Research achievements in FY2018 (Apr 2018 – Mar 2019)

Journals / 論文誌

  1. Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yuki Noyori, Yoshiaki Fukazawa, Aoi Morizuki, Hiroyuki Shibata, Kentaro Ogawa, Mikako Ishigaki, Sachiyo Shiizaki, Teppei Yamaguchi and Tomoaki Yagi, “ID3P: Iterative Data-Driven Development of Personas to Improve Business Goals, Strategies, and Measurements,” Journal of Information Science and Engineering, Special Issue on Interdisciplinary Study on Software Engineering and Data Science, 2018. (SCIE, Scopus, DBLP indexded)(to appear)
  2. Kei Ito, Joseph W. Yoder, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Pattern Language for Knowledge Handover when People Transition,” LNCS Transactions on Pattern Languages of Programming, Vol. 4, pp.1-32, 2018. (DBLP, Scopus indexed)(to appear)
  3. Takuya Watanabe, Mitsuaki Akiyama, Tetsuya Sakai, Hironori Washizaki, and Tatsuya Mori, “Understanding the Inconsistency between Behaviors and Descriptions of Mobile Apps,” IEICE Transactions on Information and Systems, Special Section on Information and Communication System Security, 2018. (SCIE, DBLP, Scopus indexed)(to appear)
  4. Hironori Washizaki, Yann-Gael Gueheneuc, Foutse Khomh, “ProMeTA: A Taxonomy for Program Metamodels in Program Reverse Engineering,” Empirical Software Engineering (EMSE) journal, pp.1-36, 2018. (SCIE, Scopus, DBLP indexed)(invited by ICSME 2016 committee)
  5. Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, “Developer Experience Considering Work Difficulty in Software Development,” International Journal of Networked and Distributed Computing, Vol. 6, No.2, pp.53-62, 2018.(ESCI, Scopus indexed) (to appear)
  6. 鷲崎弘宜,津田直彦,本田澄,中井秀矩,深澤良彰,東基衛, 込山俊博, 中野正,鈴木啓紹, “国際規格に基づく総合的なソフトウェア品質評価枠組みとその実製品適用による品質ベンチマーク”, SEC journal, 2018. (to appear)
  7. 小島嘉津江,森田純恵,廣瀬竹男,若本雅晶,菊池慎司,楾晃歓,鷲崎弘宜, “ソフトウェア品質技術が品質特性に与える効果の見える化とその検証”, SEC journal, 2018. (to appear)
  8. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics,” Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Springer, pp.1-20, 2018. (to appear)(invited by ICCE 2017 committee)
  9. Mohab Aly, Foutse Khomh, Yann-Gaël Guéhéneuc, Hironori Washizaki, Soumaya Yacout, “Is Fragmentation a Threat to the Success of Internet of Things?”, IEEE Internet of Things Journal (to appear)

