カテゴリー別アーカイブ: 未分類

早稲田大学トップページに鷲崎教授のIEEE CS会長選出や機械学習デザインパターン論文の受賞他についてインタビュー記事掲載

早稲田大学トップページに鷲崎教授のIEEE CS会長選出や機械学習デザインパターン論文の受賞他についてインタビュー記事が掲載されました。ぜひご覧ください。『コンピューティング領域をリードする』

参加募集 セミナー: アジャイル・AI時代の品質保証の今 3月7日開催

セミナー「アジャイル・AI時代の品質保証の今」3月7日開催。平鍋氏、高橋寿一氏ご登壇。鷲崎からはアジャイル品質メトリクスについて講演予定。ぜひご参加下さい!

日時:2024年3月7日(木曜日)15:00~18:00(Door Open 14:45)
※講演は15:00-16:55 その後立食形式の情報交換会を17:00-18:00で開催します

場所:帝国ホテル東京 本館2階 蘭の間
〒100-8558東京都千代田区内幸町1-1-1
交通アクセス:帝国ホテル東京「アクセス」ページ

タイムテーブル
15:00-15:05 開会挨拶
15:05-15:45 鷲崎 弘宜 氏 講演
アジャイルメトリクスの全体像と利用者・顧客満足に向けて
15:45-16:25 平鍋 健児 氏 講演
デジタルビジネスの潮流とアジャイル開発〜ビジネスとエンジニアの協働チームづくり〜        
16:25-16:55 高橋 寿一 講演
AI時代のソフトウェアテスト入門(シフトレフトするの?シフトライトするの?)
16:55-17:00 休憩・移動 (本館2階 牡丹の間)
17:00-18:00 情報交換会 (立食形式)
18:00 閉会

参加募集 スマートエスイーセミナー: アジャイルアーキテクチャと品質 2月26日

オブジェクト指向開発やアジャイル等で著名であり、The Hillside Group代表のJoseph Yoder氏が国際会議AsianPLoP2024に向けて来日されます。これを記念して「スマートエスイーセミナー: アジャイルアーキテクチャと品質」2月26日(月)ハイブリッド開催します。Joeや鷲崎教授、buboメンバーからアーキテクチャ進化とアジャイルマインドや、アジャイル品質パターンQA to AQほかを事例を交えて解説します。ぜひご参加下さい。

===============================
■参加募集
スマートエスイーセミナー: アジャイルアーキテクチャと品質
(アーキテクチャ進化とアジャイルマインド、アジャイル品質パターンQA to AQ、事例ほか)
https://smartse.connpass.com/event/310135/

日時:2024年2月26日(月)18:30-20:30
場所:早稲田大学西早稲田キャンパス&オンライン

アジア地域におけるソフトウェアや人々、社会におけるパターンの国際会議AsianPLoP2024の国内開催にあたり、
オブジェクト指向・アジャイル開発やソフトウェアアーキテクチャについて長年にわたりリードされ、
アジャイル品質パターンQA to AQの提唱者かつパターンランゲージの国際的団体The Hillside Group 代表の
Joseph Yoder氏が来日されます。

これを記念してアジャイル開発やマインドとアーキテクチャならびに品質について、
産学両面から事例を交えて解説します。具体的には、Yoder氏が主導するアジャイルマインドとアーキテクチ進化の
プラクティスやパターン(参考: Leading aSoftware Architecture Revolution)を解説いただくとともに、
アーキテクチャとの関係も深いアジャイル品質のパターンQA to AQやメトリクスについて解説します。
ぜひご参加ください。

主催:スマートエスイー
協賛・協力:株式会社bubo、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
日時:2023年2月26日(月)18:30-20:30
場所:早稲田大学西早稲田キャンパス 51号館 3階 第五会議室、ならびにオンラインZoom
https://www.waseda.jp/fsci/access/
参加申込:connpassページからお申し込みください
https://smartse.connpass.com/event/310135/

プログラム(変更の可能性があります)
18:30-18:35 オープニング

18:35-19:15 Being Agile about Architecture(アーキテクチャについてアジャイルであるために)
Joseph Yoder (The Refactory, Inc. )

