Research achievements in FY2017 (Apr 2017 – Mar 2018)


Journals / 論文誌

  1. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Model and Applications,” International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering (IJSEKE), Vol. 27, No. 6, pp.967–993, 2017. (SCIE, DBLP Indexed)
  2. Rizki Amelia, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe, Ryosuke Tsuchiya, “An Empirical Study on Relationship Between Requirement Traceability Links and Bugs,” Journal of software (JSW), Vol. 12, No.5, pp.315-325, 2017. (DBLP Indexed)
  3. Ismail Rizky Harlin, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Impact of Using a Static-type System in Computer Programming,” Journal of software (JSW), Vol. 12, No. 8, pp.598-611, 2017. (DBLP Indexed)
  4. Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Comparison of Text-Based and Visual-Based Programming Input Methods for First-Time Learners,”  Journal of Information Technology Education: Research (JITE: Research), Vol.16, pp.209-226, 2017. (ESCI, DBLP Indexed)

International conferences and workshops / 国際会議

  1. Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yuki Noyori, Yoshiaki Fukazawa, Aoi Morizuki, Hiroyuki Shibata, Kentaro Ogawa, Mikako Ishigaki, Satiyo Shiizaki, Teppei Yamaguchi and Tomoaki Yagi, “ID3P: Iterative Data-Driven Development of Persona based on quantitative evaluation and revision,” 10th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering (CHASE 2017), collocated with ICSE 2017, Buenos Aires, Argentina, May 23, 2017.
  2. Yohei Aoki, Hironori Washizaki, Chimaki Shimura, Yuichiro Senzaki, Yoshiaoki Fukazawa, “Experimental Evaluation of HoRIM to Improve Business Strategy Models,” 16th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2017), May 24-26, 2017, Wuhan, China. (CORE Rank C)
  3. Haruhiko Kaiya, Ryohei Sato, Atsuo Hazeyama, Shinpei Ogata, Takao Okubo, Takafumi Tanaka, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Preliminary Systematic Literature Review of Software and Systems Traceability,” 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES 2017), Session on Networks for Innovation, Knowledge Creation and Sharing, Marseille, France, Sep 6-8, 2017. (to appear)(CORE Rank B)
  4. Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Fukazawa Yosiaki, Inoue Sakae, Yosiiku Hanai and Masanobu Kanazawa, “Evaluating the Work of Experienced and Inexperienced Developers Considering Work Difficulty in Software Development,” 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, June 26-28, 2017, Kanazawa, Japan. (to appear)(CORE Rank C)
  5. Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo and Bastian Tenbergen, “Relationship Between the Five Factor Model Personality and Learning Effectiveness of Teams in Three Information Systems Education Courses,” 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, June 26-28, 2017, Kanazawa, Japan. (to appear)(CORE Rank C)
  6. Shinpei Ogata, Yukiya Yazawa, Kozo Okano, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, “Traceability Link Mining – Focusing on Usability -,” 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2017), Fast Abstract, Torino, Turin, Italy, July 4-8, 2017.
  7. Hironori Washizaki, Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Bastian Tenbergen, “Combinations of Personal Characteristic Types and Learning Effectiveness of Teams,” 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2017), J1/C2 – Journal First, Conference Second Scheme, Torino, Turin, Italy, July 4-8, 2017.
  8. Pablo Alejandro Quezada-Sarmiento, Hironori Washizaki, Juan Garbajosa and Liliana Enciso, “Knowledge Description Model for Bodies of Knowledge in Software Engineering Context,” 12th Iberian Conference on Information Systems and Technologies (CISTI 2017), 21 to 24 of June 2017, Lisboa, Portugal.
  9. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A Student Placement Predictor for Programming Class Using Class Attitude, Psychological Scale, and Code Metrics,” 25th International Conference on Computers in Education (ICCE 2017), Rydges Latimer hotel, Christchurch, New Zealand, December 4-8 2017. (CORE Rank B)
  10. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki and Takayoshi Suzuki, “Empirical Study on Recognition of Project Situations by Monitoring Application Results of Software Reliability Growth Model,” Fostering Industry-Academic Software Reliability Studies (FIARS) Workshop, Co-located with ISSRE 2017, October 23-26, Toulouse, France
  11. Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yusuke Muto, “Program Learning for Beginners: Survey and Taxonomy of Programming Learning Tools,” IEEE 9th International Conference on Engineering Education (ICEED 2017), Kanazawa, Japan, 9th-10th November 2017.
  12. Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yusuke Muto, “Quantitative Learning Effect Evaluation of Programming Learning Tools,” 6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE2017), 12-14 December 2017, The Education University of Hong Kong, Tai Po, Hong Kong
  13. Ali Sajjad HARIS, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Utilization of ICTs in Quality Assurance and Accreditation of Higher Education: Systematic Literature Review,” 6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE2017), Short Paper, 12-14 December 2017, The Education University of Hong Kong, Tai Po, Hong Kong

