Result / 公開成果

Journals, International Conferences, Books and Magazines, Invited Talks, Media News, Others, Awards

Research results / 公開研究成果

Please refer to the Project page.

Journals / 論文誌

  1. Ali Sajjad Haris, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Systematic Review of Utilized ICTs in Quality Assurance and Accreditation of Higher Education and a Case Study of Developing Country,” EAI Endorsed Transactions on e-Learning, Special Issue on Information systems enabling digitalized advances in society, 2018 (DBLP indexed)(to appear)
  2. 掛下哲郎(佐賀大学),鷲崎弘宜(早稲田大学), “高度IT資格制度を対象とする国際規格ISO/IEC 24773”, 情報処理学会 デジタルプラクティス, 「情報分野における標準の戦略と実践」特集, Vol.10 No.1, pp.1-21, 2019.
  3. Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Bastian Tenbergen, “Personality and Learning Effectiveness of Teams in Information Systems Education Courses,” EAI Endorsed Transactions on e-Learning, Special Issue on Information systems enabling digitalized advances in society, No. 17, pp. 1-9, 2018 (DBLP indexed)
  4. Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yuki Noyori, Yoshiaki Fukazawa, Aoi Morizuki, Hiroyuki Shibata, Kentaro Ogawa, Mikako Ishigaki, Sachiyo Shiizaki, Teppei Yamaguchi and Tomoaki Yagi, “ID3P: Iterative Data-Driven Development of Personas to Improve Business Goals, Strategies, and Measurements,” Journal of Information Science and Engineering, Special Issue on Interdisciplinary Study on Software Engineering and Data Science, Vol. 34, No. 5, pp. 1141-1173, 2018. (SCIE, Scopus, DBLP indexded)
  5. Kei Ito, Joseph W. Yoder, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Pattern Language for Knowledge Handover when People Transition,” LNCS Transactions on Pattern Languages of Programming, Vol. 4, pp.1-32, 2018. (DBLP, Scopus indexed)(to appear)
  6. Takuya Watanabe, Mitsuaki Akiyama, Tetsuya Sakai, Hironori Washizaki, and Tatsuya Mori, “Understanding the Inconsistency between Behaviors and Descriptions of Mobile Apps,” IEICE Transactions on Information and Systems, Special Section on Information and Communication System Security, 2018. (SCIE, DBLP, Scopus indexed)(to appear)
  7. Hironori Washizaki, Yann-Gael Gueheneuc, Foutse Khomh, “ProMeTA: A Taxonomy for Program Metamodels in Program Reverse Engineering,” Empirical Software Engineering (EMSE) journal, Vol. 24, No. 3, pp. 2323-2358, 2018. (SCIE, Scopus, DBLP indexed)(invited by ICSME 2016 committee)
  8. Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, “Developer Experience Considering Work Difficulty in Software Development,” International Journal of Networked and Distributed Computing, Vol. 6, No.2, pp.53-62, 2018.(ESCI, Scopus indexed) (to appear)
  9. 鷲崎弘宜,津田直彦,本田澄,中井秀矩,深澤良彰,東基衛, 込山俊博, 中野正,鈴木啓紹, “国際規格に基づく総合的なソフトウェア品質評価枠組みとその実製品適用による品質ベンチマーク”, SEC journal, Vol. 14, No. 1, pp. 26-41, 2018.
  10. 小島嘉津江,森田純恵,廣瀬竹男,若本雅晶,菊池慎司,楾晃歓,鷲崎弘宜, “ソフトウェア品質技術が品質特性に与える効果の見える化とその検証”, SEC journal, Vol. 14, No. 1, pp. 50-57, 2018.
  11. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics,” Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Vol. 13, No. 7, Springer, pp.1-20, 2018. (invited by ICCE 2017 committee)
  12. Mohab Aly, Foutse Khomh, Yann-Gaël Guéhéneuc, Hironori Washizaki, Soumaya Yacout, “Is Fragmentation a Threat to the Success of Internet of Things?”, IEEE Internet of Things Journal (to appear)
  13. 齋藤大輔, 佐々木綾菜, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 武藤優介ほか, “小学生を対象としたプログラミング教育のためのルーブリックの提案”, 日本STEM学会論文誌 STEM教育研究, Vol. 1, pp. 1-10, 2018.
  14. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Model and Applications,” International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering (IJSEKE), Vol. 27, No. 6, pp.967–993, 2017. (SCIE, Scoups, DBLP Indexed)
  15. Rizki Amelia, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe, Ryosuke Tsuchiya, “An Empirical Study on Relationship Between Requirement Traceability Links and Bugs,” Journal of software (JSW), Vol. 12, No.5, pp.315-325, 2017. (DBLP Indexed)
  16. Ismail Rizky Harlin, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Impact of Using a Static-type System in Computer Programming,” Journal of software (JSW), Vol. 12, No. 8, pp.598-611, 2017. (DBLP Indexed)
  17. Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Comparison of Text-Based and Visual-Based Programming Input Methods for First-Time Learners,”  Journal of Information Technology Education: Research (JITE: Research), Vol.16, pp.209-226, 2017. (ESCI, Scopus, DBLP Indexed)
  18. Ryosuke Ishizue, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa and Katsushi Namba, “Metrics Visualization Techniques based on Historical Origins and Functional Layers for Developments by Multiple Organizations,”International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering (IJSEKE), Vol.28, No.9, pp.1-25, 2018. (SCIE, Scopus, DBLP Indexed)
  19. Yijun Yu, Haruhiko Kaiya, Nobukazu Yoshioka, Zhenjiang Hu, Hironori Washizaki, Yingfei Xiong, Amin Hosseinian-Far, “Goal Modelling for Security Problem Matching and Pattern Enforcement,” International Journal of Secure Software Engineering (IJSSE), Vol.8, No.3, pp.42-57, 2017. (DBLP Indexed)
  20. Ryushi Shiohama, Hironori Washizaki, Shin Kuboaki, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa, Investigating the relationship between project constraints and appropriate iteration length in agile development through simulations, International Journal of Computer Applications in Technology (IJCAT), Vol.54, No.4, pp.311-322, 2016. (ESCI, DBLP indexed)
  21. Yusuke Sunaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, and Masashi Okubo, “Relation between Combinations of Personal Characteristic Types and Educational Effectiveness for a Controlled Project-based Learning Course,” IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing, Vol.5, No.1, pp.69-76, 2016. (SCIE, DBLP Indexed)
  22. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Madiha H. Syed, “Modeling and Security in Cloud Ecosystems,” Future Internet, Special Issue Security in Cloud Computing and Big Data, Vol.8, No.13(2), pp.1-15, 2016.  (ESCI, DBLP Indexed)
  23. Masatoshi Yoshizawa, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka, “Implementation Support of Security Design Patterns Using Test Templates,” Information, Special Issue on Evaluating the Security of Complex Systems, Vol.7, No.2(34), pp.1-19, 2016. (ESCI, DBLP Indexed)
  24. Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Daisuke Hirabayashi, Katsutoshi Shintani, Yasuko Okazaki, and Yasuhiro Kikushima, “Exhaustive and efficient identification of rationales using GQM+Strategies with stakeholder relationship analysis,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.9, pp.2219-2228, 2016. (SCIE, DBLP indexed)
  25. Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Tadahisa Kato, Masumi Kawakami and Kentaro Yoshimura, Recovering Traceability Links between Requirements and Source Code using the Configuration Management Log,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.98-D, No.4, pp.852-862, 2015. (SCIE, DBLP Indexed)
  26. 坂本 一憲、本田 澄、音森 一輝、山崎 頌平、服部 真智子、松浦 由真、高野 孝一、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、“まねっこダンス:真似て覚えるプログラミング学習ツール”、コンピュータソフトウェア、日本ソフトウェア科学会, Vol.32, No.4, pp.74-92, 2015.
  27. 高澤 亮平、坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”RepositoryProbe: リポジトリマイニングのためのデータセット作成支援ツール”、コンピュータソフトウェア、日本ソフトウェア科学会、Vol.32、No.4、pp.103-114、2015.
  28. Frederik Nakstad, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Finding and Emulating Keyboard, Mouse, and Touch Interactions and Gestures while Crawling RIAs,” International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering (IJSEKE), Volume 25, Issue 9-10, pp.1777-1781, November & December 2015. (SCIE, DBLP indexed)
  29. Takanori Kobashi, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Takao Okubo, Yoshiaki Fukazawa, “Validating Security Design Pattern Applications by Testing Design Models,” International Journal of Secure Software Engineering, Vol. 5, Issue 4, pp.1-30, 2014.
  30. Satoru Uchiyama, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Detecting Design Patterns in Object-Oriented Program Source Code by using Metrics and Machine Learning”, Special Issue on Design Patterns, Journal of Software Engineering and Applications, Vol.7, No.12, pp.983-998, 2014. (JSEA-DP-2014.pdf)
  31. 青井翔平, 坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰, DePoT Webアプリケーションテストにおけるテストコード自動生成テスティングフレームワーク, 情報処理学会論文誌,  Vol.56, No.3, pp.835-846, 2015.
  32. 中野聡之, 角谷将司, 鈴木翔太, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 羽生田栄一, 本橋正成, 三上 徹也, “パターンの構造化を利用したパターンランゲージの拡充”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.11, pp.2705-2709, 2013. (PDF)
  33. 伊藤弘毅, 志水理哉, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “トレーサビリティリンク回復を通じたトレーサビリティ測定と改善支援”, コンピュータソフトウェア, Vol.30, No.3, pp.3_123-3_129, 2013.(PDF)
  34. 伊永祥太, 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, 玉木学, “情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係”, 工学教育, Vol.61, No.5, pp.88-93, 日本工学教育協会, 2013. (PDF, 工学教育2013.pdf)
  35. 神谷知行, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Refactoring Script:再利用可能なリファクタリングスクリプトと処理系”, 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO), Vol.6, No.3, pp.33-45, 2013.(RefactoringScript-pro.pdf)
  36. 新原敦介、小川秀人、鷲崎弘宜、”フィーチャ分析と充足可能性判定を用いたシステムテストに向けたシステム構成導出”、情報処理学会論文誌、Vol.55, No.2, pp.922-938, 2014.
  37. 前澤 悠太, 鷲崎 弘宜, 本位田 真一, “インタラクションに着目したRich Internet Applications の欠陥発見の支援”, 情報処理学会論文誌, Vol.54(No.2),  Vol.54, No.2, pp.820-834, 2013年02月 (PDF)
  38. 坂本 一憲, 大橋 昭, 太田 大地, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “UNICOEN: 複数プログラミング言語対応のソースコード処理フレームワーク”, 情報処理学会論文誌, Vol.54(No.2), pp.945-960, 2013年02月 (PDF)
  39. 大橋昭, 久保淳人, 水町友彦, 江口和樹, 村上真一, 高橋竜一, 鷲崎弘宜, 深澤良彰ほか, “AOJS:JavaScriptのためのアスペクト指向プログラミング・フレームワーク”, コンピュータソフトウェア, 岩波書店, Vol.28, No.3, pp114-131, 2011.(PDF)
  40. Kazunori Sakamoto, Fuyuki Ishikawa, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Open Code Coverage Framework: A Framework for Consistent, Flexible and Complete Measurement of Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E94-D, No.12, pp.2418-2430, 2011.(PDF)
  41. 鷲崎弘宜, 坂本一憲, 大杉直樹, 権藤克彦, 服部哲, 久保淳人, 小林隆志, 大月美佳, 丸山勝久, 榊原彰, “デザインパターンへのソフトウェア工学的取り組み”, コンピュータソフトウェア, 岩波書店, Vol.29, No.1, pp.1_130-1_146, 2012.(PDF)
  42. 坂本一憲, 大橋昭, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “コンピュータプレイヤーのプログラム作成を通して競い合うゲームプラットフォームの開発を支援するフレームワーク”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-D, No.3, pp.412-424, 2012.(PDF)
  43. 鷲崎弘宜, 深谷和宏, 久保淳人, 深澤良彰, “パターン適用前のソースコードを用いたデザインパターン検出”, コンピュータソフトウェア, Vol.27, No.2, pp136-141, 2010.(PDF)
  44. 雁行進夢, 久保淳人, 鈴木三紀夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”, 情報処理学会論文誌, Vol.50, No.12, pp3052-3073, 2009.(PDF)
  45. 中山弘之, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 重要度算出に基づくソフトウェアパターン検索システム, コンピュータソフトウェア Vol.25, No.2, pp.114-134, 2008.(PDF)
  46. Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Katsuhisa Maruyama, “A survey on security patterns,” Progress in Informatics, No.5, pp.35-47, 2008.
  47. 鷲崎弘宜, 波木理恵子, 福岡呂之, 原田洋子, 渡辺博之, “プログラムソースコードのための実用的な品質評価枠組み”, 情報処理学会論文誌, 48(8), p.2637 – 2650, 2007年
  48. Hironori Washizaki, Yasuhide Kobayashi, Hiroyuki Watanabe, Eiji Nakajima, Yuji Hagiwara, Kenji Hiranabe, and Kazuya Fukuda, “Quality Evaluation of Embedded Software in Robot Software Design Contest,” Progress in Informatics, Vol.4, pp.63-78, 2007.
  49. Thepparit Banditwattanawong, Soichiro Hidaka, Hironori Washizaki and Katsumi Maruyama, “SOOM: Scalable Object-Oriented Middleware for Cooperative and Pervasive Computings”, IEICE Transactions on Communications, Vol.E90-B, No.4, pp.728-741, 2007.
  50. Hironori Washizaki, Daiki Hoshi, and Yoshiaki Fukazawa, “A Flexible Connection Model for Software Components,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.4, pp.1421-1431, 2006.
  51. Thepparit Banditwattanawong, Soichiro Hidaka, Hironori Washizaki and Katsumi Maruyama, “Optimization of Program Loading by Object Class Clustering”, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol.1, No.4, pp.397-407, John Wiley & Sons, 2006.
  52. Thepparit Banditwattanawong, Soichiro Hidaka, Hironori Washizaki and Katsumi Maruyama, “Cluster Replication for Distributed Java-Object Caching,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E89-D, No.11, pp.2712-2723, 2006.
  53. Hironori Washizaki, Satoru Takano, and Yoshiaki Fukazawa, “A System for Visualizing Binary Component-based Software Structure with Component Functional Size,” WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.7, No.3, pp.1222-1230, 2006.
  54. Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa, “Extracting Relations among Embedded Software Design Patterns,” Journal of Integrated Design and Process Science, Vol.9, No.3, pp.39-52, 2006.
  55. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Technique for Automatic Component Extraction from Object-Oriented Programs by Refactoring,” Science of Computer Programming, Vol.56, No.1-2, pp99-116, 2005.
  56. Hironori Washizaki, Mai Motomura, and Yoshiaki Fukazawa, “A Web-based Trial Execution System for Software Components,” WSEAS Transactions on Computers, Issue 3, Vol.4, pp319-326, 2005.
  57. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Component-Extraction-based Program Reuse System,” WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.4, No.2, pp.349-355, 2005.
  58. 久保淳人, 鷲崎弘宜,高須淳宏, 深澤良彰, “文書中のパターン間の文書類似度による関連分析”, 日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, 3(3), p.13 – 16, 2004年
  59. 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “オブジェクト指向クラス間依存解析に基づくコンポーネント抽出”, コンピュータソフトウェア, 21(2), p.37 – 43, 2004年
  60. 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “細粒度コンポーネント環境における動的かつ階層的Undo機構の実現”, 情報処理学会論文誌, 44(1), p.143 – 155, 2003年
  61. 山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “再利用特性に基づくコンポーネントメトリクスの提案と検証”, コンピュータソフトウェア, 19(5), p.13 – 25, 2002年
  62. 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “有向置換性類似度に基づくコンポーネント検索方式の実現と評価”, 情報処理学会論文誌, 43(6), p.1638 – 1653, 2002年
  63. 坂井悠樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “コンポーネント環境における独立条件記述に基づく条件テスト手法”, コンピュータソフトウェア, 19(5), p.26 – 39, 2002年
  64. 鷲崎弘宜, 元村五月, 深澤良彰, “コンポーネント試行システムの開発と評価”, コンピュータソフトウェア, 19(1), p.44 – 48, 2002年
  65. 鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰, “モデル/ビュー分離アーキテクチャBeaMの機構とその評価”, 情報処理学会論文誌, 42(10), p.2452 – 2465, 2001年