International conferences and workshops / 国際会議

  1. Yuper Lay Myint, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukuzawa, Hideyuki Kanuka, Hiroki Ohbayashi, “Test case reduction based on the join condition in pairiwise coverage-based database testing,” 5th International Workshop on Software Test Architecture (InSTA 2018), April 13, 2018, Västerås, Sweden, conjunction with ICST 2018
  2. Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki, Takayoshi Suzuki, Takayoshi Suzuki, “Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development,” 40th International Conference on Software Engineering (ICSE 2018)(CORE Rank A*), New Ideas and Emerging Results (NIER) Track, May 27 – 3 June 2018, Gothenburg, Sweden
  3. Ryo Ishizuka, Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura and Yuichiro Yasuda, “Characteristics of source code degrading quality in software development by multiple organizations,” 3rd IEEE/ACIS International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2018), July 10 – 12, 2018, Yonago, Japan
  4. Atsuo Hazeyama, Shun’ichi Tanaka, Takafumi Tanaka, Hiroaki Hashiura, Seiji Munetoh, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, “Security Requirement Modeling Support System using Software Security Knowledge Base,” 6th IEEE International COMPSAC Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET 2018), Tokyo, July 23-27, 2018.
  5. Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hideyuki Kanuka, Keishi Ooshima, Ryosuke Tsuchiya, “Improved Searchability of Bug Reports Using Content-based Labeling with Machine Learning of Sentences,” 12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE’18), August 27-30 2018, Ionian University, Corfu, Greece
  6. Yukiya Yazawa, Shinpei Ogata, Kozo Okano, Haruhiko Kaiya, “Tool to Automatically Generate a Screen Transition Model Based on a Conceptual Model,” 12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE’18), August 27-30 2018, Ionian University, Corfu, Greece
  7. Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yuichiro Yasuda and Shunsuke Sugimura, “Machine Learning to Evaluate Evolvability Defects: Code Metrics Thresholds for a Given Context,” The 18th IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security (QRS 2018), July 16 – 20, 2018, Lisbon, Portugal (CORE Rank B)(acceptance rate 33/171 =19%)
  8. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Evaluating the degree of security of a system built using security patterns,” The 13th International Workshop on Frontiers in Availability, Reliability and Security (FARES 2018), in conjunction with the 13th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES 2018), August 27 – August 30, 2018, Hamburg, Germany
  9. Pablo Alejandro Quezada-Sarmiento, Hironori Washizaki, Liliana Enciso, Wilmar Herhandez, “Body of Knowledge on IoT Education,” 4th International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST 2018), Special Session on Internet of Things and Smart Communities (ITSCO 2018), 18 – 20 September, 2018 – Seville, Spain (CORE Rank C)
  10. Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, “Empirical Study on Specification Metrics to Predict Volatility and Software Defects,” IEEE TENCON 2018, Jeju, Korea, Oct 28-31, 2018 (CORE Rank C)(to appear)
  11. Jati H. Husen, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study,” IEEE TENCON 2018, Jeju, Korea, Oct 28-31, 2018 (CORE Rank C)(to appear)
  12. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki and Takayoshi Suzuki, “Empirical Study on Tendencies for Unstable Situations in Application Results of Software Reliability Growth Model,” The 29th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2018), Industry Track, Memphis, USA, October 15-18, 2018 (CORE Rank A)(to appear)

Books and magazines / 書籍・雑誌記事

  1. 礎 良輔、鷲崎 弘宜、“SIGCSE 2018参加報告とコンピュータサイエンス教育におけるトップカンファレンスのススメ – 世界基準で目標を掲げ、影響を与えるために -“, 情報処理, Vol.59, No.7, pp.642-644, 2018
  2. 鷲崎弘宜, D-DATa & スマートエスイー: 早稲田大学における大学院生や社会人対象の高度データ人材育成の取り組み, 大学教育と情報, 私立大学情報教育協会, 2018.
  3. 鵜林尚靖, 鷲崎弘宜, 鄭顕志, “機械学習工学研究会キックオフシンポジウム参加報告”, コンピュータソフトウェア, pp.1-5, 2018.
  4. 情報規格調査会, 2017年度 専門委員会関係活動報告(SC7委員会部分について寄稿), NEWSLETTER 2018年6月

Invited talks and other talks / 基調・招待講演ほか

  1. 鷲崎弘宜、”メトリクスによるプロダクトの品質把握・改善および組織目標の定量管理”、企業研究会 ソフトウェア開発マネジメン交流会議 2018年4月6日、東京 学士会館
  2. 鷲崎弘宜、”メトリクスによるソフトウェア品質測定評価とアジャイル&オープンソース品質”、JFPUG 2018年度 第1回会合、東京、2018年4月20日
  3. Hironori Washizaki, SC7/WG20 Convenor’s Report, ISO/IEC/JTC1 SC7 New Delhi Plenary 2018, New Delhi, India, 11.05.2018
  4. 鷲崎弘宜, 新谷勝利, “組織の目標を各プロジェクトの目標、品質グループの目標、そして各個人の目標とどう整合をはかるか -「GQM+Strategies(R)」を有効活用してみませんか”, 高品質ソフトウェア技術交流会 QuaSTom, 定例会, 東京 青山, 2018年6月13日
  5. 鷲崎弘宜, “研究のデザイン入門”, 日科技連SQiP研究会, 第1回例会, 東京, 2018
  6. 鷲崎弘宜, “オープニング(スマートエスイー紹介ほか)”, 第1回スマートエスイーセミナー, 東京, 2018年6月29日
  7. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Visualizing Memory Space on Web Browsers for C Novices (Presented at SIGCSE 2018)”, 日本ソフトウェア科学会第35回大会 トップカンファレンス特別講演, 2018/8/28-31, 大阪大学
  8. 鷲崎弘宜, “人工知能は正しいのか? 検証できるのか?”, 早稲田大学オープンキャンパス模擬講義, 早稲田大学, 2018年8月5日
  9. 鷲崎弘宜, “プログラミング学習環境の調査と学びのルーブリック”, GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム 東京東大会, 2018年8月11日, 早稲田大学

