おすすめ投稿

Prof. Washizaki will run for IEEE Computer Society 2021-2023 Board of Governors Election 鷲崎教授がIEEE CS理事候補に選出・選挙8月3日-9月21日

Prof. Washizaki will run for IEEE Computer Society 2021-2023 Board of Governors Election. It will take place in this Aug 3-Sep 21. His position statements incl. (1) Building Bodies of Knowledge incl. SWEBOK in the era of smart systems and computing, (2) Digital support in COVID-19 era, (3) Membership promotion incl. students and young professionals, and (4) Expanding academia-industry-government-society collaborations. Please consider your vote!

You can read his full statements at http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/washizaki/

鷲崎教授がIEEE Computer Society理事候補に選出されました。選挙8-9月。これまでIEEE CS では Professional & Educational Activities Board にて長く活動機会を得て、特にソフトウェアエンジニアリング知識体系SWEBOK の改訂をリードして参りました。SWEBOK 約20年の歴史において北米外からのリードは私が初めてになります。IEEE CS Japan Chapterでは長く役員を務め、Chair を一定期間務めてまいりました。またIEEE Transactions on Emerging Topics in Computing の Assoc. Editor、様々な IEEE/IEEE CS 主催会議のステアリング委員、プログラム委員長を務めてまいりました。

抱負として、(1) SWEBOK 改訂を代表としたスマートシステム・コンピューティング時代にふさわしい知識体系の構築と展開、(2) 困難な時代におけるリモート会議環境やデジタルライブラリアクセスに代表される学会からのデジタルサポートの充実、(3) 特に若手や学生を中心とした会員の拡大、(4) 他のソサエティを含む産学官連携の拡充、を掲げております。抱負の全文はこちらからご覧いただけます。宜しければぜひご支援のほど何卒宜しくお願い致します。

JISA 要求工学WGにおいて講演および議論

鷲崎教授がJISA 要求工学WGにおいてSE4BSの解説講演を実施し、REBOKの今後も含めて活発な議論がありました。

鷲崎弘宜、萩本順三ほか, “社会やビジネスに新たな価値を生み出すソフトウェア工学”, 情報サービス産業協会(JISA)要求工学グループ, 2020年7月10日

ガイオ・テクノロジー社との共同研究についてPR

ガイオ・テクノロジー社との共同研究についてPRが出ました。記載のようにLLVMベースで優れたコードクローン検出を実現しています。測定評価機会がありましたらぜひお声がけください。

日経クロステックActive, 【ガイオの技術力を紹介!】LLVMを適用したコードクローン検査ツールに関する大学との共同研究, 2020/6/20

Framework and Value-Driven Process of Software Engineering for Business and Society (SE4BS), accepted for EAIS 2020

Hironori Washizaki, Junzo Hagimoto, Kazuo Hamai, Mitsunori Seki, Takeshi Inoue, Shinya Taniguchi, Hiroshi Kobayashi, Kenji Hiranabe and Eiichi Hanyuda, “Framework and Value-Driven Process of Software Engineering for Business and Society (SE4BS),” 5th International Conference on Enterprise Architecture and Information Systems (EAIS 2020), September 1-15, 2020.

日本経済新聞 科学技術面でスマートエスイー取材・鷲崎教授コメント掲載

2020年7月6日 日本経済新聞 朝刊9面「IT活用、遅すぎた夜明け 大学改革の突破口に」特集にてコロナ禍での #SmartSE スマートエスイーにおけるAI・IoT×ビジネスのオンライン教育の取り組み、ならびに、秋からのオンライン主体のコース履修制度が鷲崎教授のコメントを添えて大きく取り上げられました。ぜひご覧ください。

Prof. Washizaki Joined SERP4IoT2020 collocated with ICSE and present Landscape of IoT Patterns.

Prof. Washizaki jJoined #SERP4IoT collocated with #ICSE and present Landscape of IoT Patterns.

Hironori Washizaki, Shinpei Ogata, Atsuo Hazeyama, Takao Okubo, Eduardo B. Fernandez and Nobukazu Yoshioka, “Landscape of Architecture and Design Patterns for IoT Systems,” 2nd International Workshop on Software Engineering Research & Practices for the Internet of Things (SERP4IoT 2020), Colocated with the 42st ACM/IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE 2020)

鷲崎教授がMLSE夏合宿にて「パターン(ランゲージ)によるKnow Why/What/How の言語化・文書化と発展, MLSE夏合宿」と題し講演

鷲崎教授がMLSE夏合宿にて「パターン(ランゲージ)によるKnow Why/What/How の言語化・文書化と発展, MLSE夏合宿」と題し講演しました。

鷲崎弘宜, “パターン(ランゲージ)によるKnow Why/What/Howの言語化・文書化と発展”, MLSE夏合宿, 2020年7月3日

『チャギントン』プログラミングアプリが登場(鷲崎教授、カリキュラム監修担当)

フジテレビュー!!, 『チャギントン』プログラミングアプリが登場 茂木健一郎も「大人も脳の若返り効果に期待」, 2020年6月30日

@Press, 未就学児から学べる! 人気鉄道アニメ「チャギントン」からプログラミングアプリが登場! 6月28日(日)より一般ユーザー向けサービスが遂にスタート!, 2020年6月30日