International conferences and workshops / 国際会議

  1. Masaki Hosono, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa and Kiyoshi Honda, “An Empirical Study on the Reliability of the Web API Document,” 25th Asia-Pacific Software Engineering Conference, Poster, 4-7 December 2018, Nara, Japan
  2. Yuper Lay Myint, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukuzawa, Hideyuki Kanuka, Hiroki Ohbayashi, “Test case reduction based on the join condition in pairiwise coverage-based database testing,” 5th International Workshop on Software Test Architecture (InSTA 2018), April 13, 2018, Västerås, Sweden, conjunction with ICST 2018
  3. Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki, Takayoshi Suzuki, Takayoshi Suzuki, “Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development,” 40th International Conference on Software Engineering (ICSE 2018)(CORE Rank A*), New Ideas and Emerging Results (NIER) Track, May 27 – 3 June 2018, Gothenburg, Sweden
  4. Ryo Ishizuka, Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura and Yuichiro Yasuda, “Characteristics of source code degrading quality in software development by multiple organizations,” 3rd IEEE/ACIS International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2018), July 10 – 12, 2018, Yonago, Japan
  5. Atsuo Hazeyama, Shun’ichi Tanaka, Takafumi Tanaka, Hiroaki Hashiura, Seiji Munetoh, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, “Security Requirement Modeling Support System using Software Security Knowledge Base,” 6th IEEE International COMPSAC Workshop on Architecture, Design, Deployment and Management of Networks and Applications (ADMNET 2018), Tokyo, July 23-27, 2018.
  6. Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hideyuki Kanuka, Keishi Ooshima, Ryosuke Tsuchiya, “Improved Searchability of Bug Reports Using Content-based Labeling with Machine Learning of Sentences,” 12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE’18), pp. 75-85, August 27-30 2018, Ionian University, Corfu, Greece
  7. Yukiya Yazawa, Shinpei Ogata, Kozo Okano, Haruhiko Kaiya, “Tool to Automatically Generate a Screen Transition Model Based on a Conceptual Model,” 12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE’18), pp. 158-167, August 27-30 2018, Ionian University, Corfu, Greece
  8. Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yuichiro Yasuda and Shunsuke Sugimura, “Machine Learning to Evaluate Evolvability Defects: Code Metrics Thresholds for a Given Context,” The 18th IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security (QRS 2018), July 16 – 20, 2018, Lisbon, Portugal (CORE Rank B)(acceptance rate 33/171 =19%)
  9. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Evaluating the degree of security of a system built using security patterns,” The 13th International Workshop on Frontiers in Availability, Reliability and Security (FARES 2018), in conjunction with the 13th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES 2018), August 27 – August 30, 2018, Hamburg, Germany
  10. Pablo Alejandro Quezada-Sarmiento, Hironori Washizaki, Liliana Enciso, Wilmar Herhandez, “Body of Knowledge on IoT Education,” 4th International Conference on Web Information Systems and Technologies (WEBIST 2018), Special Session on Internet of Things and Smart Communities (ITSCO 2018), 18 – 20 September, 2018 – Seville, Spain (CORE Rank C)
  11. Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, “Empirical Study on Specification Metrics to Predict Volatility and Software Defects,” IEEE TENCON 2018, Jeju, Korea, Oct 28-31, 2018 (CORE Rank C)(to appear)
  12. Jati H. Husen, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study,” IEEE TENCON 2018, Jeju, Korea, Oct 28-31, 2018 (CORE Rank C)(to appear)
  13. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki and Takayoshi Suzuki, “Empirical Study on Tendencies for Unstable Situations in Application Results of Software Reliability Growth Model,” The 29th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2018), Industry Track, Memphis, USA, October 15-18, 2018 (CORE Rank A)(to appear)
  14. Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yuki Noyori, Yoshiaki Fukazawa, Aoi Morizuki, Hiroyuki Shibata, Kentaro Ogawa, Mikako Ishigaki, Satiyo Shiizaki, Teppei Yamaguchi and Tomoaki Yagi, “ID3P: Iterative Data-Driven Development of Persona based on quantitative evaluation and revision,” 10th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering (CHASE 2017), collocated with ICSE 2017, Buenos Aires, Argentina, May 23, 2017.
  15. Yohei Aoki, Hironori Washizaki, Chimaki Shimura, Yuichiro Senzaki, Yoshiaoki Fukazawa, “Experimental Evaluation of HoRIM to Improve Business Strategy Models,” 16th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2017), May 24-26, 2017, Wuhan, China. (CORE Rank C)
  16. Haruhiko Kaiya, Ryohei Sato, Atsuo Hazeyama, Shinpei Ogata, Takao Okubo, Takafumi Tanaka, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Preliminary Systematic Literature Review of Software and Systems Traceability,” 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES 2017), Session on Networks for Innovation, Knowledge Creation and Sharing, Marseille, France, Sep 6-8, 2017. (to appear)(CORE Rank B)
  17. Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Fukazawa Yosiaki, Inoue Sakae, Yosiiku Hanai and Masanobu Kanazawa, “Evaluating the Work of Experienced and Inexperienced Developers Considering Work Difficulty in Software Development,” 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, June 26-28, 2017, Kanazawa, Japan. (to appear)(CORE Rank C)
  18. Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo and Bastian Tenbergen, “Relationship Between the Five Factor Model Personality and Learning Effectiveness of Teams in Three Information Systems Education Courses,” 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, June 26-28, 2017, Kanazawa, Japan. (to appear)(CORE Rank C)
  19. Shinpei Ogata, Yukiya Yazawa, Kozo Okano, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, “Traceability Link Mining – Focusing on Usability -,” 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2017), Fast Abstract, Torino, Turin, Italy, July 4-8, 2017.
  20. Hironori Washizaki, Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Bastian Tenbergen, “Combinations of Personal Characteristic Types and Learning Effectiveness of Teams,” 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2017), J1/C2 – Journal First, Conference Second Scheme, Torino, Turin, Italy, July 4-8, 2017.
  21. Pablo Alejandro Quezada-Sarmiento, Hironori Washizaki, Juan Garbajosa and Liliana Enciso, “Knowledge Description Model for Bodies of Knowledge in Software Engineering Context,” 12th Iberian Conference on Information Systems and Technologies (CISTI 2017), 21 to 24 of June 2017, Lisboa, Portugal.
  22. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A Student Placement Predictor for Programming Class Using Class Attitude, Psychological Scale, and Code Metrics,” 25th International Conference on Computers in Education (ICCE 2017), Rydges Latimer hotel, Christchurch, New Zealand, December 4-8 2017. (CORE Rank B)
  23. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki and Takayoshi Suzuki, “Empirical Study on Recognition of Project Situations by Monitoring Application Results of Software Reliability Growth Model,” Fostering Industry-Academic Software Reliability Studies (FIARS) Workshop, Co-located with ISSRE 2017, October 23-26, Toulouse, France
  24. Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yusuke Muto, “Program Learning for Beginners: Survey and Taxonomy of Programming Learning Tools,” IEEE 9th International Conference on Engineering Education (ICEED 2017), Kanazawa, Japan, 9th-10th November 2017.
  25. Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yusuke Muto, “Quantitative Learning Effect Evaluation of Programming Learning Tools,” 6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE2017), 12-14 December 2017, The Education University of Hong Kong, Tai Po, Hong Kong
  26. Ali Sajjad HARIS, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Utilization of ICTs in Quality Assurance and Accreditation of Higher Education: Systematic Literature Review,” 6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE2017), Short Paper, 12-14 December 2017, The Education University of Hong Kong, Tai Po, Hong Kong
  27. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “PVC: Visualizing Memory Space on Web Browsers for C Novices,” 49th ACM Technical Symposium on Computer Science Education (SIGCSE 2018), full paper, February 21st – 24th, Baltimore, Maryland, USA (CORE Rank A)
  28. Haruhiko Kaiya, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Takao Okubo, Atsuo Hazeyama, Shinpei Ogata and Takafumi Tanaka, “Eliciting requirements for improving users’ behavior using transparency,” Asia-Pacific Requirements Engineering Symposium (APRES), Melaka, Malaysia, 9-10 November 2017.
  29. Tian Xia, Hironori Washizaki, Takehisa Kato, Haruhiko Kaiya, Shinpei Ogata, Eduardo B. Fernandez, Hideyuki Kanuka, Masayuki Yoshino, Dan Yamamoto, Takao Okubo, Nobukazu Yoshioka and Atsuo Hazeyama, “Cloud Security and Privacy Metamodel: Metamodel for Security and Privacy Knowledge in Cloud Services,” 6th International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development (MODELSWARD 2018), short paper, pp.379-386, FUNCHAL, MADEIRA – Portugal 22 – 24 January, 2018.
  30. Yuichiro Senzaki, Siyuan Liu, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hiroshi Kobayashi and Masaharu Adachi, “A Web Application to Manage and Improve Software Development Projects by SEMAT Essence,” 5th International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoQ 2017), in conjunction with the 24th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2017), Nanjing, Jiangsu, China, 4th December 2017
  31. Joseph W. Yoder, Hironori Washizaki, Ademar Aguiar, “Deliver Fast with Confidence: The Slack Time Pattern,” 7th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2018), March 1-2, 2018, Tokyo, Japan
  32. EDUARDO B. FERNANDEZ, NOBUKAZU YOSHIOKA, HIRONORI WASHIZAKI, JOSEPH YODER, “An abstract security pattern for Authentication and a derived concrete pattern, the Credential-based Authentication,” 7th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2018), March 1-2, 2018, Tokyo, Japan
  33. Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, “How Are Effective Combinations of Personal Characteristic types different in Controlled Project-Based Learning Courses?,” Proceedings of the 29th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2016), short paper, Dallas, USA, April 5-6, 2016. (CORE Rank C)(to appear)
  34. Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, “Learning Effectiveness of Team Discussions in Various Software Engineering Education Courses,” Proceedings of the 29th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2016), short paper, Dallas, USA, April 5-6, 2016. (CORE Rank C)(to appear)
  35. Chihiro Uchida, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Kentaro Ogawa, Tomoaki Yagi, Mikako Ishigaki, Masashi Nakagawa, “GO-MUC: A Strategy Design Method Considering Requirements of User and Business by Goal-Oriented Measurement,” 9th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering (CHASE 2016), short paper, collocated with ICSE 2016, Autin, Texas, USA, May 16, 2016. (to appear)
  36. Koji Tsumura, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe, “Pairwise Coverage-based Testing with Selected Elements in a Query for Database Applications,” 5th International Workshop on Combinatorial Testing (IWCT 2016), collocated with ICST 2016, Chicago, USA, April 10, 2016. (to appear)
  37. Pablo Alejandro Quezada-Sarmiento, Juan Garbajosa, Liliana Pacheco-Jara, Hironori Washizaki, Liliana Enciso, “Curricular Design based in Bodies of Knowledge: Engineering Education for the Innovation and the Industry,” SAI Computing Conference 2016, July 13-15, 2016, London, UK. (to appear)
  38. Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Influence of the Programming Environment on Programming Education,” Poster, 21th Annual Conference on Innovation and Technology in Computer Science Education (ITiCSE 2016) (CORE Rank A), Arequipa, Peru, July 11-13, 2016. (to appear)
  39. Haruhiko Kaiya, Nobukazu Yoshioka, Takao Okubo, Hironori Washizaki and Atsuo Hazeyama, “Requirements Analysis for Privacy Protection and Third Party Awareness using Logging Models,” 15th International Conference on Intelligent Software Methodologies, Tools and Techniques (SOMET 2016) (CORE Rank B), September 12-14, 2016, Larnaca, Cyprus.
  40. Hironori Washizaki, Sota Fukumoto, Misato Yamamoto, Masatoshi Yoshizawa, Yoshiaki Fukazawa, Shinpei Ogata, Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Takehisa Kato, Haruhiko Kaiya, Hideyuki Kanuka, Yuki Kondo, Takao Okubo, Atsuo Hazeyama, “A Metamodel for Security and Privacy Knowledge in Cloud Services,” Proceedings of the 12th IEEE World Congress on Services (IEEE SERVICES 2016) (CORE Rank B), Poster Paper, pp. 142-143, June 27 – July 2, 2016, San Francisco, USA.
  41. Hidenori Nakai, Naohiko Tsuda, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Initial Framework for a Software Quality Evaluation based on ISO/IEC 25022 and ISO/IEC 25023,” Poster, The 2016 IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security (QRS 2016)(CORE Rank B), Vienna, Austria, August 1-3, 2016 (to appear)
  42. Kiyoshi Honda, Nobuhiro Nakamuray, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “An Industrial Case Study of Project Management Using Cross Project Software Reliability Growth Model,” Poster, The 2016 IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security (QRS 2016)(CORE Rank B), Vienna, Austria, August 1-3, 2016 (to appear)
  43. Kiyoshi Honda, Nobuhiro Nakamuray, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Case Study: Project Management Using Cross Project Software Reliability Growth Model,” IEEE International Workshop on Trustworthy Computing, collocated with QRS 2016, Vienna, Austria, August 1-3, 2016 (to appear)
  44. Hironori Washizaki, Yann-Gael Gueheneuc, Foutse Khomh, “A Taxonomy for Program Metamodels in Program Reverse Engineering,” 32nd IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME) (CORE Rank A), October 2-10, Raleigh, North Carolina, USA. (to appear) (acceptance rate 29%=37/127)
  45. Atsuo Hazeyama, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya, Takao Okubo, “Literature Survey on Technologies for Developing Privacy-aware Software,” 3rd International Workshop on Evolving Security and Privacy Requirements Engineering (ESPRE), co-located with the RE’16 conference, 12-13 September 2016, Beijing, China (to appear)
  46. Ryosuke Ishizue, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa and Katsushi Namba, “Metrics visualization technique based on the origins and function layers for OSS-based development,” 4th IEEE Working Conference on Software Visualization (VISSOFT 2016), NIER Track, Raleigh, North Carolina, USA, October 3-4, 2016. (CORE Rank B)(to appear)
  47. Joseph W. Yoder, Rebecca WirfsBrock, Hironori Washizaki, “QA to AQ – Part Six – Being Agile at Quality,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2016), Monticello, Illinois, USA, OCTOBER 24-26, 2016. (to appear)(CORE Rank B)
  48. KEI ITO, HIRONORI WASHIZAKI, JOSEPH W.YODER, YOSHIAKI FUKAZAWA, “A Pattern Language for Handovers,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2016), Monticello, Illinois, USA, OCTOBER 24-26, 2016. (to appear)(CORE Rank B)
  49. Hironori Washizaki, Yann-Gael Gueheneuc, Foutse Khomh, “Patterns for Program Reverse Engineering from the Viewpoint of Metamodel,” 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2016), Monticello, Illinois, USA, OCTOBER 24-26, 2016. (CORE Rank B)
  50. Kiyoshi Honda, Nobuhiro Nakamura, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Case Study: Project Management Using Cross Project Software Reliability Growth Model Considering System Scale,” 27th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2016), Industry Track, Ottawa, Canada 23-27 October 2016. (to appear)(CORE Rank A)
  51. Hidenori Nakai, Naohiko Tsuda, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A SQuaRE-based Software Quality Evaluation Framework and its Case Study,“ IEEE TENCON 2016, Marina Bay Sands, Singapore, 22-25 November 2016. (to appear)(CORE Rank C)
  52. Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, Masanao Futakami, “Iterative Process to Improve GQM Models with Metrics Thresholds to Detect High-risk Files,” IEEE TENCON 2016, Marina Bay Sands, Singapore, 22-25 November 2016. (to appear)(CORE Rank C)
  53. Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Analysis of the Learning Effects Between Text-based and Visual-based Beginner Programming Environments,” 2016 IEEE 8th International Conference on Engineering Education (ICEED), 7th-8th December, Kuala Lumpur. (to appear)
  54. Chimaki Shimura, Hironori Washizaki, Takanobu Kobori, Yohei Aoki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Katsutoshi Shintani and Takuto Nonomura, “Identifying Potential Problems and Risks in GQM+Strategies Models Using Metamodel and Design Principles,” 50th Annual Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS-50), Waikoloa, Hawaii, Jan 4-7, 2017. (to appear)(CORE Rank A)
  55. Juhua Li, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Promotion of Educational Effectiveness by Translation-based Programming Language Learning Using Java and Swift,” 50th Annual Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS-50), Waikoloa, Hawaii, Jan 4-7, 2017. (to appear)(CORE Rank A)
  56. Harlin Ismail Rizky, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Impact of Using a Static-type System in Computer Programming,” 18th IEEE International Symposium on High Assurance Systems Engineering (HASE 2017), student session, January 12 – 14, 2017, Singapore (to appear) (CORE Rank B)
  57. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “An Interactive Web Application Visualizing Memory Space For Novice C Programmers,” 48th ACM Technical Symposium on Computer Science Education (SIGCSE 2017), poster, March 8 – 11, 2017, Seattle, Washington, USA (to appear)(CORE Rank A)(acceptance rate 34.5% = 48/139)
  58. Karsten Stöcker, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Closing the Gap between Unit Test Code and Documentation,” 4th International Workshop on Software Test Architecture (InSTA 2017), Tokyo, 2017 Mar 17.
  59. Jieming Chi, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Kazuki Munakata, Sumie Morita, Tadahiro Uehara, and Rieko Yamamoto, “Defect Analysis and Prediction by Applying the Multistage Software Reliability Growth Model,” The 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), pp.1-5, Tokyo, March 13, 2017. (to appear) (acceptance rate 9/18=50%)
  60. Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yasuhiro Watanabe, Kiyoshi Honda, Kentarou Ogawa, Hiroyuki Shibata, “Improved metrics with iterative text mining for questionnaire analysis,” 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2017), Fast Abstract, March 13, 2017, Tokyo.
  61. Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, Masanao Futakami, “Customization Patterns for GQM Metrics-Layer: Optimization by Checklist Based Maintainability Review and Machine Learning,” 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2017), Fast Abstract, March 13, 2017, Tokyo.
  62. Masaki Hosono, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Kiyoshi Honda, Kazuki Munakata, Sumie Morita, Yusuke Nemoto, “Empirical Study of OSS Regarding the Relationships between Bug Fixing Time and Metrics,” 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2017), Fast Abstract, March 13, 2017, Tokyo.
  63. Kei Ito, Hironori Washizaki, Joseph Yoder, Yoshiaki Fukazawa, “More Handover Solution Patterns,” 6th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2017), Waseda University, Tokyo, Japan, March 12-13, 2017.
  64. G Priyalakshmi, R Nadarajan, Hironori Washizaki and Smriti Sharma, “Quality Assessment of a Job Portal System Designed Using Bout Design Pattern,” International Conference on Advanced Informatics for Computing Research (ICAICR-2017), Lyallpur Khalsa College of Engineering, Jalandhar, Punjab, India on March 17-18, 2017.
  65. Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, and Ryota Mibe,“Interactive Recovery of Requirements Traceability Links Using User Feedback and Configuration Management Logs,” Proceedings of 27th International Conference on Advanced Information Systems Engineering (CAiSE 2015), pp.XX-YY, 8-12 June 2015 in Stockholm, Sweden (CORE Rank A, Acceptance rate 31/236=13.1%) (to appear)
  66. Takanori Kobashi, Masatoshi Yoshizawa, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya, Takano Okubo, “TESEM: A Tool for Verifying Security Design Pattern Applications by Model Testing,” Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Software Testing, Verification, and Validation (ICST 2015), Tool Track, pp.XX-YY, 13 – 17 April 2015, Graz, Austria (CORE Rank C, Acceptance rate 9/25=36%)(to appear)
  67. Tadahiro Noguchi, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Atsutoshi Sato, Kenichiro Ota, “History-Based Test Case Prioritization for Black Box Testing on a New Product using Ant Colony Optimization,” Proceedings of the 8th IEEE International Conference on Software Testing, Verification, and Validation (ICST 2015), Testing in Practice track, pp.XX-YY, 13 – 17 April 2015, Graz, Austria (CORE Rank C, Acceptance rate 12/27=44%)(to appear)
  68. Frederik Nakstad, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Finding and Emulating Keyboard, Mouse, and Touch Interactions and Gestures while Crawling RIA’s,” Proceedings of the 27th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2015), Wyndham Pittsburgh University Center, Pittsburgh, USA, July 6-8 2015. (CORE Rank B)(to appear)
  69. Reou Ando, Seiji Sato, Chihiro Uchida, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, Kazutaka Sone, Katsushi Namba, Mikihiko Yamamoto, “How Does Defect Removal Activity of Developer Vary with Development Experience?,”Proceedings of the 27th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2015), Wyndham Pittsburgh University Center, Pittsburgh, USA, July 6-8 2015. (CORE Rank B)(to appear)