Books and magazines / 書籍・雑誌記事

  1. Yohei Aoki, Hironori Washizaki, Chimaki Shimura, Yuichiro Senzaki, Yoshiaoki Fukazawa, “Experimental Evaluation of HoRIM to Improve Business Strategy Models,” Studies in Computational Intelligence (SCI), Vol. 719, pp. 43-56, 2017.
  2. Hironori Washizaki, “Pitfalls and Countermeasures in Software Quality Measurements and Evaluations,” Advances in Computers, Vol. 107, pp.1-22, Elsevier, 2017. (DBLP indexded)
  3. 鷲崎弘宜、“9.未来に向かって:アジリティを追求したソフトウェア開発”, 情報処理, Vol.58, No.8, 2017.
  4. 鷲崎弘宜,須永祐輔,筧捷彦,深澤良彰,山戸昭三,大久保雅司, “情報システム開発のチームによるプロジェクトベース学習における個人特性の組み合わせと学習効果”, 工学教育, Vol.65, No.6, 2017.
  5. 鷲崎弘宜, “ゲーム×プロコン×人工知能=SamurAI Coding -第5回2016-17開催結果を中心に-”, 情報処理, 2017.
  6. 杉山安洋, 沢田篤史, 鷲崎弘宜, 阿萬裕久, 門田暁人, 小林隆志, “特集「ソフトウェア工学の基礎」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.34, No.2, p.2_2, 2017.

Invited talks and other talks / 基調・招待講演ほか

  1. 鷲崎弘宜, “研究のデザイン入門”, SQiP研究会, 第1回例会, 2017
  2. Hironori Washizaki, “Analyzing and refining project failure cases from wider viewpoints by using SEMAT Essence,” Invited Talk, Essence Conference in Seoul, 16 May 2017
  3. Hironori Washizaki, “Waseda Software Quality Benchmark,” ISO/IEC/JTC1 SC7/WG6 Plenary Meeting Kuantan, May 18, 2017.
  4. Hironori Washizaki, “WG20 Convenor Report,” ISO/IEC/JTC1 SC7 Kuantan Plenary, May 19, 2017, Kuantan, Malaysia.
  5. 鷲崎弘宜, IPA RISE委託研究2015-16年度 測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立, RISE調査研究「ソフトウェア製品品質実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立」報告セミナー, 2017年6月2日, 早稲田大学
  6. 鷲崎弘宜, “IPA RISE委託研究2015-16年度 測定評価と分析によるソフトウェア製品品 質の実態定量化および総合的品質評価 枠組みの確立”, JEITAソフトウェアエンジニアリング分科会, 東京, 2017年6月12日
  7. Hironori Washizaki, “Status and Possible Contributions: Asia Region,” IEEE Computer Society Professional Educational Activities Board Meeting, 2017 June 14, Phoenix, USA.
  8. 鷲崎弘宜, “クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い”, SSR平成28年度成果報告会 , 東京・国立情報学研究所, 2017年6月27日
  9. 鷲崎弘宜, “複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて”, NEDO TSC Foresight フォーラム, 東京, 招待講演, 2017年7月14日
  10. 齋藤大輔, 「第四次産業革命としごとの在り方」- こども向けプログラミング学習の観点から –, 2017年度 第1回しごと能力研究学会部会・研究会, 東北工業大学, 2017年8月5日
  11. Hironori Washizaki, Goal-oriented modeling and traceability recovery for IoT Ecosystems, NII Shonan Meeting SENCPS, Aug 23, 2017, Shonan Village
  12. 鷲崎弘宜, G7プログラミングラーニングサミットとプログラミング学習ルーブリック, プログラミング教育明日会議, 2017年8月22日, 早稲田大学
  13. 鷲崎弘宜, ICST 2017 基調講演 紹介, ICST2017勉強会(まるわかりday), 早稲田大学, 2017年8月26日
  14. 齋藤大輔, 鷲崎弘宜, “Pythonを含む複数のプログラミング言語の初学者向け学習環境の特性・特徴の分析”, PyCon JP 2017, 早稲田大学, 2017年9月8日
  15. 鷲崎弘宜, メトリクスによるソフトウェア品質把握と改善- 演習を交えた品質測定評価の落とし穴とコツの習得 - , SQiPシンポジウム2017 併設チュートリアル 2017年9月13日
  16. 鷲崎弘宜、小林浩、先崎祐一郎、「SEMATエッセンスでアジャイル開発プロセスの本質と価値を探ろう – 開発の本質を捉える観点とチェックリストを与える7つのSEMATアルファとScrumの関連付けワークショップ」、XP祭り2017、2017年9月16日、早稲田大学
  17. Hironori Washizaki, “Security Patterns: Research Direction, Metamodel, Application and Verification”, Keynote, The 2017 International Workshop on Big Data & Information Security (IWBIS), Jakarta, Indonesia , Sep 23-24, 2017.

