Research achievements in FY2014 (Apr 2014 – Mar 2015)


Journals / 論文誌

  1. Takanori Kobashi, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Takao Okubo, Yoshiaki Fukazawa, “Validating Security Design Pattern Applications by Testing Design Models,” International Journal of Secure Software Engineering, Vol. 5, Issue 4, pp.1-30, 2014.
  2. Satoru Uchiyama, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Detecting Design Patterns in Object-Oriented Program Source Code by using Metrics and Machine Learning”, Special Issue on Design Patterns, Journal of Software Engineering and Applications, Vol.7, No.12, pp.983-998, 2014. (JSEA-DP-2014.pdf)
  3. 青井翔平, 坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰, DePoT Webアプリケーションテストにおけるテストコード自動生成テスティングフレームワーク, 情報処理学会論文誌,  Vol.56, No.3, pp.835-846, 2015.

International conferences and workshops / 国際会議

  1. Susumu Tokumoto, Kazunori Sakamoto, Kiyofumi Shimojo, Tadahiro Uehara and Hironori Washizaki, “Semi-automatic Incompatibility Localization for Re-engineered Industrial Software,” Proceedings of the 7th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation (ICST 2014), pp.91-94, Cleveland, March 31-April 4, 2014.
  2. Yusuke Yamada, Shota Inaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, “The Impacts of Personal Characteristic on Educational Effectiveness in controlled-Project Based Learning on Software Intensive Systems Development,” Proceedings of the 27th IEEE CS Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2014), pp.119-128, Alpen-Adria Universitat Klagenfurt, Austria, April 23-25, 2014. (to appear) (CSEE&T2014ver34.pdf)
  3. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki and Joseph Yoder, “Abstract security patterns for requirements and analysis of secure systems,” Proceedings of the 17th Workshop on Requirements Engineering (WER 2014), pp.XX-YY, Pucon, Chili, April 23-25, 2014. (to appear)
  4. Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yukihiko Akasaka, Hisayoshi Adachi, Takae Arai, Yasushi Ishigai, Tatsuo Ide, Masahiro Ide, Yukihiko Ejiri, Yasuko Okazaki, Yasuhiro Kikushima, Tomoko Kishida, Katsutoshi Shintani, Atsushi Nishizawa, Norifumi Nomura, Daisuke Hirabayashi, Hideki Matsuoka, Kotaro Mita, Tatsuya Kimura, “Efficient identification of rationales by stakeholder relationship analysis to refine and maintain GQM+Strategies models,” Proceedings of the 1st Asia Pacific Requirements Engineering Symposium (APRES 2014), Communications in Computer and Information Science, Vol.432, Springer, pp.77-82, Auckland, New Zealand, April 28-29, 2014. (APRES2014_kobori_20140207.pdf)
  5. Haruhiko Kaiya, Sho Kouno, Shinpei Ogata, Takuo Okubo, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki and Kenji Kaijiri, “Security Requirements Analysis using Knowledge in CAPEC,” Proceedings of the 4th International Workshop on Information Systems Security Engineering (WISSE 2014), pp.XX-YY, Thessaloniki, Greece, June 17, 2014. (to appear)
  6. Hironori Washizaki, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa and Takeshi Kawamura, “Network Analysis for Software Patterns including Organizational Patterns in Portland Pattern Repository,” Proceedings of the Agile 2014 Conference, pp.XX-YY, Orlando, USA, July 28 – August 1, 2014. (to appear) (Agile2014-Pattern-Network-Analysis-camera-ready.pdf)
  7. Linchao Yang, Tomoyuki Kamiya, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “RefactoringScript: A Script and Its Processor for Composite Refactoring,” Proceedings of the 26th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2014), pp.XX-YY, Vancouver, Canada, July 1-3, 2014. (to appear) (seke2014_submission_191.pdf)
  8. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Predicting the Release Time Based on a Generalized Software Reliability Model (GSRM),” Proceedings of the 38th Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC), Fast Abstract, pp.XX-YY, Vasteras, Sweden 21–25 July, 2014. (to appear) (compsac2014_submission_494.pdf)
  9. Masatoshi Yoshizawa, Takanori Kobashi, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka, “Verification of Implementing Security Design Patterns Using a Test Template,” Proceedings of 9th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES2014), pp.178-183, Fribourg, Switzerland, 8th-12th September 2014.
  10. Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Using an Automatic Collection Method to Identify Patterns during Design Activity,” Proceedings of 11TH Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE 2014), 17-20, September, Volgograd, Russia (to appear) (JCKBSE2014_216.pdf)
  11. Yuta Maezawa, Kazuki Nishiura, Hironori Washizaki, Shinichi Honiden, “Validating Ajax Applications Using a Delay-Based Mutation Technique,” Proceedings of the 29th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE 2014), pp.491-502, Västerås, Sweden, September 15-19, 2014. (CORE Rank A, acceptance rate 55/276=20%)