  70. Atsuo Hazeyama,  Masahito Saito,  Nobukazu Yoshioka,  Azusa Kumagai,  Takanori Kobashi,  Hironori Washizaki,  Haruhiko Kaiya,  Takao Okubo, “Case Base for Secure Software Development Using Software Security Knowledge Base,” 10th IEEE International Workshop on Security, Trust, and Privacy for Software Applications (STPSA 2015), Taichung, Taiwan, July 1-5,  2015. (to appear)
  71. Daisuke SAITO, Akira TAKEBAYASHI, Tsuneo YAMAURA, Hironori WASHIZAKI, Yoshiaki FUKAZAWA, “An Evaluation and Result in Workshop Using Minecraft for ICT Education,” 3rd International Japan Game Studies Conference (Replaying Japan 2015), Ritsumeikan University, Kyoto, Japan, May 21-23, 2015. (to appear)
  72. Masahito Saito, Atsuo Hazeyama, Nobukazu Yoshioka, Takanori Kobashi, Hironori Washizaki, Haruhiko Kaiya, Takao Ohkubo, “A Case-based Management System for Secure Software Development Using Software Security Knowledge,” 19th International Conference on Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems (KES2015), Invited Session: Networks for Innovation, Knowledge Creation and Sharing, Singapore, 7-9 September, 2015. (to appear) (CORE Rank B)
  73. Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, “Predicting Release Time for Open Source Software based on the Generalized Software Reliability Model,” Proceedings of Agile Conference 2015, Research Track, Washington, D.C., USA, August 3-7, 2015. (to appear) (CORE Rank B, acceptance rate 10/33=30.3%)
  74. Takuya Watanabe, Mitsuaki Akiyama, Tetsuya Sakai, Hironori Washizaki, and Tatsuya Mori, “Understanding Inconsistencies between Text Descriptions and the Use of Privacy-sensitive Resources of Mobile Apps,” Proceedings of the 11th Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS) 2015, July 2015, Ottawa, Canada. (acceptance rate 22/93=23.7%) (CORE Rank B) https://cups.cs.cmu.edu/soups/2015/
  75. Haruhiko Kaiya, Shinpei Ogata, Shinpei Hayashi, Motoshi Saeki, Takao Okubo, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Atsuo Hazeyama, “Finding Potential Threats in Several Security Targets for Eliciting Security Requirements,” 10th International Multi-Conference on Computing in the Global Information Technology (ICCGI 2015), October 11 – 16, 2015 – St. Julians, Malta. (to appear)
  76. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, and Hironori Washizaki, “Patterns for Security and Privacy in Cloud Ecosystems,” 2nd International Workshop on Evolving Security and Privacy Requirements Engineering (ESPRE 2015), co-located with the 23rd IEEE International Requirements Engineering Conference (RE2015), Ottawa, Canada, August 24-28, 2015. (to appear)
  77. Kazuki Nishikawa, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Ohshima, Ryota Mibe, “Recovering Transitive Traceability Links among Software Artifacts,” Proceedings of the 31st IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2015), ERA Track, Sep 29 – Oct 1, 2015, Bremen, Germany. (to appear) (CORE Rank A, ERA Track: 17/48=35%)
  78. Yurina Ito, Hironori Washizaki, Masatoshi Yoshizawa, Yoshiaki Fukazawa,
    Takao Okubo, Haruhiko Kaiya, Atsuo Hazeyama, Nobukazu Yoshioka, Eduardo B. Fernandez,“Systematic Mapping of Security Patterns Research,” Proceedings of the 22nd Conference on Pattern Languages of Programs Conference 2015 (PLoP 2015), October 24-26, Pittsburgh, Pennsylvania, USA. (CORE Rank B) (to appear)
  79. TIAN XIA, HIRONORI WASHIZAKI, YOSHIAKI FUKAZAWA, JOSEPH YODER, REBECCA WIRFS-BROCK, “Two-level Checklists and Perspectives: Software Reading Techniques for Pattern Writer’s Workshop,” Proceedings of the 22nd Conference on Pattern Languages of Programs Conference 2015 (PLoP 2015), October 24-26, Pittsburgh, Pennsylvania, USA. (CORE Rank B) (to appear)
  80. Joseph W. Yoder, Rebecca WirfsBrock, Hironori Washizaki, “QA to AQ Part Four – Shifting from Quality Assurance to Agile Quality – Prioritizing Qualities and Making them Visible,” Proceedings of the 22nd Conference on Pattern Languages of Programs Conference 2015 (PLoP 2015), October 24-26, Pittsburgh, Pennsylvania, USA. (CORE Rank B) (to appear)
  81. Yiyang Hao, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A third-party extension support framework using patterns,” Proceedings of the 22nd Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2015), New Delhi, India, Dec 1-4, 2015. (CORE Rank B, acceptance rate 42/144=29%) (to appear)
  82. Yohei Aoki, Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Identifying Misalignment of Goal and Strategies across Organizational Units by Interpretive Structural Modeling,” Proceedings of the 49th Hawaii International Conference on System Sciences (HICSS-49), January 5-8, 2016 Grand Hyatt, Kauai (CORE Rank A)(to appear)
  83. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Kazuki Munakatay, Sumie Moritay, Tadahiro Ueharay, and Rieko Yamamoto, “Detection of Unexpected Situations by Applying Software Reliability Growth Models to Test Phases,” Proceedings of the 26th IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2015), Industry Track, GAITHERSBURG, MD, USA, NOVEMBER 2–5, 2015. (CORE Rank A)(to appear)
  84. Kazuki Otomori, et al. “Do appealing characters in educational tools help beginners to learn programming?” Poster (refereed), World Engineering Conference and Convention 2015 (WECC 2015), November 29 – December 2, 2015, Kyoto. (to appear)
  85. Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Comparison of Programming Way: Illustration-based Programming and Text-based Programming,” IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE 2015), Work-in-Progress paper, 10-12 December 2015, United International College, Zhuhai, China (to appear)
  86. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Software Reliability Growth Model Considering Uncertainty and Dynamics in Development,” 23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2016), Doctoral Symposium, Osaka, Japan, March 14-18, 2016. (to appear)
  87. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Kenichi Matsumoto, “Toward selecting a reliable version of OSS library based on bug-fixing curve,” 23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2016), Poster (refereed), Osaka, Japan, March 14-18, 2016. (to appear)
  88. Kei Ito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazaw, “Handover Anti-patterns,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2016), February 24-26, 2016, Taipei, Taiwan. (to appear)
  89. Eduardo B. Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, “Patterns for Secure Cloud IaaS,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2016), February 24-26, 2016, Taipei, Taiwan. (to appear)
  90. Joseph W. Yoder, Rebecca Wirfs-Brock, Hironori Washizaki, “QA to AQ Part Five,” 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2016), February 24-26, 2016, Taipei, Taiwan. (to appear)
  91. Kiyoshi Honda, Nobuhiro Nakamura, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Case Study: Software Reliability Growth Model Based on Person Hours,” 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), poster, Osaka, March 13, 2016. (to appear)
  92. Susumu Tokumoto, Kazunori Sakamoto, Kiyofumi Shimojo, Tadahiro Uehara and Hironori Washizaki, “Semi-automatic Incompatibility Localization for Re-engineered Industrial Software,” Proceedings of the 7th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation (ICST 2014), pp.91-94, Cleveland, March 31-April 4, 2014.
  93. Yusuke Yamada, Shota Inaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, “The Impacts of Personal Characteristic on Educational Effectiveness in controlled-Project Based Learning on Software Intensive Systems Development,” Proceedings of the 27th IEEE CS Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2014), pp.119-128, Alpen-Adria Universitat Klagenfurt, Austria, April 23-25, 2014. (to appear) (CSEE&T2014ver34.pdf)
  94. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki and Joseph Yoder, “Abstract security patterns for requirements and analysis of secure systems,” Proceedings of the 17th Workshop on Requirements Engineering (WER 2014), pp.XX-YY, Pucon, Chili, April 23-25, 2014. (to appear)
  95. Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yukihiko Akasaka, Hisayoshi Adachi, Takae Arai, Yasushi Ishigai, Tatsuo Ide, Masahiro Ide, Yukihiko Ejiri, Yasuko Okazaki, Yasuhiro Kikushima, Tomoko Kishida, Katsutoshi Shintani, Atsushi Nishizawa, Norifumi Nomura, Daisuke Hirabayashi, Hideki Matsuoka, Kotaro Mita, Tatsuya Kimura, “Efficient identification of rationales by stakeholder relationship analysis to refine and maintain GQM+Strategies models,” Proceedings of the 1st Asia Pacific Requirements Engineering Symposium (APRES 2014), Communications in Computer and Information Science, Vol.432, Springer, pp.77-82, Auckland, New Zealand, April 28-29, 2014. (APRES2014_kobori_20140207.pdf)
  96. Haruhiko Kaiya, Sho Kouno, Shinpei Ogata, Takuo Okubo, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki and Kenji Kaijiri, “Security Requirements Analysis using Knowledge in CAPEC,” Proceedings of the 4th International Workshop on Information Systems Security Engineering (WISSE 2014), pp.XX-YY, Thessaloniki, Greece, June 17, 2014. (to appear)
  97. Hironori Washizaki, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa and Takeshi Kawamura, “Network Analysis for Software Patterns including Organizational Patterns in Portland Pattern Repository,” Proceedings of the Agile 2014 Conference, pp.XX-YY, Orlando, USA, July 28 – August 1, 2014. (to appear) (Agile2014-Pattern-Network-Analysis-camera-ready.pdf)
  98. Linchao Yang, Tomoyuki Kamiya, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “RefactoringScript: A Script and Its Processor for Composite Refactoring,” Proceedings of the 26th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2014), pp.XX-YY, Vancouver, Canada, July 1-3, 2014. (to appear) (seke2014_submission_191.pdf)
  99. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Predicting the Release Time Based on a Generalized Software Reliability Model (GSRM),” Proceedings of the 38th Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC), Fast Abstract, pp.XX-YY, Vasteras, Sweden 21–25 July, 2014. (to appear) (compsac2014_submission_494.pdf)
  100. Masatoshi Yoshizawa, Takanori Kobashi, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka, “Verification of Implementing Security Design Patterns Using a Test Template,” Proceedings of 9th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES2014), pp.178-183, Fribourg, Switzerland, 8th-12th September 2014.
  101. Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Using an Automatic Collection Method to Identify Patterns during Design Activity,” Proceedings of 11TH Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE 2014), 17-20, September, Volgograd, Russia (to appear) (JCKBSE2014_216.pdf)
  102. Yuta Maezawa, Kazuki Nishiura, Hironori Washizaki, Shinichi Honiden, “Validating Ajax Applications Using a Delay-Based Mutation Technique,” Proceedings of the 29th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE 2014), pp.491-502, Västerås, Sweden, September 15-19, 2014. (CORE Rank A, acceptance rate 55/276=20%)
  103. Hironori Washizaki, Suthinan Thanintranon, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa, Takeshi Kawamura, Joseph W. Yoder, “Analyzing Software Patterns Network obtained from Portland Pattern Repository,” 21st Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2014), Allerton Park in Monticello, IL, September 14-17, 2014. (to appear) (PLoP2014-Pattern-Network-Analysis-2-revised5.pdf)
  104. Kiyoshi Honda, Hidenori Nakai, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa (Waseda University), Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada, Daisuke Miyazaki (Yahoo Japan Corporation), “Predicting Time Range of Development Based on Generalized Software Reliability Model,” 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Jeju, Korea, December 1-4, 2014. (to appear) (CORE Rank B, acceptance rate 67/226=30%)
  105. Yujiang Yang, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Tool to Suggest Similar Program Element Modifications,” 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Jeju, Korea, December 1-4, 2014. (to appear) (CORE Rank B, acceptance rate 67/226=30%)
  106. Satoshi Arai, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A Gamified Tool for Motivating Developers to Remove Warnings of Bug Pattern Tools,” 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Osaka, Japan, November 12-13, 2014. (to appear)
  107. Hidenori Nakai, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada, Daisuke Miyazaki, ″Initial Industrial Experience of GQM-based Product-Focused Project Monitoring with Trend Patterns,” 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Short Paper, Jeju, Korea, December 1-4, 2014. (to appear)
  108. Ryohei Takasawa, Kazunori Sakamoto, Akinori Ihara, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Do open source software projects conduct tests enough?,” Proceedings of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2014), Short Paper, Helsinki, Finland, 10-12 December 2014. (to appear)
  109. Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Daisuke Hirabayashi, Katsutoshi Shintani, Yasuko Okazaki, Yasuhiro Kikushima, “Identifying rationales of strategies by stakeholder relationship analysis to refine and maintain GQM+Strategies models,” Proceedings of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2014), Helsinki, Finland, 10-12 December 2014. (to appear)
  110. Hidenori Nakai, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada, Daisuke Miyazaki, “Continuous Product-Focused Project Monitoring with Trend Patterns and GQM,”Proceedings of the 2nd International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoC 2014), pp.XX-YY, in conjunction with the 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), Jeju, Korea, December 1, 2014. (to appear)
  111. Shohei Yamazaki, Kazunori Sakamoto, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa,“Comparative Study on Programmable Robots as Programming Educational Tools,” Proceedings of the 17th Australasian Computing Education Conference (ACE 2015), Sydney, Australia Tuesday 27th – Friday 30th January 2015. (to appear)
  112. Takao Okubo, Yoshio Kakizaki, Yoshinori Kobashi, Hironori Washizaki, Shinpei Ogata, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka, “Security and Privacy Behavior Definition for Behavior Driven Development,” Proceedings of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2014), Short Paper, Helsinki, Finland, 10-12 December 2014. (to appear)
  113. Joseph W. Yoder, Rebecca Wirfs-Brock, and Hironori Washizaki, “QA to AQ Part Three – Shifting from Quality Assurance to Agile Quality – Tearing Down the Walls,” Proceedings of the 10th Latin American Conference on Pattern Languages of Programs – SugarLoafPLoP 2014, 9-12 November 2014, Ilha Bela, São Paulo, Pousada Armação dos Ventos, Brazil (to appear)
  114. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Kenichi Matsumoto, “Toward Monitoring Bugs-fixing Process after the Releases in Open Source Software,” 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Poster, Osaka, Japan, November 12-13, 2014.
  115. Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda and Masanao Futakami, “Detect low maintainability and reusability files: framework for optimal prediction in consideration of a project,” 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Poster, Osaka, Japan, November 12-13, 2014.
  116. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “Cloud Access Security Broker (CASB): A pattern for accessing secure cloud services,” Proceedings of the 4th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2015), March 5-7, 2015, Tokyo, Japan. (to appear)
  117. Hironori Washizaki, Tian Xia, Yoshiaki Fukazawa, “Introducing Software Reading Techniques into Pattern Writer’s Workshop: Checklists and Perspectives,” Proceedings of the 4th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2015), March 5-7, 2015, Tokyo, Japan. (to appear)
  118. Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, and Masanao Futakami, “Iterative Process to Improve GQM Models with Metrics Thresholds to Detect High-risk Files,” 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015), Doctoral Symposium, 2015. (to appear)
  119. Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Kazuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki and Toshikazu Kanou, “Team Characteristics for Maximizing the Educational Effectiveness of Practical Lectures on Software Intensive Systems Development,” Proceedings of 26th IEEE-CS Conference on Software Engineering Education and Training (CSEET), pp.264-268, San Francisco, May 19-21, 2013.(PDF)
  120. Kazunori Sakamoto, Hiroaki Hosono, Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Goal-Oriented Requirements Analysis and an Extended Design Pattern using Scala for Artificial Intelligence Programming Contests,” Proceedings of 3rd International Workshop on Games and Software Engineering (GAS 2013), conjunction with ICSE 2013, pp.32-35, San Francisco, May 18, 2013.(PDF)
  121. Kazuki Nishiura, Yuta Maezawa, Hironori Washizaki, Shinichi Honiden, “Mutation Analysis for JavaScript Web Applications Testing,” Proceedings of 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), pp.159-165, Hyatt Harborside at Logan Int’l Airport, Boston, June 27-29, 2013.(PDF)
  122. Fumiya Kato, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Comparative Evaluation of Programming Paradigm: Separation of Concerns with Object-, Aspect-, and Context-Oriented Programming,” Proceedings of 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), pp.594-599, Hyatt Harborside at Logan Int’l Airport, Boston, June 27-29, 2013.(PDF)
  123. Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Extended Design Patterns in New Object-Oriented Programming Languages,” Proceedings of 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2013), pp.600-605, Hyatt Harborside at Logan Int’l Airport, Boston, June 27-29, 2013.(PDF)
  124. Shota Suzuki, Hironori Washizaki, Ryushi Shiohama, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa, “Analyzing effectiveness of workshops for learning agile development,” Proceedings of Agile 2013 Conference (AGILE 2013), pp.50-59, Nashville, August 5-9, 2013. (PDF)
  125. Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, YoshiakiFukazawa, “A Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics in Development,” Proceedings of 14th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2013), pp.342-346, Paphos, Cyprus, June 12-14, 2013. (PDF)
  126. Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Tadahisa Kato, Masumi Kawakami, Kentaro Yoshimura, “Recovering Traceability Links between Requirements and Source Code in the Same Series of Software Products, ” Proceedings of 17th International Software Product Line Conference (SPLC 2013), pp.121-130, Tokyo, August 26-30, 2013.(PDF)
  127. Takanori Kobashi, Nobukazu Yoshioka, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Validating Security Design Pattern Applications Using Model Testing,” Proceedings of 8th International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES2013), pp.62-71, University of Regensburg, Germany, September 2-6, 2013.(PDF)
  128. Yuta Maezawa, Hironori Washizaki, Yoshinori Tanabe and Shinichi Honiden, “Automated Verification of Pattern-based Interaction Invariants in Ajax Applications,” Proceedings of 28th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE2013), pp.158-168, Silicon Valley, California, November 11-15, 2013. (PDF)
  129. Hironori Washizaki, Shota Suzuki, Ryushi Shiohama, Masashi Kadoya, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa, “Systematic Mapping of Workshops for Learning Agile Software Development Principles,” Proceedings of the International Conference on Edcuation and Educational Research (EER 2013), pp.102-107, August 11-12, Singapore, 2013.(PDF)
  130. Kazunori Sakamoto, Koichi Takano, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Learning System for Computational Thinking using Appealing User Interface with Icon-Based Programming Language on Smartphones,” Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education (ICCE 2013), pp.562-568, November 18-22, Grand Inna Bali Beach Hotel, Denpasar Bali, Indonesia, 2013. (short paper)(PDF)
  131. Masashi Kadoya, Toshiyuki Nakano, Takamori Ozawa, Masahiko Wada, Hiroki Itoh, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A pattern language for the ET robot contest: On embedded software engineering,” Proceedings of the 20th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2013), pp.XX-YY, Allerton Park in Monticello, IL, October 23-26, 2013. (PDF, PLoP2013-35.pdf)
  132. Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai and Mikihiko Yamamoto, “Effects of Organizational Changes on Product Metrics and Defects,” Proceedings of the 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013). pp.132-139, Bangkok, Thailan, 2-5 December 2013. (APSEC2013-paper.pdf)
  133. Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Evaluating Structural Validity of UML Class Diagrams by Measuring the Number of Highly Responsible Classes,” Proceedings of the 13th IASTED International Conference on Software Engineering (SE2014), pp.46-53, Innsbruck, Austria, February 17 – 19, 2014. (iastedDocVer5-6eng.pdf)
  134. Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yamada, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, “RELATIONSHIP BETWEEN VARIATIONS OF PERSONAL CHARACTERISTICS AND EDUCATIONAL EFFECTIVENESS IN GROUP ASSIGNMENT ON SOFTWARE INTENSIVE SYSTEMS DEVELOPMENT,” Proceedings of the 8th International Technology, Education and Development Conference (INTED 2014), pp.698-706, March 10-12, 2014, Valencia, Spain
  135. Eduardo B. Fernandez1, Nobukazu Yoshioka2, and Hironori Washizaki, “Patterns for cloud firewalls,” Proceedings of the 3rd Asian Conference on Pattern Language of Programs (AsianPLoP 2014), pp.XX-YY, Tokyo, March 5-8, 2014. (to appear)
  136. Masashi Kadoya, Toshiyuki Nakano, Takamori Ozawa, Masahiko Wada, Hiroki Itoh, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A pattern language for the ET robot contest: On embedded software engineering,” Proceedings of the 3rd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2014), pp.XX-YY, Tokyo, March 5-8, 2014. (draft)