Media news / メディア・ニュース

  1. 教育家庭新聞, “ICT CONNECT21企画セミナー: プログラミング6ツールを比較・教育効果を検証“, 2017年4月10日
  2. Tech2GO/CodeCamp, 子供達が楽しんで取り組める「プログラミング教育」とは?【G7プログラミングラーニングサミット2017東北~】, 2017年4月13日
  3. 早稲田大学, 世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 2017年4月25日
  4. Infoseek 楽天 NEWS PR TIMES, PSQ認証取得企業協力のもと早稲田大学が研究成果を発表!世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 2017年4月25日
  5. 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター, 2015年度のソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業の成果を公開, 2017年4月20日
  6. 時事ドットコムニュース PR TIMES, PSQ認証取得企業協力のもと早稲田大学が研究成果を発表!世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 2017年4月25日
  7. INTERNET Watch, 小学生向けのプログラミング学習ツール体験会, 8月22日に早稲田大学で開催, 2017年8月10日
  8. Global edu, 【G7プログラミングラーニングサミット】話題のSTEM教材を親子で体験できる1日, 2017年8月17日
  9. ICT教育ニュース, G7、「ルビィのぼうけん」「マイクラ」体験できるイベント22日開催, 2017年8月22日
  10. 財経新聞, ICT CONNECT 21 メルマガ読者限定企画「プログラミング教育明日会議プログラム」が開催されました。 2017年8月24日
  11. 株式会社いい生活, 早稲田大学と、ソフトウェア開発領域における不具合予測技術を用いた開発意思決定支援、ならびにデータ駆動型ペルソナに基づく意思決定支援に関する共同研究を開始, 2017年8月29日
  12. VentureTimes, 株式会社いい生活: 早稲田大学と、ソフトウェア開発領域における不具合予測技術を用いた開発意思決定支援、ならびにデータ駆動型ペルソナに基づく意思決定支援に関する共同研究を開始, 2017年8月29日
  13. 東京新聞, 大図解シリーズ プログラミング教育: G7プログラミングラーニングサミット紹介, 2017年9月10日 朝刊 日曜版
  14. EdTechZine, “プログラミング教育に向けての産学官の課題が見えてきた――プログラミング教育明日会議”, 2017年9月12日
  15. Impress Watch Headline こどもとIT, “実践的な模擬授業や、具体的な提言も飛び出した、教育関係者向けシンポジウム「プログラミング教育明日会議 in 東京」”, 2017年9月4日
  16. 日本工業新聞, 文科省、短期高度プロ5件採択 社会人の学び直し強化(enPiT-Pro スマートエスイー の取り上げ), 2017年9月21日

Others / その他

  1. 矢澤幸也, 小形真平, 岡野浩三, 海谷治彦, 鷲崎弘宜, “画面遷移モデルに着目したユーザビリティパターン抽出手法の提案”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017, 東京, 2017年8月30日-9月1日
  2. 小島嘉津江, 森田純恵, 廣瀬竹男, 若本雅晶, 菊池慎司, 鷲崎弘宜, “ソフトウェア品質技術が品質特性に与える効果の見える化と活用の一考察”, ソフトウェア品質シンポジウム2017, 東京, 2017年9月13日-15日
  3. 佐々木綾菜, 鷲崎弘宜, 齋藤大輔, 深澤良彰, 武藤優介, 西澤利治, “小学校におけるプログラミング教育において活用可能なルーブリックの提案”, 日本デジタル教科書学会第6回年次大会, 東京, 2017年8/19(土),20(日).
  4. 渡邊泰宏, 鷲崎弘宜, 本田澄, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, “B-to-Bクラウドアプリケーションにおける反復的なデータ駆動型ペルソナ構築の事例研究”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017, ポスター論文, 東京, 2017年8月30日-9月1日
  5. 津田直彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “保守性に対する熟練者判断を用いたソースコード自動評価の最適化”, 日本ソフトウェア科学会第34回大会, ポスター, 慶應義塾大学, 日吉, 2017年9月20日

Awards / 表彰

  1. 鷲崎弘宜,須永祐輔,筧捷彦,深澤良彰,山戸昭三,大久保雅司, 日本工学教育協会 工学教育賞, 情報システム開発のチームによるプロジェクトベース学習における個人特性の組み合わせと学習効果(原題”Relation between Combinations of Personal Characteristic Types and Educational Effectiveness for a Controlled Project-based Learning Course” IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing, pp.1-9)
  2. 鷲崎弘宜, 日本国際賞 後席・天皇皇后両陛下に研究紹介, 2017年4月19日
  3. 佐々木 綾菜、日本デジタル教科書学会 第6回年次大会 若手優秀賞、2017年8月19日
  4. 本田 澄、情報処理学会 2016年度 研究会推薦博士論文速報(Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Theoretical Foundations and Empirical Applications)、2017年8月15日
  5. 渡邊泰宏, 鷲崎弘宜, 本田澄, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017 インタラクティブ特別賞(“B-to-Bクラウドアプリケーションにおける反復的なデータ駆動型ペルソナ構築の事例研究”に対して), 東京, 2017年9月1日