Research achievements in FY2008 (Apr 2008 – Mar 2009)


Journal / 論文誌

  • 中山弘之, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 重要度算出に基づくソフトウェアパターン検索システム, コンピュータソフトウェア Vol.25, No.2, pp.114-134, 2008.(PDF)

International conference and workshop / 国際会議

    • Hironori Washizaki, Hiroki Hiraguchi and Yoshiaki Fukazawa, “A Metrics Suite for Measuring Quality Characteristics of JavaBeans Components, “Proc. 9th International Conference on Product-Focused Software Process Improvement (Profes 2008), Springer LNCS, Vol.5089, pp.45-60, 2008. (PDF)
    • Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Hideyuki Kanuka, Toshihiro Kodaka, Nobuhide Sugimoto, Yoichi Nagai, Rieko Yamamoto: AOJS: Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework for Web Development, 8th Workshop on Aspects, Components, and Patterns for Infrastructure Software (ACP4IS’09), pp.31–36, March 2, 2009. (PDF)
    • Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, AOJS: Aspect-Oriented Programming Framework for JavaScript, 8th International Conference on Aspect-Oriented Software Development (AOSD’09) Demonstration Track March 2-6, 2009.
    • Eduardo Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukuzawa, Classifying security patterns, The 10th Asia Pacific Web Conference (APWeb2008), Shenyang, China, April 26-28, 2008.(PDF)
    • Atsuto Kubo, Hiroyuki Nakayama, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, PatternRank: A Software-Pattern Search System Based on Mutual Reference Importance, 15th Pattern Languages of Programming (PLoP2008), Nashville, USA, 18-20 October 2008.(PDF)
    • Eduardo B. Fernández, Jan Ju”rjens, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki: Incorporating Database Systems into a Secure Software Development Methodology. Second International Workshop on Secure Systems Methodologies Using Patterns – SPattern’08, Proc. DEXA Workshops 2008: pp.310-314, 1-5 September 2008
    • Yijun Yu, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Yingfei Xiong, Zhenjiang Hu, Nobukazu Yoshioka: Enforcing a security pattern in stakeholder goal models, 4th ACM Workshop on Quality of Protection (QoP’08), Alexandria VA, USA, Oct. 27, 2008.(PDF)
    • Eduardo B. Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, “Abstract security patterns,” 2nd PLoP Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’08), Nashville, Tennessee, USA, October 20, 2008.(PDF)
    • Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, and Hironori Washizaki, “Modeling Misuse Patterns”, 4th International Workshop on Dependability Aspects on Data Warehousing and Mining applications (DAWAM 2009), 2009.

書籍、雑誌

  • ETロボコン実行委員会(分担執筆: 鷲崎), “ロボットレースによる 組込み技術者養成講座”, 毎日コミュニケーションズ, 2008.
  • 阿草清滋, 西康晴, 沢田篤史, 鷲崎弘宜, “ソフトウェアエンジニアリング領域(J07-SE)(<特集>情報専門学科カリキュラム標準J07)”, 情報処理, Vol.49, No.7, pp.743-749, 2008.(PDF)
  • 鷲崎弘宜, 田口研治, 吉岡信和, 粂野文洋, 田原康之, 本位田真一, “トップエスイー:ソフトウェア開発におけるトップレベル技術者の育成”, Quality One, Vol.4, 2008.

国内シンポジウム・ワークショップ

  • 久保淳人, 水町友彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 鹿糠秀行, 小高敏裕, 杉本信秀, 永井洋一, 山本里枝子, 吉岡信和, AOJS: アスペクトを完全分離記述可能なJavaScriptアスペクト指向プログラミング・フレームワーク, 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008), November 13-15, 2008. (PDF)
  • 雁行進夢,久保淳人,鈴木三紀夫,鷲崎弘宜,深澤良彰,”ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”,ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008, pp.71-78 ,September 1-3,2008. (PDF)
  • 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソフトウェアパターン選択支援の現状と展望”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ), September 1-3, 2008.
  • 鷲崎弘宜, “品質要求とパターンに基づくアーキテクチャ設計”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ), September 1-3, 2008.
  • 鷲崎弘宜, 小池利和, 波木理恵子, 田邉浩之, “C言語プログラムソースコードの再利用性測定法とその評価”, ソフトウェアテストシンポジウム JaSST’09 Tokyo, 2009. (PDF)
  • 鷲崎弘宜, “セキュリティパターンのモデル化と応用に向けて”, 情報処理学会ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎, 2009. (PDF)
  • 久保淳人,鷲崎弘宜, 深澤良彰, “クラスタリング技法を用いたソフトウェアパターン分類”, 情報処理学会ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎, 2009.  (PDF)

その他

    • 鷲崎弘宜, 羽生田栄一, 久保淳人,”ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ), September 1-3, 2008.
    • 久保淳人,鷲崎弘宜,井庭 崇,吉岡信和,大久保隆夫: 第15回プログラムのパターンランゲージ会議(PLoP2008)参加報告, 情報処理学会 第163回ソフトウェア工学研究会, March 18-19, 2009.
    • 鹿糠秀行, 羽生田栄一, 鷲崎弘宜, “アーキテクチャとパターン”, 情報処理学会ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎, 2009.
    • 繁在家 学, 鷲崎 弘宜, “品質要求駆動型のアーキテクチャ分析設計手法によるWEBシステム開発”, 情報処理学会研究報告ソフトウェア工学研究会報告 SE160, pp.33-40, 2008.

表彰

  • SQuBOK策定部会(鷲崎弘宜が参画): 日経品質管理文献賞, 「ソフトウェア品質知識体系ガイド-SQuBOK Guide-」に対して, 2008.
  • 雁行進夢, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰: テスト技術者振興協会善吾賞, “ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”(SES2008)に対して, 2009.
  • 坂本一憲: 情報理工学科 学科賞, 2009.

卒業論文

  • 野本 悠太郎, “構造や語の類似性に基づくアナリシスパターンの自動抽出に関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009
  • 中村 悠人, “語間の類似度を用いたUMLクラス図の理解性の測定と評価に関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009
  • 田村 智英, “設計原則に基づくパッケージ構成の向上に関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009
  • 内山 諭, “メトリクスと機械学習によるデザインパターン検出に関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009
  • 坂本 一憲, “多言語対応のテストカバレッジ測定フレームワークに関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009
  • 庄山 昭彦, “アスペクト指向プログラムの品質評価に関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009
  • 城間 祐輝, “セキュリティパターンの自動適用支援に関する研究”, 早稲田大学2008年度卒業論文, 2009