Empirical Study on Tendencies for Unstable Situations in Application Results of Software Reliability Growth Model accepted for IEEE ISSRE 2018 Industry Track (CORE Rank A)

Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki and Takayoshi Suzuki, “Empirical Study on Tendencies for Unstable Situations in Application Results of Software Reliability Growth Model,” The 29th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2018), Industry Track, Memphis, USA, October 15-18, 2018 (CORE Rank A)

Monitoring the results of software reliability growth models (SRGMs) helps evaluate a project’s situation. SRGMs are used to measure the reliability of software by analyzing the relations between the number of detected bugs and the detection time to predict the number of remaining bugs within the software. Sometimes the SRGM results lead managers to make incorrect decisions because the results are temporary snapshots that change over time. In our previous study, we proposed a method to help evaluate a project’s qualities by monitoring the results of SRGM applications. We collected the number of detected bugs and the detection time in the test phases for cloud services provided by e-Seikatsu to real estate businesses. The datasets contain about 34 cloud service features. Our method provides correct answers for 29 features and incorrect answers for 5 features. In this paper, we classify the monitoring results of unstable features based on the tendencies of the results into four types to aid developers and managers to make appropriate decisions about the development status.

“Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study” and “Empirical Study on Specification Metrics to Predict Volatility and Software Defects” accepted for IEEE TENCON 2018 (CORE Rank C)

Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, “Empirical Study on Specification Metrics to Predict Volatility and Software Defects,” IEEE TENCON 2018, Jeju, Korea, Oct 28-31, 2018 (CORE Rank C)(to appear)

Jati H. Husen, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study,” IEEE TENCON 2018, Jeju, Korea, Oct 28-31, 2018 (CORE Rank C)(to appear)

Body of Knowledge on IoT Education, accepted for WEBIST 2018 (CORE Rank C)

Pablo Alejandro Quezada-Sarmiento, Hironori Washizaki, Liliana Enciso, Wilmar Herhandez, “Body of Knowledge on IoT Education,” 4th International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST 2018), Special Session on Internet of Things and Smart Communities (ITSCO 2018), 18 – 20 September, 2018 – Seville, Spain (CORE Rank C)

第2回enPiT-Proスマートエスイーセミナー: アジャイル品質保証と組織変革 9月7日

第2回enPiT-Proスマートエスイーセミナー: アジャイル品質保証と組織変革

本セミナーでは、アジャイル開発の時代に必要な品質保証とそれを実現するため
の人材や組織を扱います。具体的には国内外のアジャイル品質保証や組織変革の
実務家ならびに研究者が集い、アジャイル開発において必要な品質保証の技術や
考え方、パターン、さらには人材育成と組織のあり方を解説します。

本セミナーは、AI/IoT/ビッグデータ×ビジネスの社会人教育事業enPiT-Pro
スマートエスイーにおける活動を発展させた公開セミナー第2弾として、様々
な組織と連携し実施します。また本セミナーの翌日は、同じ会場でXP祭り2018
が開催されるため、ぜひあわせてご参加ください(それぞれ単独でもご参加
いただけます)。

日時: 2018年9月7日(金)18:00-20:00, 懇親会 20:15以降(予定)
場所: 早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター
https://www.waseda.jp/inst/gcs/access/
参加申し込み: 下記Webサイトよりお申し込みください。
https://smartse.jp/information/2018/0705201707/
参加費: 無料(懇親会は実費相当3000円程度を予定、現地払いをお願いします)
問い合わせ: 早稲田大学スマートエスイー事務局 smartse@list.waseda.jp
主催: 文部科学省社会人教育事業enPiT-Proスマートエスイー
協賛・後援:(依頼中含む)
日本XPユーザグループ
NPO法人トップエスイー教育センター
情報処理学会ソフトウェア工学研究会
日本ソフトウェア科学会ソフトウェア工学の基礎研究会
日本ソフトウェア科学会機械学習工学研究会
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会
早稲田大学GSE研究所ゴール指向経営研究会
参加費: 無料(懇親会は3000円程度の実費予定)

18:00-18:10 アジャイル品質保証の知識体系 – SQuBOK 2020 予定より –
鷲崎 弘宜(早稲田大学/NII/システム情報/エクスモーション、スマートエスイー代表)

18:10-18:40 アジャイル品質保証パターン: Quality Assurance から Agile Quality へ(予定)(英語講演)
Joseph Yoder(The Refactory, Inc.)

