-116-III-133, 2011. (PDF)
  • 塩浜 龍志, 坂本 一憲, 久保秋 真, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “アジャイル開発における適切なイテレーション期間のシミュレーションによる推定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011), 2011. (PDF)
  • 中野 聡之, 中野 由貴, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “アーキテクチャパターンの構造化に基づくパターン候補マイニング”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011), 2011. (PDF)
  • 志水理哉, 伊藤弘毅, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “設計段階における抽象度を考慮したソフトウェアの保守性評価枠組み”, 第18回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011 in 浅虫温泉, 2011. (PDF)
  • 伊藤弘毅, 志水理哉, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “保守性向上へ向けた設計モデルとソースコード間のトレーサビリティ解析”, 第18回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011 in 浅虫温泉, 2011. (PDF)
  • Reisha Humaira, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Unified Source Code Measurement Tool Supporting Multiple Programming Languages,” ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, 2012.
  • 神谷知行, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “複数のプログラミング言語に対応する拡張可能なリファクタリングエンジンの開発”, ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, 2012.
  • 鷲崎弘宜, 本橋正成, “第2回プログラムのパターンランゲージ・アジア会議(AsianPLoP 2011)開催報告と展望”, ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, 2012.

研究会、全国大会、その他

  • 鷲崎弘宜, “アジャイルソフトウェア開発と科学”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 ワークショップ, 2011. (PDF)
  • 塩浜龍志, 坂本一憲, 久保秋真, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “アジャイル開発におけるシミュレーションを用いた適切なイテレーション期間推定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 ワークショップ, 2011. (PDF)
  • Kazunori Sakamoto, Takuto Wada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Tool For Detecting Duplicated Test Code Based On Test Coverage to Assist TDD,” 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, SS2011-8, 2011.
  • 大橋昭, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “言語非依存なアスペクト指向プログラミングフレームワーク”, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.
  • 熊木健太郎, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “要求・設計資産からのプロダクトラインアーキテクチャ抽出”, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.
  • 福留康之, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Webサービスの変更履歴に基づく差分検出と修正支援手法”, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.
  • 中野由貴,鷲崎弘宜,深澤良彰, “設計原則と実現手段に着目したソフトウェアアーキテクチャ設計支援”, 情報処理学会第74回全国大会, 2012.
  • 村上真一,鷲崎弘宜,深澤良彰, “Simulinkモデルにおける非完全一致のモデルクローン検出”, 情報処理学会第74回全国大会, 2012.
  • 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, 粂照彦, 玉木学, 加納寿一, “情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係”, プロジェクトマネジメント学会 春季研究発表大会, 2012.(PDF)
  • 下條清史, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “プログラムの構造に着目したFault-Localizationとデバッグ支援”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, SS2011-73, 2012.
  • 坂本一憲, 大橋昭, 太田大地, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “UNICOEN: 複数プログラミング言語対応のソースコード処理フレームワーク”, 情報処理学会 第88回プログラミング研究発表会, 2012.

表彰

  • 坂本一憲, 2011年度コンピュータサイエンス領域奨励賞
  • 大橋昭, 日本ソフトウェア科学会第28回大会 FOSE 貢献賞
  • 大橋昭, 志水理哉, 井上聖久, 中野由貴, 福留康之, 熊木健太郎, ETロボットコンテスト東京大会 シルバーモデル賞・総合準優勝
  • 坂本一憲, 2011年度小野梓記念賞(学術部門)