Research achievements in FY2010 (Apr 2010 – Mar 2011)


Journal / 論文誌

  • 鷲崎弘宜, 深谷和宏, 久保淳人, 深澤良彰, “パターン適用前のソースコードを用いたデザインパターン検出”, コンピュータソフトウェア, Vol.27, No.2, pp136-141, 2010.(PDF)

 Book and magazine / 書籍、記事など

  • E.B. Fernandez, N. Yoshioka, H. Washizaki, J. Jurjens, M. VanHilst and G. Pernul, “Using security patterns to develop secure systems”, in “Software Engineering for Secure Systems”, IGI Global, pp16-31, 2010.(査読有)
  • A. Nhlabatsi, A. Bandara, S. Hayashi, C.B. Haley, J. Jurjens, H. Kaiya, A. Kubo, R. Laney, H. Mouratidis, B. Nuseibeh, Y. Tahara, T.T. Tun, H. Washizaki, N. Yoshioka and Y. Yu, “Security Patterns: Comparing Modeling Approaches”, in “Software Engineering for Secure Systems”, pp75-111, IGI Global, 2010.(査読有)(PDF)
  • 鷲崎弘宜, 阪本太志, “2010年度(第26年度)ソフトウェア品質管理研究会の報告”, Quality One, 2011.

International conference and workshop / 国際会議

    • Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Open Code Coverage Framework: A Consistent and Flexible Framework for Measuring Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages,” 10th International Conference on Quality Software (QSIC-10), 2010.(PDF)
    • Yuki Shiroma, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, Eduardo B. Fernandez, “Model-Driven Security Patterns Application and Validation,” 17th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2010), 2010.(PDF)
    • Hironori Washizaki, Masayoshi Akimoto, Atsushi Hasebe, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa, “TCD: a text-based UML class diagram notation and its model converters”, 2010 International Conference on Advanced Software Engineering and Its Applications, 2010.(PDF)
    • Satoru Uchiyama, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Design Pattern Detection using Software Metrics and Machine Learning”, Fifth International Workshop on Software Quality and Maintainability (SQM2011), 2011. (PDF)
    • Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Selection of Metrics for Predicting the Appropriate Application of design patterns,” 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), Oct 5-7, 2011, Tokyo, Japan.

シンポジウム・ワークショップ(査読付)

  • 熊木 健太郎, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “要求・設計資産からのプロダクトラインアーキテクチャ抽出”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010), 2010. (PDF)
  • 坂本 一憲, 和田 卓人, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “テストカバレッジに基づく重複テストコードの検出ツール”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010), 2010.
  • 福留康之, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Webサービスのリファクタリング検出と自動修正”, 第17回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2010), 2010.

 その他

    • 鷲崎弘宜, 高橋竜一, 村上真一, 大橋昭, 吉岡信和, 石川冬樹, 久保淳人, 山本里枝子, 小高敏裕, 錠尚史, 鹿糠秀行, 杉本信秀, “ディペンダビリティ確保にむけたアスペクト指向技術動向”, 情報処理学会第168回ソフトウェア工学研究発表会, 2010.5.
    • 志水理哉, “モデル駆動における高信頼のデザインパターン適用支援に関する研究”, SES2010ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ・アジャイル開発ワークショップ, 2010.
    • 鷲崎弘宜, “第1回プログラムのパターンランゲージ・アジア 会議(AsianPLoP 2010)開催報告と展望”, SES2010ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ・アジャイル開発ワークショップ, 2010. (PDF)
    • 坂本一憲, “AIプログラミングを通して参加する教育向けゲームシステムに適したソフトウェアパターン”, SES2010ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ・アジャイル開発ワークショップ, 2010.
    • 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “動的なコードの評価機構を備えた言語に対するテストカバレッジ測定ツール”, 日本ソフトウェア科学会第27回大会, 2010.
    • 坂本一憲, “AIプログラミングを通して参加する教育向けゲームシステムに適したソフトウェアアーキテクチャ”, CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010), 2010.
    • 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テスティングフレームワークにおける問題と考察”, 第17回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2010), 2010.
    • Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Fukazawa Yoshiaki, “Design Pattern Evaluation by Machine Learning”, IWESEP 2010: International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, Poster, 2010.12.
    • 志水理哉, 伊藤弘毅, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “設計段階におけるソフトウェア品質特性の評価枠組み”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺, 2011.1.
    • 中野由貴, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “設計原則への分解を用いたアーキテクチャパターン選択支援”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺, 2011.1.
    • 「アドバイザリーボード事業」研究会, 平成22年度「Rubyビジネスモデル研究実証事業」成果公開, 2011年3月

 表彰

  • 坂本一憲, 大橋昭, 志水理哉, 高橋周平, 村上真一, ゲーム学会 第8回ゲーム作品コンペ優秀賞(”QUINTE for 早稲田楽天プログラミングコンテスト ~最強のAIを作ろう!~” に対して)