  12. Hironori Washizaki, Suthinan Thanintranon, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa, Takeshi Kawamura, Joseph W. Yoder, “Analyzing Software Patterns Network obtained from Portland Pattern Repository,” 21st Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2014), Allerton Park in Monticello, IL, September 14-17, 2014. (to appear) (PLoP2014-Pattern-Network-Analysis-2-revised5.pdf)
  13. Kiyoshi Honda, Hidenori Nakai, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa (Waseda University), Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada, Daisuke Miyazaki (Yahoo Japan Corporation), “Predicting Time Range of Development Based on Generalized Software Reliability Model,” 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Jeju, Korea, December 1-4, 2014. (to appear) (CORE Rank B, acceptance rate 67/226=30%)
  14. Yujiang Yang, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Tool to Suggest Similar Program Element Modifications,” 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Jeju, Korea, December 1-4, 2014. (to appear) (CORE Rank B, acceptance rate 67/226=30%)
  15. Satoshi Arai, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A Gamified Tool for Motivating Developers to Remove Warnings of Bug Pattern Tools,” 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Osaka, Japan, November 12-13, 2014. (to appear)
  16. Hidenori Nakai, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada, Daisuke Miyazaki, ″Initial Industrial Experience of GQM-based Product-Focused Project Monitoring with Trend Patterns,” 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Short Paper, Jeju, Korea, December 1-4, 2014. (to appear)
  17. Ryohei Takasawa, Kazunori Sakamoto, Akinori Ihara, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Do open source software projects conduct tests enough?,” Proceedings of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2014), Short Paper, Helsinki, Finland, 10-12 December 2014. (to appear)
  18. Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Daisuke Hirabayashi, Katsutoshi Shintani, Yasuko Okazaki, Yasuhiro Kikushima, “Identifying rationales of strategies by stakeholder relationship analysis to refine and maintain GQM+Strategies models,” Proceedings of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2014), Helsinki, Finland, 10-12 December 2014. (to appear)
  19. Hidenori Nakai, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada, Daisuke Miyazaki, “Continuous Product-Focused Project Monitoring with Trend Patterns and GQM,”Proceedings of the 2nd International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoC 2014), pp.XX-YY, in conjunction with the 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Jeju, Korea, December 1, 2014. (to appear)
  20. Shohei Yamazaki, Kazunori Sakamoto, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa,“Comparative Study on Programmable Robots as Programming Educational Tools,” Proceedings of the 17th Australasian Computing Education Conference (ACE 2015), Sydney, Australia Tuesday 27th – Friday 30th January 2015. (to appear)
  21. Takao Okubo, Yoshio Kakizaki, Yoshinori Kobashi, Hironori Washizaki, Shinpei Ogata, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka, “Security and Privacy Behavior Definition for Behavior Driven Development,” Proceedings of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2014), Short Paper, Helsinki, Finland, 10-12 December 2014. (to appear)
  22. Joseph W. Yoder, Rebecca Wirfs-Brock, and Hironori Washizaki, “QA to AQ Part Three – Shifting from Quality Assurance to Agile Quality – Tearing Down the Walls,” Proceedings of the 10th Latin American Conference on Pattern Languages of Programs – SugarLoafPLoP 2014, 9-12 November 2014, Ilha Bela, São Paulo, Pousada Armação dos Ventos, Brazil (to appear)
  23. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Kenichi Matsumoto, “Toward Monitoring Bugs-fixing Process after the Releases in Open Source Software,” 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Poster, Osaka, Japan, November 12-13, 2014.
  24. Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda and Masanao Futakami, “Detect low maintainability and reusability files: framework for optimal prediction in consideration of a project,” 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Poster, Osaka, Japan, November 12-13, 2014.
  25. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Cloud Access Security Broker (CASB): A pattern for accessing secure cloud services,” Proceedings of the 4th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2015), March 5-7, 2015, Tokyo, Japan. (to appear)
  26. Hironori Washizaki, Tian Xia, Yoshiaki Fukazawa, “Introducing Software Reading Techniques into Pattern Writer’s Workshop: Checklists and Perspectives,” Proceedings of the 4th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2015), March 5-7, 2015, Tokyo, Japan. (to appear)
  27. Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, and Masanao Futakami, “Iterative Process to Improve GQM Models with Metrics Thresholds to Detect High-risk Files,” 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015), Doctoral Symposium, 2015. (to appear)

