邦訳『機械学習デザインパターン』発刊 SmartSE eAI共催 出版記念セミナー「AI活用成熟度と機械学習デザインパターン詳説」11月10日(水)19:00無料オンライン開催

邦訳『機械学習デザインパターン』発刊 SmartSE eAI共催 出版記念セミナー「AI活用成熟度と機械学習デザインパターン詳説」11月10日(水)19:00無料オンライン開催。訳者陣からライフサイクルとあわせて詳しく解説します。参加特典もありますのでぜひご参加ください。
===================================================================
■2021年11月10日(水)19:00-21:15 オンライン
出版記念セミナー: AI活用成熟度と機械学習デザインパターン詳説
https://smartse.connpass.com/event/227908/

社会の隅々までを機械学習が支える時代において、最適なモデルや開発・運用
の方法および基盤を自ら組み立て改善し続けることを通じ、AI活用成熟度を高め
ていくことが求められています。Google Cloudのデータ分析&AI部門トップらが
機械学習のモデルや開発・運用にあたりほぼ必ず直面する問題と解決をまとめた
Machine Learning Design Patterns を、JST未来社会 eAIプロジェクトメンバに
より『機械学習デザインパターン – データ準備、モデル構築、MLOpsの実践上の
問題と解決』(Lakshmanan, Robinson, Munn著, 鷲崎, 竹内, 名取, 吉岡訳,
オライリー・ジャパン, 2021)として翻訳出版のはこびとなりました。

これを記念して、AI活用成熟度や機械学習ライフサイクルとあわせて機械学習
デザインパターンの全体像ならびに主要パターンを詳しく解説するセミナーを、
訳者陣により以下に開催します。Zoomオンライン開催・参加無料です。
参加特典も予定しています。ぜひご参加ください。

日時: 2021年11月10日(水)19:00-21:15
場所: オンライン Zoom
参加費: 無料
参加申込: connpassページからお申し込みください
主催: スマートエスイーコンソーシアム
共催: JST未来社会 Engineerable AI(eAI)プロジェクト
協力: 株式会社オライリー・ジャパン
早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所

プログラム(予定):
19:00-19:10 オープニング、機械学習デザインパターンの必要性と
機械学習ライフサイクル(発見・探索、開発、デプロイ)
鷲崎 弘宜(早稲田大学)

19:10-19:25 データ表現のパターン: 特徴量ハッシュ、埋め込み、
特徴量クロス、マルチモーダル入力
鷲崎 弘宜(早稲田大学)

19:25-19:40 問題表現のパターン: 問題再設定、マルチラベル、
アンサンブル学習、カスケード、中立クラス、リバランシング
竹内 広宜(武蔵大学)

19:40-19:55 モデル訓練のパターン: 価値ある過学習、チェックポイント、
転移学習、分散戦略、ハイパーパラメータチューニング
名取 直毅(株式会社アイシン)

19:55-20:05 質疑

20:05-20:20 対応性のある運用のパターン: ステートレスサービング関数、
バッチサービング、継続的モデル評価、2段階予測、キー付き予測
名取 直毅(株式会社アイシン)

20:20-20:35 再現性のパターン: 変換、繰り返し可能な分割、
スキーマブリッジ、ウィンドウ推論、ワークフローパイプライン、
特徴量ストア、モデルバージョニング
吉岡 信和(早稲田大学)

20:35-20:50 責任あるAIのパターン: 経験的ベンチマーク、
説明可能な予測、公平性レンズ
竹内 広宜(武蔵大学)

20:50-21:00 パターンのつながりとAI活用成熟度
(戦術的・手動、戦略的・パイプライン、変革的・完全自動化)
鷲崎 弘宜(早稲田大学)

21:00-21:15 質疑・特典他
===================================================================

鷲崎教授が情報規格調査会 国際規格開発賞を受賞

鷲崎教授が情報規格調査会 国際規格開発賞を拝受いたしました。
Prof. Washizaki received International Standard Development Award from ITSCJ for ISO/IEC 24773-3 .

  • 鷲崎 弘宜, 情報処理学会情報規格調査会, 国際規格開発賞(ISO/IEC 24773-3:2021 Software and systems engineering — Certification of software and systems engineering professionals — Part 3: Systems engineering), 2021.

『DX白書2021』に鷲崎教授から「海外比較を通じたDXに関する日本の人材育成とリカレント教育」と題し寄稿

IPAから『DX白書2021』が発行されました。DXの現状調査、推進、データ利活用、検討、人材育成他、あらゆる立場の方々に必読の書といえます。鷲崎教授から「海外比較を通じたDXに関する日本の人材育成とリカレント教育」と題し寄稿させていただいていますのでぜひご覧ください。

科研費・国際共同研究加速基金 国際共同研究強化(B)『機械学習により増強されたデータ駆動ソフトウェア保守進化基盤』(PI 鷲崎 ’21-’24)

科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))『機械学習により増強されたデータ駆動ソフトウェア保守進化基盤』(PI 鷲崎 ’21-’24)交付内定。有難うございます。東工大・信州大・大工大と連携し、カナダの各大学との国際共同研究を深め成果をあげてまいります。

Proposal on Data-Driven Software Maintenance and Evolution by Machine Learning to the Fund for the promotion of Joint International Research (B) has been accepted. We will extend the international joint research with Canadian researchers as well as others.

Literature Review on Log Anomaly Detection Approaches Utilizing Online Parsing Methodology, accepted for APSEC 2021 ERA track

Scott Lupton, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka and Yoshiaki Fukazawa, “Literature Review on Log Anomaly Detection Approaches Utilizing Online Parsing Methodology,” The 28th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2021), ERA (Early Research Achievements) track, pp. 1-5, 6th – 9th December 2021 – Virtual (CORE Rank B)

Enterprise Architecture based Representation of Architecture and Design Patterns for Machine Learning Systems, accepted for SOEA4EE in conjunction with EDOC

Hironori Takeuchi, Takuo Doi, Hironori Washizaki, Satoshi Okuda, Nobukazu Yoshioka, “Enterprise Architecture based Representation of Architecture and Design Patterns for Machine Learning Systems,” The 13th Workshop on Service oriented Enterprise Architecture for Enterprise Engineering (SOEA4EE), pp. 1-6, in conjunction with the EDOC, October 25, 2021, Gold Coast Australia.

The team PICOPICOPON will participate in the programming contest ACM ICPC World Finals Moscow online

The team PICOPICOPON incl. M2 Ryoya Yoshimura (as a contestant) and alumnus Remin Kasahara (as coach) from our lab will participate in the programming contest ACM ICPC World Finals Moscow from October 1 to October 6 online. Good luck!

10月1日から10月6日まで開催されるプログラミングコンテスト世界大会 ACM ICPC World Finals Moscow に、研究室のM2吉村君(競技者)とOBの笠原君(コーチ)を含むチーム「PICOPICOPON」がオンラインで参加します。幸運を祈ります。