19:15-19:55 アジャイル品質のパターンとメトリクス
鷲崎 弘宜(早稲田大学 / 国立情報学研究所 / エクスモーション/ システム情報 / 人間環境大学)

19:55-20:25 QA to AQパターンの活用事例と効果
辰巳 直樹、岩田 雅弘(株式会社bubo)

20:25-20:30 クロージング
===============================

Identifying and Improving Problems and Risks of Management Strategies Based on GQM+Strategies Metamodel and Design Principles, accepted for Journal of Information & Knowledge Management (ESCI, IF=1.2)

Chimaki Shimura, Hironori Washizaki, Takanobu Kobori, Yohei Aoki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Katsutoshi Shintani and Takuto Nonomura, “Identifying and Improving Problems and Risks of Management Strategies Based on GQM+Strategies Metamodel and Design Principles,” Journal of Information & Knowledge Management, pp. 1-26, 2024. (ESCI, IF=1.2)

The election of Prof. Washizaki as IEEE Computer Society 2025 President (2024 President-Elect) has been reported in the University’s magazine Campus Now, No. 250.

The election of Prof. Washizaki as IEEE Computer Society 2025 President (2024 President-Elect) has been reported in the University’s magazine Campus Now, No. 250.

大学広報誌Campus Now 250号にて、鷲崎教授のIEEE Computer Soceity 2025 President (2024 President-Elect) 選出について掲載されました。

A Community-Based Intervention to Enhance Subjective Well-Being in Older Adults: Study Design and Baseline Participant Profiles, accepted for Healthcare (SCIE, IF=2.8)

Tsubasa Nakada, Takako Kozawa, Satoshi Seino, Shinichi Murota, Miki Eto, Junko Shimasawa, Yumiko Shimizu, Shinobu Tsurugano, Fuminori Katsukawa, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yo Ishigaki, Maki Sakamoto, Keiki Takadama, Keiji Yanai, Osamu Matsuo, Chiyoko Kameue, Hitomi Suzuki, Kayo Kurotani, Kazunori Ohkawara, ”A Community-Based Intervention to Enhance Subjective Well-Being in Older Adults: Study Design and Baseline Participant Profiles,” Healthcare, Vol. 12, No. 3, 322, pp. 1-13, 2024. (SCIE, IF=2.8)

Roguelike Game for AI and ML Education based on Design for Serious Game and AI Education, accepted for DiGRA 2024 extended abstract

Ayana Uematsu, Daisuke Saito, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Roguelike Game for AI and ML Education based on Design for Serious Game and AI Education,” DiGRA International Conference 2024 (DiGRA  2024), Extended Abstract, pp. 1-5, July 1-5th. Guadalajara, Jalisco, México

Rubrics to Assess Learning Effectiveness of Artificial Intelligence Education for K-12, accepted for IEEE EDUNINE2024 Work-in-progress track

Takumi Kobara, Daisuke Saito, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Rubrics to Assess Learning Effectiveness of Artificial Intelligence Education for K-12,” VIII IEEE World Engineering Education Conference (EDUNINE2024), Work-in-Progress track, pp. 1-4, Guatemala City, Guatemala, March 10-13, 2024.

“AI Security Continuum: Concept and Challenges” and “Evaluation of The Generality of Multi-view Modeling Framework for ML Systems” accepted for CAIN 2024 Poster

  • Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, “AI Security Continuum: Concept and Challenges,” 3rd International Conference on AI Engineering – Software Engineering for AI, Poster, Lisbon, Portugal, April 14-15, 2024.
  • Jati H. Husen, Jomphon Runpakprakun, Sun Chang, Hironori Washizaki, Hnin Thandar Tun, Nobukazu Yoshioka, Yoshiaki Fukazawa, “Evaluation of The Generality of Multi-view Modeling Framework for ML Systems,” 3rd International Conference on AI Engineering – Software Engineering for AI, Poster, Lisbon, Portugal, April 14-15, 2024.