Books and magazines / 書籍・雑誌記事

    1. 鷲崎 弘宜、平林 大典(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第1回 「正しく」できても「正しいことをやる」のができない理由、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/05/14
    2. 鷲崎 弘宜、平林 大典、野村典文(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第3回 僕たちの仕事は役に立っているのか?、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/06/11
    3. 鷲崎 弘宜、平林 大典、野村典文(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第4回 測れるって素晴らしい!!、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/06/25
    4. 鷲崎 弘宜、平林 大典、野村典文(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第5回 プロジェクトに優先順位を付けよう、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/06/11
    5. 鷲崎弘宜, “組織パターンのネットワーク分析の試み”, Ultimate Agile Stories Iteration 4, 2014.
    6. 鷲崎弘宜、ソフトウェア品質プロフェッショナルに求められる専門性と倫理性: 知識、スキル、コンピテンシ、倫理綱領、IPA/SEC Journal, Vol.39(「今品質について考える」特集), 2015.
    7. 沢田篤史, 権藤克彦, 鷲崎弘宜, 阿萬裕久, 門田暁人, 杉山安洋, 岡野浩三, 関澤俊弦, “特集「ソフトウェア工学」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.3, p.3_4, 2014.

Invited talks and other talks / 基調・招待講演ほか

  1. Hironori Washizaki, “Introduction to Patterns”, Keynote at miniPLoP@Taipei, Taipei, 29th May, 2014. 
  2. Hironori Washizaki, “PLoP, AsianPLoP, and Patterns Community in Japan”, Invited talk at miniPLoP@Taipei, Taipei, 29th May, 2014.
  3. Hironori Washizaki, “Future of SEKE, Software Engineering and Knowledge-Engineering“, short talk at panel session, SEKE 2014.
  4. 鷲崎 弘宜, プロジェクト型演習における最適なチーム構成とは?学びの過程はどのようなものか?~早稲田大学情報理工学科の実践~, PMI日本フォーラム2014, 7月13日
  5. 栗田 太郎(フェリカネットワークス)、鷲崎 弘宜(早稲田大学)、石川 冬樹(国立情報学研究所)、「ソフトウェアエンジニアリングと私たちの研究のこれまでとこれから ~SEMAT (Software Engineering Method and Theory) の概要とカードゲームによる研究活動の分析~」、第30年度 (2014年度)ソフトウェア品質管理研究会 第3回例会(合宿)特別講義、2014.
  6. 鷲崎弘宜、小堀貴信、平林大典、岸田智子、「残念なシステム」から「利益を生むシステム 」に転換するためには! ~GQM+Strategies®の活用~、SPES2014
  7. 鷲崎弘宜、井出昌浩、“『ゴール指向経営』で的を射たIT投資、利益を生む組織に~「GQM+Strategies」の活用で組織内の整合性確保と定量的管理を実現~”、IPA/SECセミナー、2014年8月20日.
  8. 鷲崎弘宜、伊藤宏幸、山本洸希、“XP祭り2014:A-7 国際会議 Agile2014の風 ~とある参加報告~”、XP祭り2014、2014年9月6日.
  9. Hironori Washizaki, “Predicting Release Time Based on Generalized Software Reliability Model”NII Shonan Meeting on Computational Intelligence for Software Engineering, Shonan Village, Oct 21, 2014.
  10. 鷲崎 弘宜, “論文の書き方 入門,” SQiP研究会ミニ講座 2014年11月7日
  11. 鷲崎弘宜, “メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善”, ET2014 テクニカルセッション, 2014年11月21日
  12. 鷲崎弘宜, “プロジェクト型演習における成績評価と個人特性に基づくチーム構成(に向けて)” 愛媛大学 講演, 2014年12月15日
  13. 鷲崎 弘宜, “メトリクスの基礎とGQM法によるゴール指向の測定”, 日本科学技術連名SQiP研究会 演習コースI ソフトウェア工学の基礎, 2014年12月18日
  14. 鷲崎 弘宜, “SQuBOK V2設計開発領域について”,  ソフトウェア品質知識体系ガイド (第2版) SQuBOK Guide V2発行記念講演会, 2015年2月9日
  15. 鷲崎 弘宜、”ゴール指向に基づくソフトウェア品質評価とIT経営”、防衛大学 講義、2015年2月10日
  16. 鷲崎 弘宜、“早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 事例報告 ゴール指向の測定によるソフトウェア品質評価と改善の実践的取組み (Yahoo! JAPAN、富士通、コマツ等とのそれぞれ個別の産学連携成果)”, 早稲田大学&IESE&IPA/SEC共催セミナー データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質, 2015年2月19日
  17. 鷲崎 弘宜ほか、SamurAI Coding 2014-15 Opening, Award, Closing, and Banquet, 2015年3月18日