  137. Hironori Washizaki, Toshikazu Koike, Rieko Namiki, Hiroyuki Tanabe, “Reusability Metrics for Program Source Code Written in C Language and Their Evaluation,” Proceedings of the 13th International Conference on Product-Focused Software Development and Process Improvement (Profes 2012), pp.89-103, June 13-15, 2012. (PDF)
  138. Reisha Humaira, Kazunori Sakamoto, Akira Ohashi, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Towards a Unified Source Code Measurement Framework Supporting Multiple Programming Languages,” Proceedings of the 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE 2012), pp.480-485, July 1-3, 2012. (PDF)
  139. Ryushi Shiohama, Hironori Washizaki, Shin Kuboaki, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa, “Estimate of the appropriate iteration length in agile development by conducting simulation,” Proceedings of the Agile 2012, pp.41-50, August 13-17, 2012.(PDF)
  140. Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Macro and Micro Patterns in the Software Design Activity,” Proceedings of the 10th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE 2012), pp.298-302, August 23-26, 2012. (PDF)
  141. Kentaro Kumaki, Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Supporting Commonality and Variability Analysis of Requirements and Structural Models,” 4th International Workshop on Model-driven Approaches in Software Product Line Engineering (MAPLE 2012), collocated with SPLC 2012, Proceedings of the 16th International Software Product Line Conference (SPLC 2012), Volume 2, pp.115-118,
    September 4, 2012. (PDF)
  142. Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Kazuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, Toshikazu Kanou, “Analyzing Effect of Team Composition on Education in Practical Lecture of Information Systems Development,” 6th International Conference on Project Management (ProMAC 2012), October 3-5, 2012.(PDF)
  143. Hiroki Itoh, Hiroyuki Tanabe, Rieko Namiki, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Traceability Measurement between a Design Model and its Source Code,” 12th IASTED International Conference on Software Engineering (SE 2013), February 11-13, 2013.(PDF)
  144. Kazunori Sakamoto, Tomohiro Kaizu, Daigo Hamura, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “POGen: A Test Code Generator Based on Template Variable Coverage in Gray-Box Integration Testing for Web Applications,” Proceedings of the 16th International Conference on Fundamental Approaches to Software Engineering (FASE 2013), pp.343-358, March 16-24, 2013.(PDF)
  145. Kazunori Sakamoto, “A Framework for Analyzing and Transforming Source Code Supporting Multiple Programming Languages,” Student Research Competition at AOSD 2013.
  146. Kazunori Sakamoto, Kiyofumi Shimojo, Ryohei Takasawa, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “OCCF: A Framework for Developing Test Coverage Measurement Tools Supporting Multiple Programming Languages,” Proceedings of the 6th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation (ICST 2013), pp.422-430, Testing Tools Track, 2013.(PDF)
  147. Masashi Kadoya, Toshiyuki Nakano, Takanori Ozawa, Masahiko Wada, Hiroki Itoh, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A pattern language for ET robot contests,” Proceedings of 1st Indian Conference on Pattern Languages of Programs (GuruPLoP 2013), pp.1-9, Bengaluru, India, March 3-4, 2013. (PDF, 5_APatternLanguageForETRobotContests)
  148. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Michael VanHilst, “An Approach to Model-based Development of Secure and Reliable Systems,” Sixth International Conference on Availability, Reliability and Security (ARES 2011), 2011.
  149. Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Selection of Metrics for Prediction of the Application of Design Patterns by Using Machine Learning,” Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), pp.I-41-I-47, 2011.(PDF)
  150. Susumu Kariyuki, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Acceptance-Test based on the Inter-Use Case Relations,” The 5th World Congress for Software Quality (5WCSQ), 2011.(PDF)
  151. Yuto Nakamura, Kazunori Sakamoto, Kiyohisa Inoue, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Evaluation of Understandability of UML Class Diagrams by Using Word Similarity,” The Joint Conference of the 21st International Workshop on Software Measurement (IWSM) and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (Mensura), 2011. (PDF)
  152. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, and Hironori Washizaki, “Two patterns for distributed systems: Enterprise Service Bus (ESB) and Distributed Publish/Subscribe,” 18th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2011), 2011.(PDF)
  153. Yuta Maezawa, Hironori Washizaki and Shinichi Honiden, “Extracting Interaction-Based Stateful Behavior in Rich Internet Applications”, In proceesings of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR ’12), 2012. (PDF)
  154. Akira Ohashi, Kazunori Sakamoto, Tomoyuki Kamiya, Reisha Humaira, Satoshi Arai, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “UniAspect: A Language-Independent Aspect-Oriented Programming Framework,” 2nd Workshop on Modularity In Systems Software (MISS 2012) collocated with AOSD’12, 2012. (PDF)
  155. Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Open Code Coverage Framework: A Consistent and Flexible Framework for Measuring Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages,” 10th International Conference on Quality Software (QSIC-10), 2010.(PDF)
  156. Yuki Shiroma, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, Eduardo B. Fernandez, “Model-Driven Security Patterns Application and Validation,” 17th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2010), 2010.(PDF)
  157. Hironori Washizaki, Masayoshi Akimoto, Atsushi Hasebe, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa, “TCD: a text-based UML class diagram notation and its model converters”, 2010 International Conference on Advanced Software Engineering and Its Applications, 2010.(PDF)
  158. Satoru Uchiyama, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Design Pattern Detection using Software Metrics and Machine Learning”, Fifth International Workshop on Software Quality and Maintainability (SQM2011), 2011. (PDF)
  159. Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Selection of Metrics for Predicting the Appropriate Application of design patterns,” 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), Oct 5-7, 2011, Tokyo, Japan.
  160. Hironori Washizaki, Kazuhiro Fukaya, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa, “Detecting Design Patterns Using Source Code of Before Applying Design Patterns,” Proc. 8th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2009), pp.933-938, 2009.(PDF)
  161. Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Hideyuki Kanuka, Toshihiro Kodaka, Nobuhide Sugimoto, Yoichi Nagai, Rieko Yamamoto, “AOJS: Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework”, Proc. 6th Asian Workshop on Foundations of Software (AWFS 2009), 2009.(PDF)
  162. Hironori Washizaki, Eduardo B. Fernandez, Katsuhisa Maruyama, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, “Improving the Classification of Security Patterns”, Proc. 3rd Int. Workshop on Secure systems methodologies using patterns (SPattern), 2009.
  163. Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Reporting the Implementation of a Framework for Measuring Test Coverage based on Design Patterns”, Proc. 3rd International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’09), pp.26-30, 2009.
  164. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, “Security patterns and quality”, Proc. 3rd International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’09), pp.46-47, 2009.(PDF)
  165. Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Framework for Measuring Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages”, First Software Engineering Postgraduates Workshop (SEPoW 2009) (In conjunction with APSEC 2009), pp.40-44, 2009. 11.
  166. Yuki Shiroma, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Model-Driven Security Patterns Application Based on Dependences among Patterns”, 4th International Workshop on Secure systems methodologies using patterns (SPattern 2010), 2010. 2.(PDF)
  167. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, and Michael VanHilst, “Measuring the level of security introduced by security patterns”, 4th International Workshop on Secure systems methodologies using patterns (SPattern 2010), 2010. 2.
  168. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka and Hironori Washizaki, “A Worm misuse pattern,” 1st Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2010), 2010.3.(PDF)
  169. Hironori Washizaki, Hiroki Hiraguchi and Yoshiaki Fukazawa, “A Metrics Suite for Measuring Quality Characteristics of JavaBeans Components, “Proc. 9th International Conference on Product-Focused Software Process Improvement (Profes 2008), Springer LNCS, Vol.5089, pp.45-60, 2008. (PDF)
  170. Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Hideyuki Kanuka, Toshihiro Kodaka, Nobuhide Sugimoto, Yoichi Nagai, Rieko Yamamoto: AOJS: Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework for Web Development, 8th Workshop on Aspects, Components, and Patterns for Infrastructure Software (ACP4IS’09), pp.31–36, March 2, 2009. (PDF)
  171. Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, AOJS: Aspect-Oriented Programming Framework for JavaScript, 8th International Conference on Aspect-Oriented Software Development (AOSD’09) Demonstration Track March 2-6, 2009.
  172. Eduardo Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukuzawa, Classifying security patterns, The 10th Asia Pacific Web Conference (APWeb2008), Shenyang, China, April 26-28, 2008.(PDF)
  173. Atsuto Kubo, Hiroyuki Nakayama, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, PatternRank: A Software-Pattern Search System Based on Mutual Reference Importance, 15th Pattern Languages of Programming (PLoP2008), Nashville, USA, 18-20 October 2008.(PDF)
  174. Eduardo B. Fernández, Jan Ju”rjens, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki: Incorporating Database Systems into a Secure Software Development Methodology. Second International Workshop on Secure Systems Methodologies Using Patterns – SPattern’08, Proc. DEXA Workshops 2008: pp.310-314, 1-5 September 2008
  175. Yijun Yu, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Yingfei Xiong, Zhenjiang Hu, Nobukazu Yoshioka: Enforcing a security pattern in stakeholder goal models, 4th ACM Workshop on Quality of Protection (QoP’08), Alexandria VA, USA, Oct. 27, 2008.(PDF)
  176. Eduardo B. Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, “Abstract security patterns,” 2nd PLoP Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’08), Nashville, Tennessee, USA, October 20, 2008.(PDF)
  177. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, and Hironori Washizaki, “Modeling Misuse Patterns”, 4th International Workshop on Dependability Aspects on Data Warehousing and Mining applications (DAWAM 2009), 2009.
  178. Hironori Washizaki, Junko Shirogane, and Yoshiaki Fukazawa, “A Light-Weight Broker for GUI Applications,” Proc. of the International Workshop on Domain Oriented Systems Development (DOSD1999) in Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC’99), December 1999.
  179. Hironori Washizaki, Junko Shirogane, and Yoshiaki Fukazawa, “The Model-View Separation Architecture BeaM and its Evaluation,” Proc. of the 4th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE2000), Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, IOS Press, pp115-122, September 2000.
  180. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Retrieving Software Components Using Directed Replaceability Distance,” Proc. of the 3rd International Conference on Generative and Component-Based Software Engineering (GCSE2001), Springer-Verlag, Lecture Notes in Computer Science, Vol.2186, pp153-162, September 2001.
  181. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Dynamic Hierarchical Undo Facility in a Fine-Grained Component Environment,” 40th International Conference on Technology of Object-Oriented Languages and Systems (TOOLS Pacific 2002), pp191-199, February 2002.
  182. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Retrieval Technique for Software Components Using Directed Replaceability Similarity,” Proc. of the 8th International Conference on Object-Oriented Information Systems (OOIS’02), Springer-Verlag, Lecture Notes in Computer Science, Vol.2425, pp298-310, September 2002.
  183. Hironori Washizaki, Hirokazu Yamamoto, and Yoshiaki Fukazawa, “Software Component Metrics and It’s Experimental Evaluation,” Proc. of the International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE 2002), Vol.II, IEEE CS, pp19-20, October 2002.
  184. Hironori Washizaki, Mai Motomura, and Yoshiaki Fukazawa, “Web-based Software Component Trial System and its Evaluation,” Proc. of the 6th IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA’02), pp305-310, November 2002.
  185. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Automated Extract Component Refactoring,” Proc. of the 4th International Conference on eXtreme Programming and Agile Processes in Software Engineering (XP2003), Springer-Verlag, Lecture Notes in Computer Science, pp328-330, May 2003.
  186. Hironori Washizaki, Hirokazu Yamamoto, and Yoshiaki Fukazawa, “A Metrics Suite for Measuring Reusability for Software Components,” Proc. of the 9th IEEE International Symposium on Software Metrics (Metrics 2003), IEEE CS, pp211-223, September 2003.
  187. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Extracting Components from Object-Oriented Programs for Reuse in Memory-Constrained Environments,” Proc. of First Workshop on Reuse in Constrained Environments (RICE’03) at the 18th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming, Systems, Languages, and Applications (OOPSLA 2003), pp1-3, October 2003.
  188. Hironori Washizaki, Yuhki Sakai, and Yoshiaki Fukazawa, “A Conditional Test Suite for Fine-Grained Software Components,” Proc. of the 2nd ACIS International Conference on Software Engineering Research, Management and Applications (SERA2004), May 2004.
  189. Hironori Washizaki, Yuhki Sakai, and Yoshiaki Fukazawa, “Conditional Test for JavaBeans Components,” Proc. of the 5th International Conference on Extreme Programming and Agile Processes in Software Engineering (XP2004), Springer-Verlag, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3092, pp282-283, June 2004.
  190. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Component-Extraction-based Search System for Object-Oriented Programs,” Proc. of the 8th International Conference on Software Reuse (ICSR 8th), Springer Verlag, Lecture Notes in Computer Science, Vol.3107, pp254-263, July 2004.
  191. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Search and Trial Execution System for OO Programs by Component Extraction,” Proc. of the 6th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE2004), Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, IOS Press, August 2004.
  192. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Search System for Object-Oriented Programs by using Extracted Components,” Proc. of Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC 2004), pp141-152, September 2004.
  193. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Search System for Java Programs by using Extracted JavaBeans Components,” Companion to the 19th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming, Systems, Languages, and Applications (OOPSLA 2004), pp200-201, October 2004.
  194. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Technique of Transforming parts of Object-Oriented Class Library into Structurally Reusable Components, and Its Application,” Proc. of the Software Transformation Systems Workshop, pp39-40, 2004.
  195. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “A Model-View Separation Architecture for GUI Application Components”, Proc. of the International Conference on Information Technology: Coding and Computing 2005 (ITCC 2005), pp359-364, April 2005.
  196. Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa, “Analyzing Relations among Software Patterns based on Document Similarity”, Proc. of the International Conference on Information Technology: Coding and Computing 2005 (ITCC 2005), pp298-303, April 2005.
  197. Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Safe Component Extension for Adding Domain-Independent Services”, Proc. of the IADIS Software Engineering and Applications 2005 Conference (SEA2005), pp399-405, April 2005.
  198. Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa, “Relation Analysis among Patterns on Software Process Improvement”, Proc. of the 6th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES 2005), LNCS Vol.3547, pp299-313, Jun 2005.
  199. Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa, “Extracting Relations among Embedded Software Design Patterns”, Proc. of the 8th International Conference on Integrated Design and Process Technology (IDPT2005), pp73-80, June 2005.
  200. Thepparit Banditwattanawong, Katsumi Maruyama, Soichiro Hidaka, and Hironori Washizaki, “Contemporaneity-Conscious Clustering Algorithm for Distributed Object Caching”, Proc. of the 2005 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA’05), June 2005.
  201. Thepparit Banditwattanawong, Katsumi Maruyama, Soichiro Hidaka, and Hironori Washizaki, “Proxy-and-Hook: A Java-based Distributed Object Caching Framework”, Proc. of the 3rd International IEEE Conference on Industrial Informatics (INDIN 2005), pp819-824, August 10-12, 2005.
  202. Hironori Washizaki, Takao Adachi and Yoshiaki Fukazawa, “Generating Wizards for Software Components by Dynamic Analysis” Proceedings of the Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC2005), September 2005.
  203. Hironori Washizaki, Shinichi Honiden, Rieko Yamamoto, Takao Adachi, and Yoshiaki Fukazawa, “Automatic Generation of Software Component Wizards based on the Wizard Pattern”, Proceedings of the International Conference on Systems, Computing Sciences and Software Engineering (SCS2’05), pp11-18, December 2005.
  204. Hironori Washizaki, Yasuhide Kobayashi, Hiroyuki Watanabe, Eiji Nakajima, Yuji Hagiwara, Kenji Hiranabe, and Kazuya Fukuda, “Experiments on Quality Evaluation of Embedded Software in Japan Robot Software Design Contest,” Proceedings of the 28th IEEE/ACM International Conference on Software Engineering (ICSE 2006), pp.551-560, 2006.
  205. Hironori Washizaki, “Building Software Process Line Architectures from Bottom Up”, Proc. of the 7th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES 2006), Springer LNCS, Vol.4034, pp.415-421, June 2006.
  206. Hironori Washizaki, Tomoki Nakagawa, Yuhki Saito and Yoshiaki Fukazawa, “Measuring Complexity of Remote Component-Based Software System Toward Maintainability Estimation”, International e-Conference on Computer Science 2006 (IeCCS 2006), July 2006.
  207. Hironori Washizaki, “Deriving Project-Specific Processes from Process Line Architecture with Commonality and Variability”, Proc. 4th International IEEE Conference on Industrial Informatics (INDIN’06), August 2006.
  208. Thepparit Banditwattanawong, Soichiro Hidaka, Hironori Washizaki and Katsumi Maruyama, “Fine-grained Replication for Private-workspace and Memory-constrained Computings”, Proc. of IFIP Int. Conf. on Network and Parallel Computing (NPC 2006), pp. 84-92, Oct. 2006.
  209. Thepparit Banditwattanawong, Soichiro Hidaka, Hironori Washizaki and Katsumi Maruyama, “Partial and On-demand Incremental Deployment of Java Application Program over the Internet”, Proc. of IEEE Int. Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2006), Oct. 2006.
  210. Hironori Washizaki, Tomoki Nakagawa, Yuhki Saito and Yoshiaki Fukazawa, “A Coupling-based Complexity Metric for Remote Component-based Software Systems Toward Maintainability Estimation”, 13th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC‘06), IEEE CS, pp.11-18, 2006.
  211. Yuji Sakata, Kazutoshi Yokoyama, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A precise estimation technique for test coverage of components in object-oriented frameworks”, 13th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC‘06), IEEE CS, pp.79-86, 2006.
  212. Shinichi Honiden, Yasuyuki Tahara, Nobukazu Yoshioka, Kenji Taguchi, and Hironori Washizaki, “Top SE: Educating Superarchitects Who Can Apply Software Engineering Tools to Practical Development in Japan,” Proc. 29th IEEE/ACM International Conference on Software Engineering (ICSE 2007), pp.708-717, 2007.
  213. Hironori Washizaki, Rieko Namiki, Tomoyuki Fukuoka, Yoko Harada, and Hiroyuki Watanabe, “A Framework for Measuring and Evaluating Program Source Code Quality”, Proc. of the 8th International Conference on Product Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2007), Springer LNCS, Vol. 4589, pp.284-299, 2007.
  214. Hironori Washizaki, Takao Adachi and Yoshiaki Fukazawa, “Generating Wizards for Initializing Software Components,” IEEE 7th International Conference on Computer and Information Technology, IEEE CS, 2007.
  215. Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, A Metric for Measuring the Abstraction Level of Design Patterns, 14th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2007), 2007.
  216. Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Automatic Extraction and Verification of Page Transitions in a Web Application,” 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC’07), IEEE CS, pp.350-357, 2007.
  217. Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Extracting Relations among Security Patterns,” 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’07), 2007.
  218. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki, Jan Jurjens, “Using security patterns to build secure systems,” 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’07), 2007.
  219. Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa, “Measuring Abstraction Levels of Security Patterns,” 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’07), 2007.
  220. Kazuhiro Fukaya, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Design Pattern Detection Using Source Code of Before Applying Design Patterns,” 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu’07), 2007.

