作成者別アーカイブ: washizaki_lab.

社会人教育プログラム スマートエスイー修了式・シンポジウム 2019年10月29日開催

社会人教育プログラム スマートエスイー修了式・シンポジウム10月29日開催。無料。コマツCTO岩本様から講演「データが繋ぐGEMBA お客様を基点とするビジネスエコシステム」を頂戴。IoT や AI その他とビジネス応用に関する修了制作成果発表あり。ぜひご参加ください。

【参加募集】
2019年度スマートエスイー修了式・シンポジウム 10月29日

【参加募集】2019年度スマートエスイー正規履修 修了式・シンポジウム

社会人教育プログラム enPiT-Pro スマートエスイーでは
2期生の修了を記念してシンポジウムを10月29日に開催いたします。
コマツ 専務執行役員 CTO の岩本氏による招待講演「データが繋ぐ
GEMBA – お客様を基点とするビジネスエコシステム -」やスマート
エスイー修了制作優秀生による IoT や AI その他の最先端ICT技術と
ビジネス応用に関するプレゼンテーション、全修了制作のポスター
発表がございます。参加費無料です。ぜひご参加ください。

日時:10月29日(火)15:00-18:00(懇親会 同日 18:10-20:00)
会場:早稲田大学27号館小野梓記念館地下2階 小野記念講堂
(東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩5分)
https://www.waseda.jp/culture/access/
参加費:無料(懇親会は実費相当3000円程度を予定しております)
参加申込み:https://smartse.jp/information/2019/0930134806/

プログラム(開場:14:30)
15:00-15:05  挨拶
須賀 晃一(早稲田大学 副総長)

15:05-15:10  修了証授与式

15:10-15:40 AI&IoT時代の社会人教育:
enPiT-Proスマートエスイーの成果報告および今後の展望
鷲崎弘宜(早稲田大学 / 国立情報学研究所 / システム情報
/ エクスモーション)

15:40-16:25 招待講演:「データが繋ぐGEMBA 
– お客様を基点とするビジネスエコシステム -」
岩本 祐一(コマツ 専務執行役員 CTO)

16:25-16:35  休憩

16:35-17:05  スマートエスイー修了生 修了制作優秀賞受賞者による発表

17:05-17:45  修了生ポスター発表
各修了生が IoT や AI その他の最先端 ICT 技術とビジネス応用に関する
修了制作の成果をポスター発表します。ぜひご覧ください。

17:45-17:50  終了挨拶

18:10-  懇親
(実費相当3000円程度を予定しております)

主催:文部科学省社会人教育事業 enPiT-Pro スマートエスイー
 (代表校:早稲田大学、連携校: 茨城大学、群馬大学、東京学芸大学、
 東京工業大学、大阪大学、九州大学、北陸先端科学技術大学院大学、
 奈良先端科学技術大学院大学、工学院大学、東京工科大学、
 東洋大学、鶴見大学、国立情報学研究所)
共催:早稲田大学理工学術院総合研究所最先端ICT基盤研究所
協賛・後援(予定、依頼中含む)
 NPO法人トップエスイー教育センター
 情報処理学会ソフトウェア工学研究会
 日本ソフトウェア科学会ソフトウェア工学の基礎研究会
 日本ソフトウェア科学会機械学習工学研究会
 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会
 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
 IEEE Computer Society Tokyo/Japan Joint Chapter

鷲崎教授がSQiP2019にて講演: SQuBOK v3にみる不確実なDX時代の確実な品質技術に向けて- AI&機械学習、アジャイル&DevOps&オープンソース開発を中心に –

鷲崎弘宜, “SQuBOK v3にみる不確実なDX時代の確実な品質技術に向けて – AI&機械学習、アジャイル&DevOps&オープンソース開発を中心に -“, ソフトウェア品質シンポジウム2019, 東京, 2019年9月12日

https://www.slideshare.net/hironoriwashizaki/squbok-v3dx-aidevops

Learning Effects in Programming Learning Using Python and Raspberry Pi: Case Study with Elementary School Students accepted for IEEE TALE 2019 (CORE Rank C)

Dear Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Tetsuya Yoshida, Isamu Kaneko and Hirotaka Kamo, “Learning Effects in Programming Learning Using Python and Raspberry Pi: Case Study with Elementary School Students,” IEEE International Conferene on Engineering, Teaching and Education (TALE 2019), Yogyakarta, Indonesia, 10-13 December 2019 (CORE Rank C)

Deep Cross-Project Software Reliability Growth Model accepted for IEEE ISSRE 2019 Industry Track

Kyawt San Kyawt, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Kiyoshi Honda, Masahiro Taga and Akira Matsuzaki, “Deep Cross-Project Software Reliability Growth Model,” The 30th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2019)(CORE Rank A), Industry Track, Berlin, Germany, Oct 28 – 31, 2019

Previous studies have suggested that software reliability growth models (SRGMs) for cross-project predictions are more practical for ongoing development projects. Several software reliability growth models (SRGMs) have been proposed based on various factors to measure the reliability and are helpful to indicate the number of remaining defects before release. Software industries want to predict the number of bugs and monitor the situation of projects for new or ongoing development projects. However, the available data is limited for projects in the initial development phases. In this situation, applying SRGMs may incorrectly predict the future number of bugs. This paper proposes a new SRGM method using the features of previous projects to predict the number of bugs for ongoing development projects. Through a case study, we identify similar projects for a target project by k-means clustering and form new training datasets. The Recurrent Neural Network based deep long shortterm memory model is built over the obtained new dataset for prediction model. According to experiment results, the prediction by the proposed deep cross-project (DC) SRGM performs better than traditional SRGMs and deep SRGM for ongoing projects.

マイナビから『Scratchでたのしく学ぶプログラミング的思考』9/24出版、予約開始

小学生が身近な話題のクイズやゲーム作りを通し、分解・一般化・抽象化・モデル化・シミュレーション・論理的推論(演繹、帰納、仮説形成)・アルゴリズムというプログラミング的思考を分かりやすく楽しく学ぶ書籍です。小学校の先生や保護者、教育関係者の方々にも、プログラミング的思考を教育するうえでお手に取っていただければ幸いです。ぜひご覧ください!

鷲崎 弘宜 (著), 齋藤 大輔 (著), 坂本 一憲 (著), Scratchでたのしく学ぶプログラミング的思考, マイナビ出版, 2019/9/24

A System for Seamlessly Supporting from Security Requirements Analysis to Security Design using a Software Security Knowledge Base accepted for ESPRE 2019

Atsuo Hazeyama, Hikaru Miyahara, Takafumi Tanaka, Hironori Washizaki, Haruhiko Kaiya, Takao Okubo and Nobukazu Yoshioka, “A System for Seamlessly Supporting from Security Requirements Analysis to Security Design using a Software Security Knowledge Base,” 6th International Workshop on Evolving Security & Privacy Requirements Engineering (ESPRE) at RE 2019, Monday 23rd September 2019, Jeju Island, Korea.

SIGSE産学連携フォーラムにて鷲崎教授が講演

8/29 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2019 にてワークショップ「ビジネスと社会のためのソフトウェア工学に向けて」設置、ポジションペーパ募集中

8/29 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2019 にてワークショップ「ビジネスと社会のためのソフトウェア工学に向けて」小林さん・谷口さんとご一緒に設置 SE4BS Prj成果をご紹介しつつDX時代のソフトウェア工学を考える参加型の機会ですのでぜひご参加ください。
2ページ以内のポジションペーパー投稿の場合は8/2締め切り、投稿なしの場合は8/9申し込み締め切りです。

ワークショップ