Media News / メディア・ニュース

  1. SHIFTニュース, 早稲田大学との共同研究がソフトウェアテストの国際会議ICSTで採択されました。 2015/03/13
  2. 日本最大級のエンジニア・デザイナーの新卒採用求人媒体「エンジニア就活」にてインタビュー記事 早稲田大学基幹理工学部准教授 鷲崎弘宜さんインタビュー
  3. 株式会社SHIFT、“早稲田大学とSHIFT、ソフトウェアテストにおける探索的手法の共同研究を開始 -16万件以上に及ぶ不具合データベースから最も効率的なテストケースを導き出すアルゴリズムの開発-”
  4. JICA, 鷲崎先生(早稲田大学)のE-JUST訪問

Others / その他

  1. Yang Yujiang, Sakamoto Kazunori, Washizaki Hironori, Fukazawa Yoshiaki, “A Tool for Suggesting Program Elements to Be Changed in Next Edit,” IEICE SIGSS July 9-11, 2014.
  2. 坂本一憲(国立情報学研究所)、高野孝一(株式会社オービック)、本田澄、音森一輝、山崎頌平、鷲崎弘宜、深澤良彰、”まねっこダンス:真似て覚えるプログラミング学習ツール”、日本ソフトウェア科学会第31回大会、名古屋大学東山キャンパス、2014年9月7日~10日
  3. 高澤亮平(早稲田大学)、坂本一憲(国立情報学研究所)、鷲崎弘宜、深澤良彰(早稲田大学)、”RepositoryProbe: リポジトリマイニングのためのデータセット作成支援ツール”、日本ソフトウェア科学会第31回大会、名古屋大学東山キャンパス、2014年9月7日~10日
  4. 山本美聡, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 大久保隆夫, 海谷治彦, 吉岡信和, “OSS におけるセキュリティパターンの特定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)

  5. 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 大久保隆夫, 海谷治彦, 吉岡信和, “モデルテストによるセキュリティ設計パターンの適用検証“, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)
  6. 伊藤百合菜, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “セキュリティパターンの研究に関するシステマティックマッピング”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)

  7. 芳澤正敏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストテンプレートを用いたセキュリティ設計パターンの実装の適用検証”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)
  8. 本田澄、中井秀矩、鷲崎弘宜、深澤良彰、森牧、小川健太郎、高橋一貴、“CIツールとリポジトリシステムを用いた欠陥数予測”, SQiPシンポジウム2014, 9月12日, 東洋大学
  9. 横田真人、雨谷幸郎、井出昌浩、鷲崎弘宜、”システム企画における最適な意思決定のための重要意思決定キャンバスの提案”、ショートペーパ、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)

  10. 藤野啓輔、伊原彰紀、本田澄、鷲崎弘宜、松本健一、”OSSの不具合修正曲線に基づく残存未修正不具合数の予測の試み”、ショートペーパ、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)