Books and magazines / 書籍・雑誌記事

  1. Hossein Saiedian and Hironori Washizaki, Advancing software engineering education: New practices and perspectives, Journal of Systems and Software (JSS), Volume 147, January 2019, Pages 104-105
  2. 礎 良輔、鷲崎 弘宜、“SIGCSE 2018参加報告とコンピュータサイエンス教育におけるトップカンファレンスのススメ – 世界基準で目標を掲げ、影響を与えるために -“, 情報処理, Vol.59, No.7, pp.642-644, 2018
  3. 鷲崎弘宜, D-DATa & スマートエスイー: 早稲田大学における大学院生や社会人対象の高度データ人材育成の取り組み, 大学教育と情報, 2018年度, No. 1, 私立大学情報教育協会, 2018.
  4. 鵜林尚靖, 鷲崎弘宜, 鄭顕志, “機械学習工学研究会キックオフシンポジウム参加報告”, コンピュータソフトウェア, Vol. 35, No. 3, pp. 3_96-3_101, 2018.
  5. 情報規格調査会, 2017年度 専門委員会関係活動報告(SC7委員会部分について寄稿), NEWSLETTER 2018年6月
  6. Hironori Washizaki (editor), AsianPLoP 2015 Conference Proceedings, Hillside, 2018
  7. Hironori Washizaki (editor), AsianPLoP 2014 Conference Proceedings, Hillside, 2018
  8. Yohei Aoki, Hironori Washizaki, Chimaki Shimura, Yuichiro Senzaki, Yoshiaoki Fukazawa, “Experimental Evaluation of HoRIM to Improve Business Strategy Models,” Studies in Computational Intelligence (SCI), Vol. 719, pp. 43-56, 2017.
  9. Hironori Washizaki, “Pitfalls and Countermeasures in Software Quality Measurements and Evaluations,” Advances in Computers, Vol. 107, pp.1-22, Elsevier, 2017. (SCIE, DBLP indexded)
  10. 鷲崎弘宜、“9.未来に向かって:アジリティを追求したソフトウェア開発”, 情報処理, Vol.58, No.8, 2017.
  11. 鷲崎弘宜,須永祐輔,筧捷彦,深澤良彰,山戸昭三,大久保雅司, “情報システム開発のチームによるプロジェクトベース学習における個人特性の組み合わせと学習効果”, 工学教育, Vol.65, No.6, 2017.
  12. 鷲崎弘宜, “ゲーム×プロコン×人工知能=SamurAI Coding -第5回2016-17開催結果を中心に-”, 情報処理, Vol.58, No.11, pp.1026-1029, 2017.
  13. 杉山安洋, 沢田篤史, 鷲崎弘宜, 阿萬裕久, 門田暁人, 小林隆志, “特集「ソフトウェア工学の基礎」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.34, No.2, p.2_2, 2017.
  14. Hironori Washizaki, Nancy Mead, 30th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training, CSEE&T 2017, Savannah, GA, USA, November 7-9, 2017. IEEE 2017, ISBN 978-1-5386-2536-1
  15. 鷲崎弘宜, “実践的ソフトウェア品質測定評価のための4つの「落とし穴」と  7つの「コツ」: ゴール指向、不確実性、機械学習、実態調査ほか”, 品質, Vol.46, No.3, pp.137-140, 品質管理学会, 2016.
  16. 鷲崎弘宜, “君の実力を試してみよう! -「ラーニング・スルー・コンテスト」のすすめ -”, 情報処理, Vol.57, No.10, pp.7-10, 2016.
  17. 鷲崎弘宜、新谷勝利、青木耀平、志村千万輝、“GQM+Strategiesによる組織目標と戦略の整合化および目標定量管理の実践と拡張 – SEC WGおよび早稲田大学ゴール指向経営研究会の活動より”, IPA SEC journal, Vol. 12, No. 4, pp. 56-61, 2017年3月
  18. Atif Memon, Yasuharu Nishi, Ina Schieferdecker, Hironori Washizaki, 2017 IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation, ICST 2017, Tokyo, Japan, March 13-17, 2017. IEEE Computer Society 2017, ISBN 978-1-5090-6031-3
  19. 鷲崎弘宜、”QA to AQ: アジャイル品質保証のパターン集”、Ultimate Agile Stories Iteration 5、2015.
  20. Victor Basili, Adam Trendowicz, Martin Kowalczyk, Jens Heidrich, Carolyn Seaman, Jürgen Münch, Dieter Rombach 著, 鷲崎弘宜, 小堀貴信, 新谷勝利, 松岡秀樹 監訳, 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所ゴール指向経営研究会 訳, “ゴール&ストラテジ入門: 残念なシステムの無くし方 (GQM+Strategies)”, オーム社, 2015年9月10日発行
  21. 鷲崎弘宜、残念なシステムをなくすために、OHM Bulletin, vol.5、オーム社、2015年10月.
  22. 渡辺喜道, 鷲崎弘宜, 笹部進, 辰巳敬三 著, SQiPソフトウェア品質委員会 編集, “初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)問題と解説 第2版”, 日科技連出版社, 2015.
  23. 鷲崎 弘宜,  “海外滞在は、定量目標をもって若いうちに長く楽しみなさい  ~モントリオール在外研究の体験より~”, 早稲田大学電気工学会(EWE)会報、2016年3月号.
  24. 杉山安洋, 沢田篤史, 鷲崎弘宜, 阿萬裕久, 門田暁人, 小林隆志, 花川典子, 尾花将輝, “特集「ソフトウェア工学の基礎」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.32, No.3, p.3_3, 2015.
  25. L. Moonen, F. Khomh, H. Washizaki, Y. Guéhéneuc and G. Antoniol, Proceedings of the Third International Workshop on Patterns Promotion and Anti-patterns Prevention, IEEE, 2016.
  26. 鷲崎 弘宜、平林 大典(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第1回 「正しく」できても「正しいことをやる」のができない理由、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/05/14
  27. 鷲崎 弘宜、平林 大典、野村典文(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第3回 僕たちの仕事は役に立っているのか?、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/06/11
  28. 鷲崎 弘宜、平林 大典、野村典文(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第4回 測れるって素晴らしい!!、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/06/25
  29. 鷲崎 弘宜、平林 大典、野村典文(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第5回 プロジェクトに優先順位を付けよう、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/06/11
  30. 鷲崎弘宜, “組織パターンのネットワーク分析の試み”, Ultimate Agile Stories Iteration 4, 2014.
  31. 鷲崎弘宜、ソフトウェア品質プロフェッショナルに求められる専門性と倫理性: 知識、スキル、コンピテンシ、倫理綱領、IPA/SEC Journal, Vol.39(「今品質について考える」特集), 2015.
  32. 沢田篤史, 権藤克彦, 鷲崎弘宜, 阿萬裕久, 門田暁人, 杉山安洋, 岡野浩三, 関澤俊弦, “特集「ソフトウェア工学」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.3, p.3_4, 2014.
  33. 鷲崎弘宜、本田澄、深澤良彰、”不確定性と時間変化を含む一般化信頼性モデル”、メトリクス公団、Vol.1、TEF東海メトリクス勉強会、2013.
  34. 鷲崎弘宜、”ゴール指向の測定評価と留意 – GQMパラダイムと拡張 -“、メトリクス公団、Vol.1、TEF東海メトリクス勉強会、2013.
  35. 鷲崎弘宜、鈴木翔太、”アジャイル開発習得ワークショップの傾向と効果”、Ultimate Agile Stories Iteration3、2013.
  36. Ivar Jacobson, Pan-Wei Ng, Paul E. McMahon, Ian Spence, Svante Lidman, 日本語訳: 鷲崎弘宜, 平鍋健児, 川口恭伸, 小林展英, 吉村健太郎 訳, ソフトウェアエンジニアリングのエッセンス: SEMAT カーネル、日経ITPro、2013.
  37. 鷲崎 弘宜, “ソフトウェア品質の知識体系”, 情報処理 2014年1月号(Vol.55, No.1), pp.65-71, 2014. (校正前ドラフトPDF)
  38. 沢田篤史, 権藤克彦, 丸山勝久, 鷲崎弘宜, “特集「ソフトウェア工学」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア, Vol.30, No.3, p.3_2, 2013.
  39. Goetz BotterweckDeepak DhunganaNatsuko NodaRick RabiserHironori WashizakiJoint Workshop of the 5th International Workshop on Model-Driven Approaches in Software Product Line Engineering and the 4th Workshop on Scalable Modeling Techniques for Software Product Lines (MAPLE/SCALE 2013), SPLC ’13: Proceedings of the 17th International Software Product Line Conference, August 2013
  40. 鷲崎弘宜、“チュートリアルシリーズ「ソフトウェアの要求と設計の科学」について”, コンピュータソフトウェア, Vol.29, No.2, pp.2_41-2_42, 2012.
  41. 権藤克彦, 沢田篤史, 丸山勝久, 鷲崎弘宜, “特集「ソフトウェア工学」の編集にあたって”, コンピュータソフトウェア 29(3), 2, 2012-07-25
  42. 鷲崎弘宜, “ソフトウェアパターン - 時を超えるソフトウェアの道 - 0.編集にあたって”, 情報処理, 情報処理学会, Vol.52, No.9, pp1117-1118, 2011.(PDF)
  43. 鷲崎弘宜, “ソフトウェアパターン概観”, 情報処理, 情報処理学会, Vol.52, No.9, pp1119-1126, 2011.(PDF)
  44. 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第1回 モデルを書く意味”, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年8月8日号, 2011.
  45. 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第2回 参加チームの事例1”, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年9月5日号, 2011.
  46. 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第3回 参加チームの事例2”, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年10月号, 2011.
  47. 鷲崎弘宜, 阿左美勝, 田邉浩之, “モデル活用の効能: 第4回 参加チームの事例3”, 日経エレクトロニクス, 日経BP社, 2011年11月号, 2011.
  48. E.B. Fernandez, N. Yoshioka, H. Washizaki, J. Jurjens, M. VanHilst and G. Pernul, “Using security patterns to develop secure systems”, in “Software Engineering for Secure Systems”, IGI Global, pp16-31, 2010.(査読有)
  49. A. Nhlabatsi, A. Bandara, S. Hayashi, C.B. Haley, J. Jurjens, H. Kaiya, A. Kubo, R. Laney, H. Mouratidis, B. Nuseibeh, Y. Tahara, T.T. Tun, H. Washizaki, N. Yoshioka and Y. Yu, “Security Patterns: Comparing Modeling Approaches”, in “Software Engineering for Secure Systems”, pp75-111, IGI Global, 2010.(査読有)(PDF)
  50. 鷲崎弘宜, 阪本太志, “2010年度(第26年度)ソフトウェア品質管理研究会の報告”, Quality One, 2011.
  51. Linda M Laird, M Carol Brennan著, 野中誠, 鷲崎弘宜 訳, “演習で学ぶソフトウエアメトリクスの基礎 – ソフトウェアの測定と見積もりの正しい作法”, 日経BP, 2009.
  52. 鷲崎弘宜, 田邉浩之, 小池利和, “ソースコード解析による品質評価の仕組み”, 日経エレクトロニクス, 2010年1月25日号
  53. 鷲崎弘宜, 金山豊浩, “2009年度(第25年度)ソフトウェア品質管理研究会の報告”, Quality One, Vol.9, 2009.
  54. 中島震, 鷲崎弘宜, “ソフトウェア工学の基礎〈16〉日本ソフトウェア科学会FOSE 2009 (レクチャーノート・ソフトウェア学)”, 近代科学社, 2009年11月
  55. ETロボコン実行委員会(分担執筆: 鷲崎), “ロボットレースによる 組込み技術者養成講座”, 毎日コミュニケーションズ, 2008.
  56. 阿草清滋, 西康晴, 沢田篤史, 鷲崎弘宜, “ソフトウェアエンジニアリング領域(J07-SE)(<特集>情報専門学科カリキュラム標準J07)”, 情報処理, Vol.49, No.7, pp.743-749, 2008.(PDF)
  57. 鷲崎弘宜, 田口研治, 吉岡信和, 粂野文洋, 田原康之, 本位田真一, “トップエスイー:ソフトウェア開発におけるトップレベル技術者の育成”, Quality One, Vol.4, 2008.