Media news / メディア・ニュース

  1. ICT教育ニュース, “早大を中心に最先端ICT技術の講座、一部無料で「gacco」で公開”, 2018年4月19日
  2. EdTechZine, 最先端ICT技術講座の一部が「gacco」で無料公開、第1弾は「スマートIoTシステム・ビジネス入門」, 2018/04/19
  3. SankeiBiz, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)(ガッコ)」にて公開-文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出-, 2018.4.18
  4. CNET Japan, 最先端ICT技術講座の一部を無料で公開, 2018年04月18日
  5. 財経新聞, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)(ガッコ)」にて公開―文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出―, 2018年04月18日
  6. News2u, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」にて公開― 文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出 ―, 2018年04月18日
  7. gihyo.jp, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT,ビッグデータ,AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」にて公開― 文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出 ―, 2018年04月18日
  8. 早稲田大学, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」にて公開, 2018年04月18日
  9. @IT, 「東ロボ」を主導した数学者が「読解力がない子どもにプログラミングを教えても、意味がない」と主張する理由, 2018年04月26日
  10. The Japan News by Yomiuri Online, Establishing a Unified Systems and Software Engineering Platform by Combining Soft Approaches and Hard Approaches, April 2018
  11. 成長分野を支える情報技術人材の社会人教育 – enPiT-Proの狙いと取組みリクルート カレッジマネジメント、210号、2018年5-6月
  12. AI 駆使へ「学び直し」 大学、企業が社員向け講座 営業職も技術習得( 毎日新聞.2018/5/25)
  13. 内閣官房日本経済再生総合事務局, 未来投資戦略2018(スマートエスイーの紹介), 2018年6月
  14. 日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)2017年度事業報告レポート, Society 5.0を支える人材育成を行うenPiT-Pro高度情報人材教育の効率化にJMOOCを利活用, 2018年6月
  15. ASCII.jp, 今年は<アイディア部門>を新設!「アプリ甲子園®2018」開催のお知らせ~7月1日より8月31日まで作品を受付、10月14日に決勝大会を開催~, 2018年07月02日
  16. ICT教育ニュース, 総務省、「地域ICTクラブ」の採択候補19件を発表, 2018年7月2日
  17. リセマム, 総務省「地域におけるIoTの学び推進事業」に係る採択候補19件を決定, 2018年7月3日
  18. DreamNews, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」 JMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて9月から新たに2講座開講 「クラウド基盤」など再先端のICT技術をオンラインで学習, 2018年06月27日
  19. アフレル, マインドストーム 20周年 お祝いメッセージ, 2018年8月1日
  20. 早稲田大学 CAMPUS NOW, 最先端ICT技術講座の一部を無料で公開, 2018年8月
  21. DreamNews/株式会社ドコモgacco, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」 連続講座第3弾 JMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて「IoT」、「組込み」講座を10月開講, 2018年08月06日
  22. 4Gamer.net, プログラミング競技会「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」が開催決定。応援キャラクターはロックマン, 2018/07/05
  23. ICT教育ニュース, 小学生対象のプログラミング競技会「GPリーグ 1都3県大会」夏休みに開催, 2018/07/05
  24. 財経新聞, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」2018年 夏の1都3県大会開催決定!未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!, 2018-07-05
  25. PR TIMES, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」2018年 夏の1都3県大会開催決定!未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!, 2018/07/05
  26. EdTechZine, 「スマートエスイー」第3弾として「IoTとシステムズアプローチ」「組込み・リアルタイムシステム」を「gacco」にて開講, 2018/08/07

Others / その他

  1. 鷲崎弘宜ほか, 複雑なネットワークソフトウェア開発運用のためのトラストを考慮したセキュリティ&プライバシ・エコシステム, 電気通信普及財団, 情報通信に関する技術分野における研究調査, 2018年8月13日

Awards / 表彰