  11. 本田澄、鷲崎弘宜、深澤良彰、”リポジトリシステムとソフトウェア信頼性モデルを用いた欠陥数予測”、電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会10月研究会、IEICE SIGSS、2014年10月23-24日、高知市文化プラザかるぽーと
  12. 渡邉 卓弥、秋山 満昭、酒井 哲也、鷲崎 弘宜、森 達哉、”Androidアプリの説明文とプライバシー情報アクセスの相関分析”、コンピュータセキュリティシンポジウム 2014 (CSS2014)、2014年10月22日(水) ~ 10月24日(金)、札幌コンベンションセンター
  13. 津田 直彦,高田 正樹,鷲崎 弘宜,深澤 良彰(早稲田大学), 杉村 俊輔,保田 裕一朗,二上 将直(小松製作所), “保守性・再利用性が低いファイルの予測:産業データを用いた研究”, 情報処理学会第186回ソフトウェア工学研究発表会, 大阪大学, 2014年11月13日(木)~14日(金)
  14. 津田 直彦, 高田 正樹, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 杉村 俊輔, 保田 裕一朗, 二上 将直、”保守性・再利用性の低いファイル予測:プロジェクトに合わせた最適化の枠組み”、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、ポスター、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)
  15. 本田 澄, 中井 秀矩, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰、”開発者数の変動を含むソフトウェア信頼性モデルを用いた欠陥数予測”、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、ポスター、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)
  16. 津田直彦, 高田正樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 杉村俊輔, 保田裕一朗, 二上将直, “メトリクスと閾値による保守性・再利用性評価式の作成・更新プロセス”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  17. 鷲崎弘宜, 夏天, 深澤良彰, “ピアレビュー技法とライターズワークショップ”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  18. 本田澄, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “開発者行動を考慮したソフトウェア信頼性モデル”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  19. Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Can the software design activity be quanti ed?,” 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  20. 音森一輝,坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰, “キャラクタの性質によるプログラミング教育効果の差異の検証”, 教育システム情報学会 2015年1月研究会, 大阪産業大学, 2015年1月10日(土)
  21. 山崎頌平,坂本一憲,本田澄,鷲崎弘宜,深澤良彰, “プログラミング教育:ロボットの導入による効果についての比較研究”, 教育システム情報学会 2015年1月研究会, 大阪産業大学, 2015年1月10日(土) 
  22. 櫨山淳雄, 齊藤大仁, 吉岡信和, 熊谷梓, 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 海谷治彦, 大久保隆夫, “ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなWebアプリケーション開発事例ベースの試作”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (KBSE) , 2015年1月研究会, 東京, 2015年1月27日.
  23. 櫨山淳雄, 齊藤大仁, 吉岡信和, 熊谷梓, 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 海谷治彦, 大久保隆夫, “ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなソフトウェア開発事例ベースの提案”, 情報処理学会 第77回全国大会, 京都大学, 2015年3月17-19日.
  24. 高澤亮平(早大),坂本一憲(NII),鷲崎弘宜,深澤良彰(早大), “プログラミングと性格に関する一考察”, 情報処理学会第77回全国大会, 京都大学, 2015年3月17-19日.
  25. 齊藤大仁, 櫨山淳雄, 吉岡信和, 熊谷梓, 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 海谷治彦, 大久保隆夫, “ソフトウェアセキュリティ知識を活用したセキュアなソフトウェア開発のための事例ベース管理システムの開発”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (KBSE) , 2015年3月研究会, 東京, 2015年3月5-6日.
  26. 石井裕志, 丸屋宏ニ, 羽原寿和, 鷲崎弘宜, “プロジェクト特性を基にしたアジャイル開発適合性評価手法”, 情報処理学会第187回ソフトウェア工学研究発表会, 平成27年3月12日(木)~13日(金), 化学会館, 2015. (to appear) 
  27. 雨谷幸郎, 横田真人, 井出昌浩, 鷲崎弘宜, “システム企画における意思決定支援プロセスの提案”, 情報処理学会第187回ソフトウェア工学研究発表会, 平成27年3月12日(木)~13日(金), 化学会館, 2015. (to appear)
  28. 繁在家学(IBM BAM: Business Application Modernization),  鷲崎弘宜(早稲田大学 鷲崎研究室), “論文紹介: A4. How Do Professionals Perceive Legacy Systems and Software Modernization?,” ICSE 2014 勉強会, 2014年

Awards / 表彰

  1. 鷲崎弘宜, 独立行政法人大学入試センター 感謝状, 2014.
  2. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Kenichi Matsumoto, 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Best Poster Award, Osaka, Japan, November 12-13, 2014 (for “Toward Monitoring Bugs-fixing Process after the Releases in Open Source Software”)
  3. Shohei Yamazaki, Kazunori Sakamoto, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, 17th Australasian Computing Education Conference (ACE 2015), Sydney, Australia Tuesday 27th – Friday 30th January 2015, Best Student Paper (for “Comparative Study on Programmable Robots as Programming Educational Tools”)
  4. 高澤亮平,情報処理学会第77回全国大会 学生奨励賞, 2015年3月19日(“プログラミングと性格に関する一考察”に対して)
  5. 土屋良介, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻 専攻賞(本賞), 2015.
  6. 土屋良介, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 総代, 2015.
  7. 青木耀平, 早稲田大学基幹理工学部学部長賞, 2015.
  8. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki and Joseph Yoder, 17th Workshop on Requirements Engineering (WER 2014) Best Paper Award Nominee (for “Abstract security patterns for requirements and analysis of secure systems”)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>