Invited talks and other talks / 基調・招待講演ほか

  1. 鷲崎弘宜, enPiT-Proスマートエスイー: AI・IoT・ビッグデータ×ビジネスによるイノベーティブ人材育成プログラム, 早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム情報共有会, 福岡県 黒崎 高田工業所, 2018年10月19日
  2. 鷲崎弘宜, メトリクスによるソフトウェア品質測定評価とアジャイル&オープンソース品質, 経済調査会 セミナー 2018年10月9日
  3. 鷲崎弘宜, 機械学習とシステムズ・ソフトウェアエンジニアリング, 茨城県立水戸第一高等学校 模擬講義, 2018年9月27日
  4. 鷲崎弘宜, デザイン思考および周辺- ユーザビリティ、UX、アジャイル開発を含めて-, MCPC SMC認定研修講演 2018年9月21日 機械振興会館
  5. 鷲崎弘宜、”メトリクスによるプロダクトの品質把握・改善および組織目標の定量管理”、企業研究会 ソフトウェア開発マネジメン交流会議 2018年4月6日、東京 学士会館
  6. 鷲崎弘宜、”メトリクスによるソフトウェア品質測定評価とアジャイル&オープンソース品質”、JFPUG 2018年度 第1回会合、東京、2018年4月20日
  7. Hironori Washizaki, SC7/WG20 Convenor’s Report, ISO/IEC/JTC1 SC7 New Delhi Plenary 2018, New Delhi, India, 11.05.2018
  8. 鷲崎弘宜, 新谷勝利, “組織の目標を各プロジェクトの目標、品質グループの目標、そして各個人の目標とどう整合をはかるか -「GQM+Strategies(R)」を有効活用してみませんか”, 高品質ソフトウェア技術交流会 QuaSTom, 定例会, 東京 青山, 2018年6月13日
  9. 鷲崎弘宜, “研究のデザイン入門”, 日科技連SQiP研究会, 第1回例会, 東京, 2018
  10. 鷲崎弘宜, “オープニング(スマートエスイー紹介ほか)”, 第1回スマートエスイーセミナー, 東京, 2018年6月29日
  11. Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Visualizing Memory Space on Web Browsers for C Novices (Presented at SIGCSE 2018)”, 日本ソフトウェア科学会第35回大会 トップカンファレンス特別講演, 2018/8/28-31, 大阪大学
  12. 鷲崎弘宜, “人工知能は正しいのか? 検証できるのか?”, 早稲田大学オープンキャンパス模擬講義, 早稲田大学, 2018年8月5日
  13. 鷲崎弘宜, “プログラミング学習環境の調査と学びのルーブリック”, GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム 東京東大会, 2018年8月11日, 早稲田大学
  14. 鷲崎弘宜, “IoT時代のアーキテクチャ設計評価”, IoTイノベーションチャレンジ セミナー, 2018年8月21日, 東京・茅場町
  15. 鷲崎弘宜, “プログラミング学習環境の調査と学びのルーブリック”, プログラミング明日教育会議, 2018年8月22日, 早稲田大学
  16. 鷲崎弘宜, “enPiT-Proスマートエスイー: AI・IoT・ビッグデータ×ビジネスによるイノベーティブ人材育成プログラムのご紹介”, 電子情報技術産業協会 (JEITA) ソフトウェアエンジニアリング専門委員会, 東京・大手町, 2018年8月24日
  17. 鷲崎弘宜, 機械学習とデータ駆動システム&ソフトウェアエンジニアリング, 組込みシステムシンポジウム ESS2018 招待講演, 岐阜 下呂温泉, 2018年8月30日
  18. 鷲崎弘宜, アジャイル品質保証の知識体系 – SQuBOK 2020 予定より –, 第2回enPiT-Proスマートエスイーセミナー: アジャイル品質保証と組織変革, 早稲田大学, 2018年9月7日
  19. Joseph Yoder, 鷲崎弘宜, QA to AQ – Being Agile at Quality: Values, Practices, and Patterns, XP祭り2018, 早稲田大学, 2018年9月8日
  20. 鷲崎弘宜, 超スマート社会時代のシステム&ソフトウェア品質知識体系 – SQuBOK 2020 における AI、IoT、クラウド、オープンソース、アジャイル、DevOps と品質 –, ソフトウェア品質シンポジウム SQiP2018, 東京, 2018年9月13日
  21. 鷲崎弘宜, “enPiT-Proスマートエスイー: AI・IoT・ビッグデータ×ビジネスによるイノベーティブ人材育成プログラムのご紹介”, 電子情報技術産業協会 (JEITA) ITエレクトロニクス人材育成検討会, 東京・大手町, 2018年9月13日
  22. 鷲崎弘宜, “研究のデザイン入門”, SQiP研究会, 第1回例会, 2017
  23. Hironori Washizaki, “Analyzing and refining project failure cases from wider viewpoints by using SEMAT Essence,” Invited Talk, Essence Conference in Seoul, 16 May 2017
  24. Hironori Washizaki, “Waseda Software Quality Benchmark,” ISO/IEC/JTC1 SC7/WG6 Plenary Meeting Kuantan, May 18, 2017.
  25. Hironori Washizaki, “WG20 Convenor Report,” ISO/IEC/JTC1 SC7 Kuantan Plenary, May 19, 2017, Kuantan, Malaysia.
  26. 鷲崎弘宜, IPA RISE委託研究2015-16年度 測定評価と分析を通じたソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立, RISE調査研究「ソフトウェア製品品質実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立」報告セミナー, 2017年6月2日, 早稲田大学
  27. 鷲崎弘宜, “IPA RISE委託研究2015-16年度 測定評価と分析によるソフトウェア製品品 質の実態定量化および総合的品質評価 枠組みの確立”, JEITAソフトウェアエンジニアリング分科会, 東京, 2017年6月12日
  28. Hironori Washizaki, “Status and Possible Contributions: Asia Region,” IEEE Computer Society Professional Educational Activities Board Meeting, 2017 June 14, Phoenix, USA.
  29. 鷲崎弘宜, “クラウドを含む複雑なネットワークシステムのためのパターンを中心としたセキュリティ&プライバシ知識の扱い”, SSR平成28年度成果報告会 , 東京・国立情報学研究所, 2017年6月27日
  30. 鷲崎弘宜, “複雑なIoTソフトウェアを効率よく開発運用保守するために必要なトレーサビリの確保に向けて”, NEDO TSC Foresight フォーラム, 東京, 招待講演, 2017年7月14日
  31. 齋藤大輔, 「第四次産業革命としごとの在り方」- こども向けプログラミング学習の観点から –, 2017年度 第1回しごと能力研究学会部会・研究会, 東北工業大学, 2017年8月5日
  32. Hironori Washizaki, Goal-oriented modeling and traceability recovery for IoT Ecosystems, NII Shonan Meeting SENCPS, Aug 23, 2017, Shonan Village
  33. 鷲崎弘宜, G7プログラミングラーニングサミットとプログラミング学習ルーブリック, プログラミング教育明日会議, 2017年8月22日, 早稲田大学
  34. 鷲崎弘宜, ICST 2017 基調講演 紹介, ICST2017勉強会(まるわかりday), 早稲田大学, 2017年8月26日
  35. 齋藤大輔, 鷲崎弘宜, “Pythonを含む複数のプログラミング言語の初学者向け学習環境の特性・特徴の分析”, PyCon JP 2017, 早稲田大学, 2017年9月8日
  36. 鷲崎弘宜, メトリクスによるソフトウェア品質把握と改善- 演習を交えた品質測定評価の落とし穴とコツの習得 - , SQiPシンポジウム2017 併設チュートリアル 2017年9月13日
  37. 鷲崎弘宜、小林浩、先崎祐一郎、「SEMATエッセンスでアジャイル開発プロセスの本質と価値を探ろう – 開発の本質を捉える観点とチェックリストを与える7つのSEMATアルファとScrumの関連付けワークショップ」、XP祭り2017、2017年9月16日、早稲田大学
  38. Hironori Washizaki, “Security Patterns: Research Direction, Metamodel, Application and Verification”, Keynote, The 2017 International Workshop on Big Data & Information Security (IWBIS), Jakarta, Indonesia , Sep 23-24, 2017.
  39. 鷲崎弘宜, “論文の書き方入門 2017”, SQiP研究会 ミニ講座, 2017年10月13日, 東京.
  40. 鷲崎弘宜, 文部科学省 社会人教育プログラム enPiT-Pro「スマートエスイー」, 先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)2017年10月18日(水) 『第八回総会』, 東京
  41. 鷲崎弘宜, 津田直彦, 本田澄, “IPA RISE委託研究 2015-16年度 測定評価と分析によるソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立(報告セミナー用)”, JISA Digital Masters Forum 2017, 東京, 2017年10月24日
  42. 鷲崎弘宜, “早稲田大学 最先端ICT基盤研究所 セキュリティプラットフォーム 紹介”, 最先端ICT基盤研究所 発足式, 早稲田大学, 2017年10月24日
  43. Hironori Washizaki and Nancy Mead, “CSEE&T 2017 Opening, Hall of Fame and Best Paper Award”, 30th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T), Savannah, Georgia, November 7-9, 2017
  44. Hironori Washizaki, “CSEE&T 2017 SWEBOK Evolution Panel – View from ISO/IEC/JTC1/SC7/WG20 and SEMAT”, 30th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T), Savannah, Georgia, November 7-9, 2017
  45. 本田澄, 博士論文紹介:Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Theoretical Foundations and Empirical Applications, 招待講演, 情報処理学会 第197回ソフトウェア工学研究発表会, 2017年11月9日(木)~ 10日(金), 熊本大学
  46. 鷲崎弘宜, “メトリクスによるソフトウェア品質評価と改善 – 品質測定評価の落とし穴とコツ”, ET2017/IoT2017, 横浜, 11月17日(金)
  47. 鷲崎弘宜, “第8部:メトリクスの研究・実践・規格動向と日本のソフトウェア製品品質実態 〜IPA/RISE委託研究成果Waseda Software Quality Benckmark(WSQB)を含めて〜”, ET2017/IoT2017, 横浜, 11月17日(金)
  48. 鷲崎弘宜, “IoT/クラウド/ビッグデータ/AI に関する文科省 社会人教育プログラム”, 岡山市, しごと能力研究学会 第10回全国大会, 基調報告, 2017年11月26日
  49. 鷲崎弘宜, スマートエスイープログラムの紹介(文部科学省enPiT-Pro採択事業), 「高度データ関連人材育成プログラム」 キックオフシンポジウム『Society 5.0 を先導する人材を育成するために』, 早稲田大学,  2017年11月27日(月)
  50.  Hironori Washizaki, “Pitfalls and Countermeasures in Software Quality Measurements and Evaluations,” Keynote, 5th International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoQ2017), in conjunction with the 24th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2017), Nanjing, Jiangsu, China, 4th December 2017
  51. 鷲崎弘宜, enPiT-Pro全体紹介およびスマートエスイー紹介, 第6回enPiTシンポジウム, 岡山, 2018年1月25日
  52. 鷲崎弘宜, 子ども達に,いま必要なマナビ:プログラミング的思考や読解力の必要性と教育のあり方は? 〜データなどの確かな根拠に裏付けされた実態と展望〜, 情報処理学会第80回全国大会, 早稲田大学, 2018年3月13日
  53. 鷲崎弘宜, 文部科学省社会人教育プログラムenPiT-Proスマートエスイー: 全国産学連携ネットワークに基づくAI・IoT・ビッグデータ×ビジネスによるイノベーティブ人材育成プログラム, 次世代センサ協議会 定例会, 2018年3月14日
  54. Hironori Washizaki, Opening Remarks by Director, SamurAI Coding 2017-18: 6th IPSJ International AI Programming Contest, Tokyo, Mar 14, 2018.
  55. Hironori Washizaki, “TESEM: A Tool for Verifying Security Design Pattern Applications,” Invited Talk, 3rd International Workshop on Software Test Architecture (InSTA 2016, ICST 2016 Workshop), 10 April 2016, Chicago, U.S.A.
  56. 鷲崎弘宜, “ソフトウェア製品品質実態調査の解説”,ISO/IEC 25022/25023リリース記念セミナー, 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会, 東京, 平成28年6月22日
  57. 鷲崎 弘宜, “研究のデザイン 入門”, 日科技連SQiP研究会, 2016年6月10日
  58. 鷲崎弘宜, ”ゲームとプログラミング学習のカタチ – 初学者向け環境とラーニング・スルー・コンテスト –”, McEdu 2016
  59. Hironori Washizaki, Juan Garbajosa, “Proposals for the SWEBOK evolution process from the viewpoint of ISO/IEC/JTC1/SC7 standardization activities,” IEEE CS SWEBoK Evolution Virtual Town Hall Meeting, Aug 25, 2016 (to appear)
  60. Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe, (特別講演) “Interactive Recovery of Requirements Traceability Links Using User Feedback and Configuration Management Logs”, 日本ソフトウェア科学会第33回大会, 東北大学, 仙台, 2016年9月6–9日
  61. 鷲崎弘宜, “SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質”, 企業講演会, 2016年9月9日
  62. 鷲崎弘宜、“Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン”、PyCon JP 2016、招待講演、2016年9月21日、早稲田大学
  63. 鷲崎弘宜、日本のソフトウェア品質や生産性は 高いのか?低いのか?、早稲田電気工学会(EWE)三月会、2016年10月17日
  64. 鷲崎弘宜、正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由、SQiP Open Day 2016、2016年11月4日
  65. 鷲崎弘宜、ソフトウェアエンジニアリングの全体とIoT時代のモデリングおよび関連する品質、基調講演、JEITA組込み系ソフトウェア・ワークショップ2016、2016年11月11日
  66. 鷲崎弘宜, G7 PROGRAMMING LEARNING SUMMITの狙い, G7 PROGRAMMING LEARNING SUMMIT, 早稲田大学, 2016年11月12日
  67. Hironori Washizaki, Recovery of Traceability Links and Behavior Models for Software  Maintenance, Keynote, 2016 International Conference for Top and Emerging Computer Scientists (IC-TECS 2016), Taipei, Dec 24, 2016.
  68. Hironori Washizaki, Opening Remarks by ICST 2017 PC Chairs, IEEE ICST 2017: 10th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation, Tokyo, Mar 14, 2017.
  69. Hironori Washizaki, Opening Remarks by Director, SamurAI Coding 2016-17: 5th IPSJ International AI Programming Contest, Nagoya, Mar 17, 2017.
  70. 鷲崎弘宜, “ヒロ博士とキャンプ脱出計画(ソフトウェアはバグだらけ: 間違い前提時代のテスト)”, 中高生のためのIT・プログラミングスプリングキャンプ, 早稲田大学, 2017年3月28日
  71. 鷲崎 弘宜, “メトリクスによるソフトウェアの品質把握と改善-GQM法とメトリクス動向-”, QuaSTom高品質ソフトウェア技術交流会 第1回例会, 2015年4月24日
  72. 鷲崎 弘宜, “ゴール指向の測定と品質保証活動 -メトリクス解説およびGQM法のワークショップ-”, 株式会社SHIFT ヒンシツ大学Evening Talk #07, 2015年5月26日
  73. 鷲崎 弘宜, “研究のデザイン 入門”, 日科技連SQiP研究会, 2015年6月12日
  74. 鷲崎 弘宜、”ゴール指向の測定によるデータに裏付けられたソフトウェア品質評価と改善”、第一回メタップス人工知能セミナー「人工知能が変革するビッグデータ解析」、2015年6月14日
  75. 鷲崎弘宜、“測定と予測を通じたソフトウェア品質評価と改善の実践的取り組み”、日本オペレーションズ・リサーチ学会 信頼性研究会、早稲田大学早稲田キャンパス、2015年6月20日.
  76. 鷲崎 弘宜、“Static Analysisトラック論文紹介”、ICST2015勉強会、早稲田大学、2015年7月4日
  77. 鷲崎 弘宜、“ICST2017に向けて”、ICST2015勉強会、早稲田大学、2015年7月4日
  78. 鷲崎弘宜、“ラーニング・バイ・コンテスト (Learning by Contest) ~ プログラミング学習のシフト ~”、Minecraft x Education 2015 ライトニングトーク、早稲田大学、2015年8月9日
  79. 鷲崎弘宜、“IPA RISE委託研究 ソフトウェアのベンチマークとなる品質実態調査における品質評価枠組み”、第2回 早稲田大学・Fraunhofer IESE共催セミナー 「データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質」、早稲田大学、2015年9月4日
  80. 鷲崎弘宜、“国際会議Agile2015参加報告”、XP祭り2015、早稲田大学、2015年9月12日
  81. Hironori Washizaki, “Software Maintenance Support by Extracting Links and Models”, UQAM Latece seminar, Nov 11, 2015.
  82. Hironori Washizaki, “Software Maintenance Support by Extracting Links and Models” (revised), UQAM Latece seminar, Nov 13, 2015.
  83. Hironori Washizaki, “Recovery of Traceability Links and Behavior Models for Software  Maintenance”, ETS seminar, Nov 26, 2015.
  84. 鷲崎 弘宜, “アジャイル開発へのソフトウェア工学的アプローチ: イテレーション期間と学習ワークショップ”, 特別セミナー「アジャイル品質とソフトウェアパターン」, 早稲田大学, 2016年2月22日
  85. Hironori Washizaki, “Waseda Super Global University Program and Collaboration in Software Patterns”, Invited talk at AsianPLoP 2016: 5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs, February 24, 2016, Taipei, Taiwan
  86. Hironori Washizaki, “SamurAI Coding 2015-16 World Final Round Opening and Award Ceremony”, March 11, 2016, Yokohama, Japan
  87. Hironori Washizaki, “Introduction to Patterns”, Keynote at miniPLoP@Taipei, Taipei, 29th May, 2014.
  88. Hironori Washizaki, “PLoP, AsianPLoP, and Patterns Community in Japan”, Invited talk at miniPLoP@Taipei, Taipei, 29th May, 2014.
  89. Hironori Washizaki, “Future of SEKE, Software Engineering and Knowledge-Engineering“, short talk at panel session, SEKE 2014.
  90. 鷲崎 弘宜, プロジェクト型演習における最適なチーム構成とは?学びの過程はどのようなものか?~早稲田大学情報理工学科の実践~, PMI日本フォーラム2014, 7月13日
  91. 栗田 太郎(フェリカネットワークス)、鷲崎 弘宜(早稲田大学)、石川 冬樹(国立情報学研究所)、「ソフトウェアエンジニアリングと私たちの研究のこれまでとこれから ~SEMAT (Software Engineering Method and Theory) の概要とカードゲームによる研究活動の分析~」、第30年度 (2014年度)ソフトウェア品質管理研究会 第3回例会(合宿)特別講義、2014.
  92. 鷲崎弘宜、小堀貴信、平林大典、岸田智子、「残念なシステム」から「利益を生むシステム 」に転換するためには! ~GQM+Strategies®の活用~、SPES2014
  93. 鷲崎弘宜、井出昌浩、“『ゴール指向経営』で的を射たIT投資、利益を生む組織に~「GQM+Strategies」の活用で組織内の整合性確保と定量的管理を実現~”、IPA/SECセミナー、2014年8月20日.
  94. 鷲崎弘宜、伊藤宏幸、山本洸希、“XP祭り2014:A-7 国際会議 Agile2014の風 ~とある参加報告~”、XP祭り2014、2014年9月6日.
  95. Hironori Washizaki, “Predicting Release Time Based on Generalized Software Reliability Model”NII Shonan Meeting on Computational Intelligence for Software Engineering, Shonan Village, Oct 21, 2014.
  96. 鷲崎 弘宜, “論文の書き方 入門,” SQiP研究会ミニ講座 2014年11月7日
  97. 鷲崎弘宜, “メトリクスを用いたソフトウェア品質定量評価・改善”, ET2014 テクニカルセッション, 2014年11月21日
  98. 鷲崎弘宜, “プロジェクト型演習における成績評価と個人特性に基づくチーム構成(に向けて)” 愛媛大学 講演, 2014年12月15日
  99. 鷲崎 弘宜, “メトリクスの基礎とGQM法によるゴール指向の測定”, 日本科学技術連名SQiP研究会 演習コースI ソフトウェア工学の基礎, 2014年12月18日
  100. 鷲崎 弘宜, “SQuBOK V2設計開発領域について”,  ソフトウェア品質知識体系ガイド (第2版) SQuBOK Guide V2発行記念講演会, 2015年2月9日
  101. 鷲崎 弘宜、”ゴール指向に基づくソフトウェア品質評価とIT経営”、防衛大学 講義、2015年2月10日
  102. 鷲崎 弘宜、“早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 事例報告 ゴール指向の測定によるソフトウェア品質評価と改善の実践的取組み (Yahoo! JAPAN、富士通、コマツ等とのそれぞれ個別の産学連携成果)”, 早稲田大学&IESE&IPA/SEC共催セミナー データに裏付けられたIT経営とソフトウェア品質, 2015年2月19日
  103. 鷲崎 弘宜ほか、SamurAI Coding 2014-15 Opening, Award, Closing, and Banquet, 2015年3月18日

