Research achievements in FY2009 (Apr 2009 – Mar 2010)


Journal / 論文誌

  • 雁行進夢, 久保淳人, 鈴木三紀夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”, 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.12, pp3052-3073, 2009.(PDF)

 Book and magazine / 書籍、記事など

  • Linda M Laird, M Carol Brennan著, 野中誠, 鷲崎弘宜 訳, “演習で学ぶソフトウエアメトリクスの基礎 – ソフトウェアの測定と見積もりの正しい作法”, 日経BP, 2009.
  • 鷲崎弘宜, 田邉浩之, 小池利和, “ソースコード解析による品質評価の仕組み”, 日経エレクトロニクス, 2010年1月25日号
  • 鷲崎弘宜, 金山豊浩, “2009年度(第25年度)ソフトウェア品質管理研究会の報告”, Quality One, Vol.9, 2009.
  • 中島震, 鷲崎弘宜, “ソフトウェア工学の基礎〈16〉日本ソフトウェア科学会FOSE 2009 (レクチャーノート・ソフトウェア学)”, 近代科学社, 2009年11月

 International conference and workshop / 国際会議

  • Hironori Washizaki, Kazuhiro Fukaya, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa, “Detecting Design Patterns Using Source Code of Before Applying Design Patterns,” Proc. 8th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2009), pp.933-938, 2009.(PDF)
  • Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Hideyuki Kanuka, Toshihiro Kodaka, Nobuhide Sugimoto, Yoichi Nagai, Rieko Yamamoto, “AOJS: Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework”, Proc. 6th Asian Workshop on Foundations of Software (AWFS 2009), 2009.(PDF)
  • Hironori Washizaki, Eduardo B. Fernandez, Katsuhisa Maruyama, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, “Improving the Classification of Security Patterns”, Proc. 3rd Int. Workshop on Secure systems methodologies using patterns (SPattern), 2009.
  • Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Reporting the Implementation of a Framework for Measuring Test Coverage based on Design Patterns”, Proc. 3rd International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’09), pp.26-30, 2009.
  • Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, “Security patterns and quality”, Proc. 3rd International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’09), pp.46-47, 2009.(PDF)
  • Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Framework for Measuring Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages”, First Software Engineering Postgraduates Workshop (SEPoW 2009) (In conjunction with APSEC 2009), pp.40-44, 2009. 11.
  • Yuki Shiroma, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Model-Driven Security Patterns Application Based on Dependences among Patterns”, 4th International Workshop on Secure systems methodologies using patterns (SPattern 2010), 2010. 2.(PDF)
  • Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, and Michael VanHilst, “Measuring the level of security introduced by security patterns”, 4th International Workshop on Secure systems methodologies using patterns (SPattern 2010), 2010. 2.
  • Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “A Worm misuse pattern,” 1st Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2010), 2010.3.(PDF)

シンポジウム・ワークショップ(査読有)

  • 坂本一憲、鷲崎弘宜、深澤良彰, “柔軟かつ複数プログラミング言語対応のテストカバレッジ測定フレームワーク”, 第8回情報科学技術フォーラムFIT2009, pp.1-12, 2009. (FIT船井ベストペーパー賞)
  • 城間祐輝, 久保淳人, 吉岡信和, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “パターン間の関係を考慮したセキュリティパターン適用支援”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009論文集, 2009. (学生奨励賞) (PDF)
  • 中村悠人,鷲崎弘宜,深澤良彰, “単語の類似度を用いたUMLクラス図の理解性の測定と評価”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009論文集, 2009. (PDF)
  • 内山諭, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “メトリクスと機械学習によるデザインパターン検出”, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009, 2009.(学生奨励賞) (PDF)
  • 野本悠太郎, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “構造および語の類似性に基づくアナリシスパターンの自動抽出”, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009, 2009. (PDF)
  • 江口和樹, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “アスペクト指向によるAjaxデザインパターンの適用”, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009, 2009.
  • 坂本一憲, 和田卓人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストカバレッジに基づくテストコードの再構成パターン”, 1st Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2010), 2010.3. (PDF)

その他

    • 鷲崎弘宜, “Web2.0におけるリッチクライアント開発のためのアスペクト指向技術の調査研究”, 産学戦略的研究フォーラム(SSR)平成20年度成果報告会, 2009.
    • 鷲崎弘宜, “プログラムソースコードの高精度な品質評価”, ソフトウェアプロセス改善カンファレンス 2009 (SPI Japan 2009), 2009.
    • 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “共通の言語モデルを用いた複数プログラミング言語対応のテストカバレッジ測定フレームワーク”, 第7回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW’09summer), 日本ソフトウェア科学会, pp.167-170, 2009. 7.
    • 鷲崎弘宜, 田村智英, 深澤良彰, “設計原則に基づくアーキテクチャリファクタリング”, SES2009 パターンとアーキテクチャ ワークショップ, 2009.9.
    • 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストカバレッジ測定フレームワーク Open Code Coverage Framework”, ポスター, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2009), 日本ソフトウェア科学会, 2009. 11.
    • 坂本一憲, 内山諭, 城間祐輝, 野本悠太郎, 庄山昭彦, 中村悠人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “AIプログラミングを通して参加する教育向けゲームシステムに適したソフトウェアアーキテクチャ”, ゲーム学会「ゲームと教育」研究部会第3回研究会, 2010.3.
    • 重井康宏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “REST形式Webサービスのテスト実行に基づく高精度な検索”, 情報処理学会第167回ソフトウェア工学研究発表会, 2010.3.
    • 川口真司, 柿元健, 大森隆行, 王秋時, 南川恭洋, 坂本一憲, 野田訓広, 福島義彦, “第16回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSEC 2009)参加報告”, 情報処理学会第167回ソフトウェア工学研究発表会, 2010.3.
    • Akira Ohashi, Shinichi Murakami, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Tomohiko Mizumachi, “A Practical Aspect-Oriented JavaScript? Programming Framework Based on a Proxy Mechanism,” 9th Annual Aspect-Oriented Software Development Conference (AOSD.10), Demonstration Track, 2010.3.
    • Shinichi Murakami, “Modularization of Extended Requirement by Use of Aspect in Rich Internet Application that Uses Database,” 9th Annual Aspect-Oriented Software Development Conference (AOSD.10), Students Poster, 2010.3.
    • 鷲崎弘宜, “協調作業型のパターンマイニング・ワークショップ”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷, 2010.1.(PDF)
    • Jonatan HERNANDEZ, Kubo ATSUTO, Hironori WASHIZAKI, Yoshiaki FUKAZAWA, “Evaluation of the Application of Design Patterns by Using Classification with a Support Vector Machine,” 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷, 2010.1.(PDF)
    • 鷲崎弘宜, “アスペクト指向ソフトウェア工学”, SES2009 チュートリアル資料, 2009. (SES2009-AOSD.pdf)

表彰

  • 坂本一憲, FITヤングリサーチャー賞, 2010.
  • 内山諭, FOSE2009学生奨励賞, 2009.
  • 城間祐輝, SES2009学生奨励賞, 2009.
  • 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, FIT2009船井ベストペーパー賞, 2009.