18:40-19:05 OODAと品質保証(予定)
永田 敦(日新システムズ)

19:05-19:30 高生産性と信頼性におけるアジャイル形式工学手法
劉 少英(法政大学)

19:30-19:50 ソフトウェア工学の観点から見たアジャイル(予定)
土肥 拓生(ライフマティックス/NII)

19:50-20:00 アジャイル組織変革(予定)
小林 浩(システム情報)

20:15- 近辺にて懇親会(予定)

SIGCSE 2018 発表 PVC: Visualizing Memory Space on Web Browsers for C Novices が日本ソフトウェア科学会第35回大会 8/28-31のトップカンファレンス特別講演に招待されました

SIGCSE 2018 発表 PVC: Visualizing Memory Space on Web Browsers for C Novicesが、日本ソフトウェア科学会第35回大会 8/28-31のトップカンファレンス特別講演に招待されました。

PVC: Visualizing Memory Space on Web Browsers for C Novices (Presented at SIGCSE 2018)
Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

情報処理学会誌 情報処理 Vol.59, No.7 に「SIGCSE 2018 参加報告およびコンピュータサイエンス教育におけるトップカンファレンスのススメ -世界基準で目標を掲げ,影響を与えるために-」が掲載されました

礎 良輔、鷲崎 弘宜、“SIGCSE 2018参加報告とコンピュータサイエンス教育におけるトップカンファレンスのススメ – 世界基準で目標を掲げ、影響を与えるために -“, 情報処理, Vol.59, No.7, 2018

SIGCSEは,米国で開催される最大規模のACM主催会議The SIGCSE Technical Symposium on Computer Science Educationを指し,コンピュータサイエンス教育における最難関のトップカンファレンスである.世界の研究者や実務家は,トップカンファレンスを目標として計画的に研究・実践し,投稿し,採否によらず参加し,議論し,影響を与え,ネットワークを広げる,ということを50年間積み重ねてきている.日本もそれに倣うべきである.本稿では49回目の開催にあたるSIGCSE 2018の様子を報告するとともに,トップカンファレンスの重要性を述べる.

Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics accepted for Research and Practice in Technology Enhanced Learning (Springer)

Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics,” Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Springer, pp.1-20, 2018. (to appear)(invited by ICCE 2017 committee)

スマートエスイーセミナー: ゴール指向&データ駆動要求戦略セミナー

スマートエスイーセミナー: ゴール指向&データ駆動要求戦略セミナー
https://smartse.jp/information/2018/0526151754/

複雑さと不確実さを増す今日のITシステムの開発と運用において、 適応的に
正しいITシステムを正しく提供し続けるためには、 ゴール指向(目標指向)
およびデータに裏打ちされて調整しつつ新たな可能性を探索するデータ駆動の
戦略・要求分析が必要です。 そこで本セミナーでは、ゴール指向とデータ駆動
に基づく要求工学および周辺を深く扱います。具体的にはゴール指向要求工学、
エンタープライズアーキテクチャ、GQM+Strategiesおよびデータ駆動ペルソナ
を扱います。

本セミナーは、AI/IoT/ビッグデータ×ビジネスの社会人教育事業enPiT-Pro
スマートエスイーにおける活動に関連した公開セミナー第1弾として、様々な
組織と連携し実施します。ぜひご参加ください。

日時: 2018年6月29日(金)17:30-19:30, 懇親会 19:30-20:30
場所: 東京 霞ヶ関ビル 20階 CTCセミナールーム
http://www.ctc-g.co.jp/about/corporate/access/kasumigaseki.html
参加費: 無料(懇親会は2000円程度の実費予定)
参加申し込み: https://smartse.jp/information/2018/0526151754/
共催:
文部科学省社会人教育事業enPiT-Proスマートエスイー
早稲田大学GSELゴール指向経営研究会
協賛・後援(依頼中含む):
NPO法人トップエスイー教育センター
情報処理学会ソフトウェア工学研究会
 情報処理学会ソフトウェア工学研究会要求工学ワーキンググループ
日本ソフトウェア科学会ソフトウェア工学の基礎研究会
日本ソフトウェア科学会機械学習工学研究会
電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会

プログラム(予定):

17:30-17:35 オープニング
鷲崎弘宜(早稲田大学/NII/システム情報/エクスモーション、スマートエスイー代表)

17:35-18:25 基調講演: ゴール指向要求工学とエンタープライズアーキテクチャ
山本修一郎(名古屋大学)

18:25-18:45 解説: GQM+Strategiesによるゴール指向戦略入門
新谷勝利(早稲田大学)

18:45-19:05 事例: ゴール指向による組織目標管理の事例紹介
野村典文(CTC伊藤忠テクノソリューションズ)

19:05-19:25 講演: データ駆動ペルソナとそのサービス適用(ICSE 2018 NIER)
渡邊泰宏(早稲田大学)

19:25-19:30 クロージング