Media news / メディア・ニュース

  1. 高度データ関連人材育成コンソーシアム 報告, 「高度データ関連人材育成プログラム」 キックオフシンポジウム 『Society 5.0 を先導する人材を育成するために』, 2017年11月27日
  2. リセマム, アプリ甲子園2018、優勝は渋渋・浅野啓さんと浦高・田村来季さん共同開発ゲーム「PERVERSE」, 2018年10月15日
  3. PR TIMES, 「アプリ甲子園®2018」決勝大会を開催 全国の中高生アプリ開発者の頂点が決定!~優勝は浅野 啓さん・田村 来希さんのゲームアプリ「PERVERSE(パーバース)」~, 2018年10月15日
  4. 早稲田大学News, 外務省主催訪日研修の一環として、ロシア人IT分野経営者・技術者向け講演を行いました。, 2017年12月4日
  5. 齋藤大輔, 東京ゲームショウ2018 でワークショップを実施した, こどものミライ, 2018.10.5
  6. PR TIMES, 【ETロボコン2018】あなたの「いいね!」が19チームの未来を決める!アイディア満載の動画を審査して、次世代エンジニアが生み出すわくわくを体感しよう, 2018年10月3日
  7. 産経新聞ニュース, 全国の中高生がアプリ開発の頂点を目指す「アプリ甲子園(R)2018」の決勝進出者が決定~決勝大会を10月14日(日) D2Cホールにて開催~, 2018年10月1日
  8. EdTechZine, 「アプリ甲子園2018」の決勝進出者が決定、決勝大会は10月14日に開催, 2018/10/01
  9. リセマム, 中高生対象「アプリ甲子園2018」決勝進出者10組決定…10/14決勝大会, 2018.10.1
  10. PR TIMES, 全国の中高生がアプリ開発の頂点を目指す「アプリ甲子園®2018」の決勝進出者が決定~決勝大会を10月14日(日) D2Cホールにて開催~, 2018年10月1日
  11. ICT教育ニュース, アプリ開発の頂点目指す「アプリ甲子園2018」、14日に決勝大会, 2018年10月1日
  12. 日本経済新聞社, 早大とCTC、学術交流協定を締結, 2018/7/19
  13. 第6回 人生100年時代構想会議 提出資料, 第6回人生100年時代構想会議「リカレント教育」に関する意見, 2018.3.23
  14. BigGlobeニュース, 文科省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」「無線通信・IoT通信・センサネットワーク」「クラウドサービス・分散システム」講座をJMOOC公認プラットフォーム「gacco」にて12/25開講, 2018年9月27日
  15. ニコニコニュース, 文科省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」「無線通信・IoT通信・センサネットワーク」「クラウドサービス・分散システム」講座をJMOOC公認プラットフォーム「gacco」にて12/25開講, 2018/09/27
  16. ICT教育ニュース, 社会人教育事業「スマートエスイー」、オンライン講座でIoT通信関連講座, 2018年9月28日
  17. fabcross, 無料で学べる大学講座——スマートエスイー、2018年12月開講の2講座の募集開始, 2018/09/28
  18. 早稲田大学まなびのキャンパス, Learning Program 各種プログラム SmartSE, 2018
  19. 時事ドットコム, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県決勝大会を開催!, 2018年9月14日
  20. PR TIMES, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県決勝大会を開催!, 2018年9月14日
  21. 朝日新聞デジタル, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県決勝大会を開催!, 2018年9月14日
  22. ニコニコニュース, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県決勝大会を開催!, 2018年9月14日
  23. ICT教育ニュース, “早大を中心に最先端ICT技術の講座、一部無料で「gacco」で公開”, 2018年4月19日
  24. EdTechZine, 最先端ICT技術講座の一部が「gacco」で無料公開、第1弾は「スマートIoTシステム・ビジネス入門」, 2018/04/19
  25. SankeiBiz, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)(ガッコ)」にて公開-文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出-, 2018.4.18
  26. CNET Japan, 最先端ICT技術講座の一部を無料で公開, 2018年04月18日
  27. 財経新聞, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)(ガッコ)」にて公開―文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出―, 2018年04月18日
  28. News2u, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」にて公開― 文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出 ―, 2018年04月18日
  29. gihyo.jp, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT,ビッグデータ,AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」にて公開― 文部科学省が支援する社会人学び直し事業でAI・IoT人材を創出 ―, 2018年04月18日
  30. 早稲田大学, 早稲田大学を中心に最先端ICT技術(IoT、ビッグデータ、AI)講座の一部を無料でJMOOC公認プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」にて公開, 2018年04月18日
  31. @IT, 「東ロボ」を主導した数学者が「読解力がない子どもにプログラミングを教えても、意味がない」と主張する理由, 2018年04月26日
  32. The Japan News by Yomiuri Online, Establishing a Unified Systems and Software Engineering Platform by Combining Soft Approaches and Hard Approaches, April 2018
  33. 成長分野を支える情報技術人材の社会人教育 – enPiT-Proの狙いと取組みリクルート カレッジマネジメント、210号、2018年5-6月
  34. AI 駆使へ「学び直し」 大学、企業が社員向け講座 営業職も技術習得( 毎日新聞.2018/5/25)
  35. 内閣官房日本経済再生総合事務局, 未来投資戦略2018(スマートエスイーの紹介), 2018年6月
  36. 日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)2017年度事業報告レポート, Society 5.0を支える人材育成を行うenPiT-Pro高度情報人材教育の効率化にJMOOCを利活用, 2018年6月
  37. ASCII.jp, 今年は<アイディア部門>を新設!「アプリ甲子園®2018」開催のお知らせ~7月1日より8月31日まで作品を受付、10月14日に決勝大会を開催~, 2018年07月02日
  38. ICT教育ニュース, 総務省、「地域ICTクラブ」の採択候補19件を発表, 2018年7月2日
  39. リセマム, 総務省「地域におけるIoTの学び推進事業」に係る採択候補19件を決定, 2018年7月3日
  40. DreamNews, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」 JMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて9月から新たに2講座開講 「クラウド基盤」など再先端のICT技術をオンラインで学習, 2018年06月27日
  41. アフレル, マインドストーム 20周年 お祝いメッセージ, 2018年8月1日
  42. 早稲田大学 CAMPUS NOW, 最先端ICT技術講座の一部を無料で公開, 2018年8月
  43. DreamNews/株式会社ドコモgacco, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」 連続講座第3弾 JMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて「IoT」、「組込み」講座を10月開講, 2018年08月06日
  44. 4Gamer.net, プログラミング競技会「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」が開催決定。応援キャラクターはロックマン, 2018/07/05
  45. ICT教育ニュース, 小学生対象のプログラミング競技会「GPリーグ 1都3県大会」夏休みに開催, 2018/07/05
  46. 財経新聞, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」2018年 夏の1都3県大会開催決定!未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!, 2018-07-05
  47. PR TIMES, 「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」2018年 夏の1都3県大会開催決定!未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!, 2018/07/05
  48. EdTechZine, 「スマートエスイー」第3弾として「IoTとシステムズアプローチ」「組込み・リアルタイムシステム」を「gacco」にて開講, 2018/08/07
  49. fabcross, 無料で学べる大学講座——社会人学び直し事業「スマートエスイー」、最先端のICT技術を学べる講座をgacco上で公開, 2018/08/08
  50. BIGLOBEニュース, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」「ビッグデータ」、「機械学習・深層学習」が学べる講座をJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて11月29日(木)開講決定, 2018年8月31日
  51. DreamNews, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」「ビッグデータ」、「機械学習・深層学習」が学べる講座をJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて11月29日(木)開講決定, 2018年08月31日
  52. ニコニコニュース, 文部科学省が支援する社会人学び直し事業「スマートエスイー」「ビッグデータ」、「機械学習・深層学習」が学べる講座をJMOOC公認プラットフォーム「gacco(R)」にて11月29日(木)開講決定, 2018年08月31日
  53. fabcross, 無料で学べる大学講座——スマートエスイー、2018年11月開講の2講座の募集開始, 2018/09/04
  54. 教育家庭新聞, “ICT CONNECT21企画セミナー: プログラミング6ツールを比較・教育効果を検証“, 2017年4月10日
  55. Tech2GO/CodeCamp, 子供達が楽しんで取り組める「プログラミング教育」とは?【G7プログラミングラーニングサミット2017東北~】, 2017年4月13日
  56. 早稲田大学, 世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 2017年4月25日
  57. Infoseek 楽天 NEWS PR TIMES, PSQ認証取得企業協力のもと早稲田大学が研究成果を発表!世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 2017年4月25日
  58. 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター, 2015年度のソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業の成果を公開, 2017年4月20日
  59. 時事ドットコムニュース PR TIMES, PSQ認証取得企業協力のもと早稲田大学が研究成果を発表!世界初となる総合的なソフトウェア製品品質実態定量化と評価枠組みの確立, 2017年4月25日
  60. Inderscience News, New Editor for the International Journal of International Journal of Agile and Extreme Software Development, 14 June 2017
  61. INTERNET Watch, 小学生向けのプログラミング学習ツール体験会, 8月22日に早稲田大学で開催, 2017年8月10日
  62. Global edu, 【G7プログラミングラーニングサミット】話題のSTEM教材を親子で体験できる1日, 2017年8月17日
  63. ICT教育ニュース, G7、「ルビィのぼうけん」「マイクラ」体験できるイベント22日開催, 2017年8月22日
  64. 財経新聞, ICT CONNECT 21 メルマガ読者限定企画「プログラミング教育明日会議プログラム」が開催されました。 2017年8月24日
  65. 株式会社いい生活, 早稲田大学と、ソフトウェア開発領域における不具合予測技術を用いた開発意思決定支援、ならびにデータ駆動型ペルソナに基づく意思決定支援に関する共同研究を開始, 2017年8月29日
  66. VentureTimes, 株式会社いい生活: 早稲田大学と、ソフトウェア開発領域における不具合予測技術を用いた開発意思決定支援、ならびにデータ駆動型ペルソナに基づく意思決定支援に関する共同研究を開始, 2017年8月29日
  67. 東京新聞, 大図解シリーズ プログラミング教育: G7プログラミングラーニングサミット紹介, 2017年9月10日 朝刊 日曜版
  68. EdTechZine, “プログラミング教育に向けての産学官の課題が見えてきた――プログラミング教育明日会議”, 2017年9月12日
  69. Impress Watch Headline こどもとIT, “実践的な模擬授業や、具体的な提言も飛び出した、教育関係者向けシンポジウム「プログラミング教育明日会議 in 東京」”, 2017年9月4日
  70. 日刊工業新聞, 文科省、短期高度プロ5件採択 社会人の学び直し強化(enPiT-Pro スマートエスイー の取り上げ), 2017年9月21日
  71. togetter, 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所による『初学者を対象としたPythonを含むプログラミング言語の学習環境の特性・特徴の分析』
  72. IoT NEWS, 早稲田大学、AI・IoT分野のイノベーション人材創出に向け「スマートエスイー」をWASEDA NEOを拠点に開始, 2017年10月27日
  73. IoT Today, 早稲田大学、AI・IoT分野のイノベーション人材創出に向け「スマートエスイー」をWASEDA NEOを拠点に開始, 2017年10月27日
  74. 早稲田大学 Topics, 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出 社会人学び直し事業「スマートエスイー」, 2017年10月27日
  75. 共同通信PRワイヤー, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  76. Exciteニュース, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  77. AFP BBニュース, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  78. サンスポ, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  79. zakzak, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  80. 河北新報, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  81. SankeiBiz, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  82. 京都新聞, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  83. ittips.work, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  84. 千葉日報, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  85. 山梨日日新聞, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  86. itips.click, 早稲田大学 4年間で3000名育成へ、AI・IoT分野でイノベーション人材創出, 2017年10月27日
  87. システム情報, 早稲田大学等との産学連携プロジェクトに関するお知らせ, 2017年10月27日
  88. 株式会社 情報医療, 文部科学省事業「enPiT-Pro」医療分野における機械・深層学習技術を活用, 2017年10月27日
  89. マイナビニュース, 早稲田大学、AI・IoT分野で4年間で3000名を育成 – 社会人学び直し事業, 2017年10月30日
  90. 教育情報サイトeduon!, 2017年度から全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ 早稲田大学, 2017年10月30日
  91. ITmedia, 早大、イノベーション人材を育てる社会人教育プログラム「Smart SE」開講へ (Yahooニュース), 2017年10月31日
  92. BSフジ, beプログラミング3 (鷲崎教授よりルーブリック他紹介), 2017年10月29日
  93. 大学ジャーナルオンライン, 早稲田大学で2018年度からIoT分野のビジネススクール, 2017年11月1日
  94. アンドラ, 早稲田大学、AI・IoT分野のイノベーティブ人材創出に向け「WASEDA NEO」を拠点に開始, 2017年11月1日
  95. bp-Affairs, 超スマート社会のNEO人材育成, 2017年11月1日
  96. 日本経済新聞, 早大、AI・IoT分野でイノベーション人材創出事業を開始, 2017年10月30日
  97. @niftyニュース, 早稲田大学、AI・IoT分野で4年間で3000名を育成 – 社会人学び直し事業, 2017年10月30日
  98. IT人材ラボニュース, 社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始、AI・IoT分野でのイノベーション人材を創出―早稲田大学, 2017年11月2日
  99. msnニュース, 早大、イノベーション人材を育てる社会人教育プログラム「Smart SE」開講へ, 2017年10月31日
  100. @IT, 早大、イノベーション人材を育てる社会人教育プログラム「Smart SE」開講へ, 2017年10月31日
  101. Yahooニュース, 早大、イノベーション人材を育てる社会人教育プログラム「Smart SE」開講へ, 2017年10月31日
  102. ニコニコニュース, 早稲田大学、AI・IoT分野で4年間で3000名を育成 – 社会人学び直し事業, 2017年10月30日
  103. Analytics News(アナリティクスニュース), 【AI】早稲田大学、全国的な社会人学び直し事業「スマートエスイー」を開始へ—AI/IoT/ビッグデータ技術、イノベーション人材を4年間で3000名育成、2018年度より提供開始, 2017年11月6日
  104. 科学新聞, AI・IoT分野でイノベーション人材創出「スマートエスイー」開始へ: 4年間3000人育成, 2017年11月12日
  105. 早稲田大学ニュース, 産学官コンソーシアムによるデータ科学総合研究教育センターを設置 私立総合大学の理工系・人文社会科学系の叡智とデータサイエンスの大融合, 2017年12月1日
  106. 早稲田大学ニュース, データサイエンティスト育成へ、産官学金融界と国内最大級のコンソーシアムを設立, 2017年12月5日
  107. 日刊工業新聞ニュースイッチ, “AI・ITの社会人講座、相次ぎ開講。大学は企業や生徒の囲い込み狙う”, 2017年12月06日
  108. Yahooニュース, “AI・ITの社会人講座、相次ぎ開講。大学は企業や生徒の囲い込み狙う”, 2017年12月06日
  109. 読売新聞, くらし教育面の特集「ゲーム教材を小学授業に」, 2017年12月1日
  110. 早稲田大学ニュース, 2017年度 早稲田大学リサーチアワード WASEDA RESEARCH AWARD の受賞者が決定, 2017年12月7日
  111. 大学ジャーナルオンライン, 早稲田大学リサーチアワード、鷲崎教授ら12人受賞, 2017年12月11日
  112. impress こどもとIT, GPリーグ、小学生が遊びながらプログラミングを学べるイベントを1月14日に柏にて開催, 2018年1月10日
  113. Yahooニュース, GPリーグ、小学生が遊びながらプログラミングを学べるイベントを1月14日に柏にて開催, 2018年1月10日
  114. ICT教育ニュース, GPリーグ、小学生向けプログラミング体験会を14日に柏で開催, 2018年1月9日
  115. フジテレビKIDS, プログラミング・ラーニングスタジオ開催決定!, 2018年1月10日
  116. 早稲田大学ニュース, 2017年度 早稲田大学リサーチアワード WASEDA RESEARCH AWARD 表彰式, 2018年2月13日
  117. 早稲田大学ニュース, 【実施報告】2017年度「早稲田大学ティーチングアワード総長賞」授与式を開催しました, 2018年2月13日
  118. impress こどもとIT, 開発中の新アプリやさまざまなプログラミングツールが集結!「GPリーグプログラミング・ラーニングスタジオ」イベントレポート, 2018年2月21日
  119. ReseMom リセマム, 「LEGO Education Techer Award」審査員決定、応募は3/25まで, 2018年2月23日
  120. 産経ニュース, 多彩な専門分野の審査員が決定!/新しい時代をつくる、未来に向かう授業実践を大募集, 2018.2.22
  121. 日経ビッグデータ, 文科省データサイエンス人材育成が本格始動 4大学グループが企業と連携, 2018年3月13日
  122. Quon Net, 産学連携の集中講座で、SE業務プロジェクトを模擬体験 ★早稲田大学ティーチングアワード総長賞, 2018年3月15日
  123. 早稲田大学ニュース, enPiT-Pro三拠点合同シンポジウムを開催 IoTが急拡大する時代の社会人育成, 16 Mar 2018
  124. MONOist, AI活用製品の品質保証はどうすればいいのか、QA4AIコンソーシアムが発足, 2018年03月27日
  125. こどものミライ, 情報処理学会 第80回全国大会をレポート, 2018.03.23
  126. YOMIURI ONLINE, 超スマート社会の創造に向けて戦略的な共同研究を展開 – 最先端ICT基盤研究所(理工・重点研究領域)(スマートエスイーへの言及), 2018年3月27日
  127. SINDOnews.com, Pentingnya Big Data untuk Menunjang Data Statistik, 24 September 2017
  128. スーパーグローバル大学創成支援(SGU) Waseda Ocean構想 先端研究紹介, 解析測定によるソフトウェア高信頼化および開発効率化の研究, 2016年1月12日
  129. ICT教育ニュース, マイクラの教育活用法を体験できるイベント「MCEdu2016」20日、21日開催, 2016年8月12日
  130. 技術評論社, マイクラ×教育イベント「MCEdu2016」開催迫る! 20,21日は早稲田に行こう!, 2016年8月18日
  131. フタバゼミ, マイクラ教育活用の体験イベント「MCEdu2016」開催, 2016年08月16日
  132. @type,「未来のエンジニアたちにPythonの魅力を伝えたい」初心者向けワークショップも豊富な『PyCon JP 2016』ガイド, 2016年8月29日
  133. togetter, 他言語間の自動言語翻訳デモも “Pythonを含む多くのプログラミング言語を扱う処理フレームワークとパターン”, 2016年9月21日
  134. ThinkIT, PyCon JP 2016開催直前! 今年の見どころを探る― 運営メンバーのコメントを添えて, 2016年9月12日
  135. O’RREILLY Community, XP祭り2016 今年も9月に開催, 2016年8月17日
  136. CodeZine, PyCon JP 2016 開催前レポート ~第2回 プログラムについて, 2016年8月24日
  137. 日本経済新聞, 教育用ゲーム、早大が競技会 小学生対象 プログラミング理解度など測定, 2016年10月6日
  138. 技術評論社 gihyo.jp, PyCon JP 2016カンファレンスレポート 1日目オープニング,Jessica McKellar氏基調講演,鷲崎弘宜氏,Seiya Tokui氏の招待講演,注目セッションからLTまで, 2016年10月11日
  139. リセマム, 世界各国のプログラミング学習ツールを体験、早大11/12, 2016年10月19日
  140. Yahooニュース, 世界各国のプログラミング学習ツールを体験、早大11/12, 2016年10月19日
  141. こどものミライ委員会 こどものミライβ, プログラミング学習教材に特化したワークショップ&体験型展示会 「G7プログラミングラーニングサミット」開催決定!, 2016年10月19日
  142. Qiita 平鍋 健児, QA to AQ: Quality Assurance から Agile Quality へ – 伝統的な品質保証(QA)からアジャイル品質(AQ)へと変わっていこう, 2016年10月2日
  143. フタバゼミ ニュース, 早大イベント、次世代型プログラミング学習ツールを体験, 2016年10月22日
  144. ICT教育ニュース、早稲田大とフジテレビKIDS「G7プログラミングラーニングサミット」11月開催、2016年10月24日
  145. いこーよ, G7プログラミングラーニングサミットの基本情報, 2016年11月10日
  146. リセマム, マイクラ教育版の参加決定、子ども向けプログラミングサミット11/12, 2016年11月9日
  147. 日本経済新聞, 《ビジョン》鷲崎弘宜所長 データ+経験則 社会を変えたい, 2016年11月2日
  148. 日本経済新聞, 早大グローバルソフトウェアエンジニアリング研 未来の開発者育成探る, 2016年11月2日
  149. 日経トレンディ別冊「文系の親でもゼロからわかるプログラミング」、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所およびフジテレビKIDSによる調査結果への言及、2016年10月31日
  150. INTERNET Watch, 小学生向けにプログラミング学習ツールの体験会、11月12日に早稲田大学で開催, 2016年11月10日
  151. リセマム,世界のプログラミング教育ツールを検証、G7Programming Learning Summit2016, 2016年11月14日
  152. Yahooニュース, 世界のプログラミング教育ツールを検証、G7Programming Learning Summit2016, 2016年11月14日
  153. 窓の杜, 特集, 約60種類から選ばれた学習ツールが集まった“G7プログラミングラーニングサミット”レポート(前編)子供向けプログラミング教育ツール10種類を一挙紹介。PC不要の教材からゲーム感覚の教材まで, 2016年11月22日
  154. 窓の杜, 特集, 約60種類から選ばれた学習ツールが集まった“G7プログラミングラーニングサミット”レポート(後編)子供向けプログラミング教育ツール10種類を一挙紹介。PC不要の教材からゲーム感覚の教材まで, 2016年11月22日
  155. Bigtree Technology & Consulting, “早稲田大学 鷲崎教授を招聘して「メトリクスによるソフトウェアの品質把握と改善」 に関するセミナーを開催”, 2016年12月
  156. ICT CONNECT 21 メールマガジン, 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所の加入紹介, 2017年01月12日
  157. バンタン 未来のしごと研究所, まんがでわかる 親子で始めるプログラミング教育 子供の論理的思考力と問題解決力を高める育て方, G7プログラミングラーニングサミット関係 鷲崎教授 取材記事掲載, 2017年2月24日
  158. リセマム, 世界最先端が仙台に集結、第2回G7プログラミングラーニングサミット3/18, 2017年2月
  159. 窓の杜, 第2回“G7プログラミングラーニングサミット”が東北で開催 ~3月18日仙台にて, 2017年2月
  160. ICT教育ニュース, 「G7プログラミングラーニングサミット東北」3月18日仙台で開催, 2017年2月
  161. こどものミライ, G7プログラミングラーニングサミット東北 イベントレポート, 2017年3月21日
  162. ウーラ・レポート(第1回): スマート社会を拓くグリーン・コンピューティング ー産学連携による社会実装にむけてー, 2016年3月2日
  163. BLOGOS, 小学生に拡がる“マイクラ”ブーム、その教育的効果とは, 2015年9月4日
  164. ファミ通, “Minecraft × Education 2015 〜こどもとおとなのためのMinecraft〜”開催! 『Minecraft(マインクラフト)』を使った教育の可能性を追究, 2015年8月11日
  165. PS Blog, 『マインクラフト』の教育効果に専門家も驚嘆! 「Minecraft × Education 2015 〜こどもとおとなのためのMinecraft〜」レポート!、2015年8月11日
  166. ASTER イベント報告 ICST2015勉強会, 2015/7/4
  167. マイナビニュース、早大、ソフトウェアのベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究、2015年6月23日
  168. Yahoo! Japanニュース、早大、ソフトウェアのベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究、2015年6月23日
  169. Biglobeニュース、早大、ソフトウェアのベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究、2015年6月23日
  170. ライブドアニュース、早稲田大学がソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手、2015年6月23日
  171. 財経新聞、早稲田大学
    がソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手
    、2015年6月22日
  172. 産経ニュース、早稲田大学がソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手、2015年6月22日
  173. PR TIMES、早稲田大学がソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手、2015年6月22日
  174. 早稲田大学、ソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手、2015年6月22日
  175. PSQ認証ポータル、早稲田大学がソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手、2015年6月22日
  176. コンピュータソフトウェア協会、早稲田大学がソフトウェア製品において世界初のベンチマークとなる品質実態調査と評価枠組みの研究に着手、2015年6月22日
  177. スーパーグローバル大学創成支援(SGU) Waseda Ocean構想解析 ICT・ロボット工学拠点: 測定によるソフトウェア高信頼化および開発効率化の研究
  178. フジテレビ ノンストップ, McEdu 2015 マインクラフト特集, 2015年8月12日
  179. 日本科学未来館 ゲームオン, McEdu 2015 マインクラフト・教育 特集, 2016年3月~5月
  180. SHIFTニュース, 早稲田大学との共同研究がソフトウェアテストの国際会議ICSTで採択されました。 2015/03/13
  181. 日本最大級のエンジニア・デザイナーの新卒採用求人媒体「エンジニア就活」にてインタビュー記事 早稲田大学基幹理工学部准教授 鷲崎弘宜さんインタビュー
  182. 株式会社SHIFT、“早稲田大学とSHIFT、ソフトウェアテストにおける探索的手法の共同研究を開始 -16万件以上に及ぶ不具合データベースから最も効率的なテストケースを導き出すアルゴリズムの開発-”
  183. JICA, 鷲崎先生(早稲田大学)のE-JUST訪問

