IPSJ holds 5th AI Programming Contest SamurAI Coding 2016-17. Submit your AI program to win the game! Due: Feb 11


IPSJ holds 5th AI Programming Contest SamurAI Coding 2016-17. Submit your AI program to win the game! Due: Feb 11

情報処理学会 国際 人工知能プログラミングコンテスト: SamurAI Coding 2016-17 エントリ募集始まりました!上位入賞者には賞金贈呈予定。今年で5回目。締め切り2月12日20:59日本時間。ぜひ挑戦ください。

banner

An Interactive Web Application Visualizing Memory Space For Novice C Programmers, accepted at ACM SIGCSE 2017 (CORE Rank A) as poster.


Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “An Interactive Web Application Visualizing Memory Space For Novice C Programmers,” 48th ACM Technical Symposium on Computer Science Education (SIGCSE 2017), poster, March 8 – 11, 2017, Seattle, Washington, USA (to appear)(CORE Rank A)(acceptance rate 34.5% = 48/139)

The concept of memory management in C programming language is particularly challenging for novice programmers. Consequently, many researchers have proposed program visualization tools to alleviate these difficulties: for example, SeeC is one of the state-of-the-art tools for visualizing the behavior and execution status of C programs. However, three problems (P1–3) remain in SeeC, as well as in other existing visualization tools. P1 (Usability): SeeC requires many steps to revisualize modified source code. P2 (Capability): SeeC does not fully support dynamic memory allocation. P3 (Installability): novice programmers often find installation of SeeC challenging due to its dependency on Clang. We propose a new visualization tool named PlayVisualizerC (PVC) for novice C programmers, which provides three solutions (S1–3) for P1–3. S1: PVC reduces the steps required for revisualization. S2: complete support for dynamic memory allocation. S3: designed to be installed in the user’s web browser. From a small-scale experiment and a questionnaire given to 20 students, we found that a set of four programming tasks were solved 1.8 times faster and 24% more correctly using PVC.

IPA SEC journal 2017年3月号掲載予定 GQM+Strategiesによる組織目標と戦略の整合化および目標定量管理の実践と拡張


鷲崎弘宜、新谷勝利、青木耀平、志村千万輝、“GQM+Strategiesによる組織目標と戦略の整合化および目標定量管理の実践と拡張 – SEC WGおよび早稲田大学ゴール指向経営研究会の活動より”, IPA SEC journal, 2017年3月 (掲載予定)

IPA/SECにおいては2007年10月から、フラウンホーファー研究機構実験的ソフトウェアエンジニアリング研究所(IESE)と共同でGQM+Strategies(目標・質問・メトリクス+戦略)の研究に取り組んできた。GQM+Strategiesは、組織のあらゆる箇所や階層において目標と戦略を、定量管理可能な形で整合させ、改善させ続ける手法である。IESEの名称が「実験的」と冠するように、SECとの取り組みにおいて企業における複数回の実践を経て手法の洗練化が図られた。また、一般へと展開すべく、SECにおけるWG(作業部会)にて教材を作成し、SEC主催セミナーを実施している。さらに2013年4月からは、活動主体を早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所・ゴール指向経営研究会に移行させて、さらなる研究、実践、教育・普及に取り組んでいる。具体的には、GQM+Strategiesにおいて作業成果の質が分析者の経験や観点に大きく依存するため、その改善と発展を意図した様々な手法を研究し、企業における適用を経て有効性を確認している。本稿では研究成果を中心としてゴール指向経営研究会の活動を紹介するとともに、システムズエンジニアリングの観点からGQM+Strategiesを解説する。なお、SECにおけるWG活動成果についてはSECジャーナルの過去の解説 [1][2]を参照されたい。

G7 PROGRAMMING LEARNING SUMMITを早稲田大学にてフジテレビKIDS、D2Cほかと共同開催


プログラミング学習・教育ツールの展示体験ならびに調査研究イベント G7 PROGRAMMING LEARNING SUMMITを早稲田大学にてフジテレビKIDS、D2Cほかと共同開催し、約600名の大変多くのご来場をいただきました。多くのご参画、ご支援、ご参加をいただき有難うございました。趣旨説明についてぜひ下記をご参照ください。また多くの取材報道をいただいています。有難うございます。

CxDJ_8hUkAA-1yC CxDKAQCUAAANL59

JEITA組込み系ソフトウェア・ワークショップ2016にて鷲崎教授が基調講演「ソフトウェアエンジニアリングの全体とIoT時代のモデリングおよび関連する品質」


鷲崎弘宜、ソフトウェアエンジニアリングの全体とIoT時代のモデリングおよび関連する品質、基調講演、JEITA組込み系ソフトウェア・ワークショップ2016、2016年11月11日

SamurAI Coding 2016-17 has been supported by Kayamori Foundation of Informational Science Advancement 栢森情報科学振興財団 助成採択


IPSJ SamurAI Coding 2016-17 (Director: Prof. Washizaki) has been supported by Kayamori Foundation of Informational Science Advancement.
IPSJ SamurAI Coding 2016-17(代表: 鷲崎)について栢森情報科学振興財団による開催助成に採択されました。有難うございます。

Impact of Using a Static-type System in Computer Programming accepted at IEEE HASE 2017 student session (CORE Rank B)


Harlin Ismail Rizky, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Impact of Using a Static-type System in Computer Programming,” 18th IEEE International Symposium on High Assurance Systems Engineering (HASE 2017), student session, January 12 – 14, 2017, Singapore (to appear)

Static-type systems are a major topic in programming language research and the software industry. Static-type systems should reduce the development time and increase the code quality. Additionally, they are predicted to decrease the number of defects in a piece of code due to early error detection. However, there are only a few empirical experiments on the possible benefits of the static-type system in programming activities. This paper describes an experiment that tests whether static-type systems help developers create solutions for certain programming tasks. The results indicate that although the existence of a static-type system has no positive impact when subjects code a program from scratch, it does allow more errors in program debugging to be fixed.

日本経済新聞 11月2日朝刊にて早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所の活動ならびに鷲崎教授のビジョン掲載


日本経済新聞 11月2日朝刊にて早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所の活動ならびに鷲崎教授のビジョンが掲載されました。ソフトウェア品質評価やアジャイル開発、パターン、プログラミング教育などを取り上げていただいています。詳しくはぜひ新聞紙面(電子版はこちら)をご覧ください。世の中のご期待に応えられるように、より一層、取り組んでまいりまして社会へと引き続き実質的に貢献してまいります。

Nikkei-GSE-20161102-s

日経トレンディ別冊「文系の親でもゼロからわかるプログラミング」、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所およびフジテレビKIDSによる調査結果への言及、2016年10月31日


日経トレンディ別冊「文系の親でもゼロからわかるプログラミング」、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所およびフジテレビKIDSによる調査結果への言及、2016年10月31日

CwFmEYGUMAIFg_V