作成者別アーカイブ: washizaki_lab.

Newsweek ニューズウィーク日本版にアイビーシー加藤社長、朝日教授、鷲崎教授の対談掲載

今週の #Newsweek ニューズウィーク日本版に、アイビーシー加藤社長、朝日教授、鷲崎教授の対談が掲載されました。同社のブロックチェーンに基づくIoTセキュリティ技術 kusabi を軸として、With/Afterコロナ時代のIoTとセキュリティについて、監視運用やセキュリティ人材育成の重要性を含めて扱っています。ぜひご覧ください。

IBC(アイビーシー)パンデミックによりオンラインが社会が爆発的に加速。サイバー攻撃から防御する先進技術と人材がますます必要, ニューズウィーク日本版, 2020年6月2日号(スマートエスイーについて言及)

Experimental Evaluation of Traceability Checking Tool for Goal Dependency Modeling, accepted for JCKBSE 2020

Haruhiko Kaiya, Wataru Fujita, Ryotaro Yamada, Atsuo Hazeyama, Shinpei Ogata, Takao Okubo, Nobukazu Yoshioka, and Hironori Washizaki, “Experimental Evaluation of Traceability Checking Tool for Goal Dependency Modeling”, 13th International Joint Conference on Knowledge-based Software Engineering (JCKBSE2020)

アジャイル品質のためのパターン:「QAを含むOneチーム」「品質スプリント」「プロダクト品質チャンピオン」

アジャイル開発に効く品質保証ノウハウをパターン集として整理したQuality Assurance to Agile Qualityの和訳シリーズ、第2弾が翔泳社CodeZineにて掲載されました。ぜひご覧ください。以降も随時公開していく予定です。今回は品質のアジャイルなあり方:「QAを含むOneチーム」「品質スプリント」「プロダクト品質チャンピオン」をご紹介しています。

鷲崎 弘宜, 長谷川 裕一, 濱井 和夫, 小林 浩, 長田 武徳, 田村 英雅, 陳 凌峰, “品質のアジャイルなあり方:「QAを含むOneチーム」「品質スプリント」「プロダクト品質チャンピオン」”, QA to AQ 第2回, CodeZine, 2020/05/11

Four papers accepted for COMPSAC 2020 Fast Abstract Track

Four papers accepted for COMPSAC 2020 Fast Abstract Track:

  • Hironori Washizaki, Junzo Hagimoto, Kazuo Hamai, Mitsunori Seki, Takeshi Inoue, Shinya Taniguchi, Hiroshi Kobayashi, Kenji Hiranabe and Eiichi Hanyuda, “Value Driven Process Towards Software Engineering for Business and Society (SE4BS)”, The 44th IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2020), Fast Abstract, 2020.
  • Hironori Washizaki, “Towards Software Value Co-Creation with AI”, The 44th IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2020), Fast Abstract, 2020.
  • Zeming Tai, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yurie Fujimatsu and Jun Kanai, “Binary Similarity Analysis for Vulnerability Detection”, The 44th IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2020), Fast Abstract, 2020.
  • Hironori Washizaki, Kenji Tei, Kazunori Ueda, Hayato Yamana, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden, Shoichi Okazaki, Nobukazu Yoshioka and Naoshi Uchihira, “Smart SE: Smart Systems and Services Innovative Professional Education Program”, The 44th IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2020), Fast Abstract, 2020.

記事掲載「子どもたちのプログラミング的思考を養うために何が必要か? 動機づけや学び場づくりの研究より【デブサミ2020】」EdTechZine

鷲崎教授・齋藤講師・坂本客員准教授によるデブサミ2020講演内容に基づく解説記事を掲載いただきました。書籍『Scratchでたのしく学ぶプログラミング的思考』のエッセンスや、地域における課題解決の場づくり、さらには、学びの動機づけの科学。ぜひご覧ください。

EdTechZine 神谷 加代[著], “子どもたちのプログラミング的思考を養うために何が必要か? 動機づけや学び場づくりの研究より【デブサミ2020】 Developers Summit 2020【13-F-4】若年層におけるプログラミング的思考の学びの場づくりと動機づけ レポート”, 2020/05/08

鷲崎教授が JST CREST「信頼されるAIシステム(領域統括 NII 相澤先生)」の領域アドバイザーに就任

鷲崎教授がJST CREST「信頼されるAIシステム(領域統括 NII 相澤先生)」の領域アドバイザーに就任しました。現在の困難さを突破し、さらにポストコロナ時代の価値創造の基盤をAIシステムが担うことは間違いありません。その信頼性・安全性の確保は喫緊な研究課題でありぜひご応募いただければ幸いです。6/23〆切。