Others / その他

  1. 鷲崎弘宜ほか, 複雑なネットワークソフトウェア開発運用のためのトラストを考慮したセキュリティ&プライバシ・エコシステム, 電気通信普及財団, 情報通信に関する技術分野における研究調査, 2018年8月13日
  2. 本田澄, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, “ソフトウェア信頼度成長モデルの適用結果モニタリングによる開発状況の理解”, 第25回 ソフトウェア工学の基礎 ワークショップ FOSE2018, 2018/11/15(木)-11/17(土), 北海道函館市湯川町
  3. 矢澤幸也, 小形真平, 岡野浩三, 海谷治彦, 鷲崎弘宜, “画面遷移モデルに着目したユーザビリティパターン抽出手法の提案”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017, 東京, 2017年8月30日-9月1日
  4. 小島嘉津江, 森田純恵, 廣瀬竹男, 若本雅晶, 菊池慎司, 鷲崎弘宜, “ソフトウェア品質技術が品質特性に与える効果の見える化と活用の一考察”, ソフトウェア品質シンポジウム2017, 東京, 2017年9月13日-15日
  5. 佐々木綾菜, 鷲崎弘宜, 齋藤大輔, 深澤良彰, 武藤優介, 西澤利治, “小学校におけるプログラミング教育において活用可能なルーブリックの提案”, 日本デジタル教科書学会第6回年次大会, 東京, 2017年8/19(土),20(日).
  6. 渡邊泰宏, 鷲崎弘宜, 本田澄, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, “B-to-Bクラウドアプリケーションにおける反復的なデータ駆動型ペルソナ構築の事例研究”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017, ポスター論文, 東京, 2017年8月30日-9月1日
  7. 津田直彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “保守性に対する熟練者判断を用いたソースコード自動評価の最適化”, 日本ソフトウェア科学会第34回大会, ポスター, 慶應義塾大学, 日吉, 2017年9月20日
  8. 津田直彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “コードメトリクスと閾値による保守性評価:品質要求に基づいたカスタマイズ”, 第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2017, ポスター, 2017年11月23日(木)~ 25日(土), あわら温泉 清風荘
  9. 鷲崎弘宜,夏天,鎌田夏実,大久保隆夫,小形真平,海谷治彦,加藤岳久,鹿糠秀行,田中昂文,櫨山淳雄,山本暖,吉岡信和,吉野雅之, “セキュリティパターン研究の分類体系と文献調査”, 情報処理学会第198回ソフトウェア工学研究発表会, 2018年3月9日(金)~ 10日(土), 芝浦工業大学
  10. Jati H. Husen, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study”, 情報処理学会第198回ソフトウェア工学研究発表会, 2018年3月9日(金)~ 10日(土), 芝浦工業大学
  11. 横小路 高行, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “Proposal on patterns for human heads modeling,” 7th Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2018), Writing Group, March 1-2, 2018, Tokyo, Japan
  12. 津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大),保田裕一朗,杉村俊輔(小松製作所), “コードの発展性欠陥の自動評価:コンテキストを考慮したメトリクス閾値の機械学習”, 情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日
  13. 石塚 凌,津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大),保田裕一朗,杉村俊輔(小松製作所), “複数組織によるソフトウェア開発において品質を低下させるソースコードの特徴の調査”, 情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日
  14. 野寄祐樹,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大),鹿糠秀行,大島敬志,土屋良介(日立), “バグレポートの検索性向上のための機械学習による文章単位の自動ラベリング”, 情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日
  15. 駱 煒賓,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大), “テンプレートに基づく線形時相論理式の生成手法”, 情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日
  16. 南雲宙真,本田 澄,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大), “Travis Torrentを分析することで得られた「継続的インテグレー ション(CI)ツール」の利用状況”, 情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日
  17. 宮原 光・櫨山淳雄(学芸大)・鷲崎弘宜(早大)・海谷治彦(神奈川大)・大久保隆夫(情報セキュリティ大)・吉岡信和(NII), “ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュリティ要求分析からセキュリティ設計を支援するシステムの開発”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE), 石垣市民会館, 2018年 3月 1日(木), 2018年 3月 2日(金)
  18. 櫨山 淳雄 橋浦弘明 鷲崎弘宜, “DevOps教育のために構築された開発運用環境の比較”, 2018年電子情報通信学会総合大会, 2018年3月20日(火)~23日(金), 東京電機大学 東京千住キャンパス(東京)
  19. 和田直人・鷲崎弘宜・深澤良彰(早大)・鹿糠秀行・大林浩気(日立), “モデル編集操作履歴に基づくモデル変換手法の提案”, 2018年電子情報通信学会総合大会, 2018年3月20日(火)~23日(金), 東京電機大学 東京千住キャンパス(東京)
  20. 沓澤脩、櫨山淳雄、鷲崎弘宜、”中大規模OSS開発時のInformation seekingのためのトレーサビリティ可視化ツールの開発”、電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会、2016年7月13日(水)−7月15日(金)
  21. 鷲崎弘宜, “クラウドサービスの開発運用においてセキュリティとプライバシを扱うためのメタモデルと応用”, SSR平成27年度成果報告会, 2016年6月1日
  22. 内田 ちひろ、本田 澄、渡邊 泰宏、鷲崎 弘宜、深澤良彰、小川 健太郎、八木 智章、石垣 光香子、中川 雅史、”GO-MUC (Goal-Oriented Measurement for Usability and Conflict): ゴール指向によるユーザ・ビジネス要求を満たす戦略立案支援”、 HCD-Netフォーラム2016, ポスター, 東海大学高輪キャンパス, 2016年6月11日
  23. 山戸昭三, 鷲崎弘宜, “チーム演習に熱心に取り組む学生やチームの評価方法-相互評価法の提案と試行-”, 平成28年度工学教育研究講演会, 工学教育協会, 大阪大学 吹田キャンパス, 2016年9月5-7日
  24. Kei Ito, Hironori Washizaki, and Joe Yoder, “A Pattern Language for Handovers,” Focus-group/workshop proposal, 23rd Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2016), Monticello, Illinois, USA, OCTOBER 24-26, 2016. (to appear)(CORE Rank B)
  25. 礎 良輔, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 井上 栄, 華井 克育, 金澤 昌信, 難波 克司, “OSSベース開発のための由来と機能レイヤーに基づいたメトリクス可視化手法”, 日本ソフトウェア科学会第33回大会, 東北大学, 仙台, 2016年9月6–9日
  26. 細野 将揮, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 本田 澄, 宗像 一樹, 森田 純恵, 上原 忠弘, 山本 里枝子, “ソフトウェアメトリクス測定値を用いた開発時のサブシステムにおける品質改善効率低迷状態検出”, 日本ソフトウェア科学会第33回大会, 東北大学, 仙台, 2016年9月6–9日
  27. 鷲崎弘宜、小林浩、“マルチディメンショナル・レトロスペクティブ – SEMATの7つの視点で気づきの多い多面的な振り返り -“, XP祭り2016、早稲田大学、2016年9月24日
  28. 齋藤大輔, 佐々木綾菜, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 武藤優介, ”初学者向けプログラミング学習ツールにおけるゲームソフトウェアの調査と分類”、日本デジタルゲーム学会 2016年度年次大会、2017年3月11日(土)・12日(日)、星城大学(愛知県東海市)
  29. 櫨山淳雄, 宮原光, 田中昂文, 橋浦弘明, 鷲崎弘宜, 吉岡信和, 海谷治彦, 大久保隆夫, ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュリティ要求分析からセキュリティ 設計を支援するシステムの提案, 情報処理学会第79回全国大会, 2017年3月.
  30. 小島嘉津江(富士通),森田純恵,若本雅晶,宗像一樹(富士通研究所),鷲崎弘宜(早稲田大学), “ソフトウェア品質技術が品質特性に与える効果の見える化”, 情報処理学会第195回ソフトウェア工学研究発表会, 2017年3月12-13日
  31. 阿部晃佑,津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰(早稲田大学),杉村俊輔,保田裕一朗,二上将直(小松製作所), “開発委託先変更に対するソフトウェアの複雑さ・不具合修正回数の関係”, 情報処理学会第195回ソフトウェア工学研究発表会, 2017年3月12-13日
  32. 沓澤脩, 橋浦弘明, 櫨山淳雄, 鷲崎弘宜, “中大規模OSS開発時のInformation seeking のためのトレーサビリティ可視化ツールの試作”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 2017年3月9-10日
  33. 田中昂文, 櫨山淳雄, 鷲崎弘宜, 吉岡信和, “セキュリティ知識ベースと事例ベースを活用したセキュリティ要求分析・設計支援システムの提案”, 2017年電子情報通信学会総合大会 、名古屋市
  34. 鷲崎弘宜, 髙畑文雄、田中良明、”2016年度基幹理工学研究科「情報理工・情報通信専攻」と基幹理工学部「情報理工学科」在籍学生の進路状況”, EWE会報2017年3月号
  35. 鷲崎弘宜 監修, テキスト “要件定義・アーキテクチャ設計”, 平成28 年度 文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業地域IT 産業振興のためのIT アーキテクト育成事業, 2017年2月
  36. 鷲崎弘宜、“パターンワーキンググループ活動紹介および第4回 プログラムのパターンランゲージ・アジア 会議(AsianPLoP 2015)開催報告”、情報処理学会第188回ソフトウェア工学・第37回組込みシステム合同研究発表会、東芝スマートコミュニティセンター、2015年6月4-5日 (発表スライド)
  37. 柳下徹, 内田ちひろ, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストとメトリクス測定によるユーザビリティ問題予測”, HCD-Netフォーラム2015, ポスター, 東海大学高輪キャンパス, 2015年5月31日
  38. Tian Xia, Joseph Yoder, Rebecca Wirfs-Brock, Hironori Washizaki, “Improving Writer’s Workshop by Introducing Checklists and Perspectives,” Focused Group at 20th European Conference on Pattern Languages of Programs (EuroPLoP 2015), Kloster Irsee in Bavaria, Germany, July 11, 2015. (to appear) http://www.europlop.net/content/focus-groups
  39. 野口 直寛, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 佐藤 孝俊, 太田 健一郎, “類似プロダクトでのテスト実行履歴を用いたブラックボックステストにおけるテスト優先度付け”, ソフトウェア品質シンポジウム2015(SQiPシンポジウム2015), 東洋大学 白山キャンパス, 2015年9月16-18日.(to appear)
  40. 大久保隆夫、海谷治彦、鷲崎弘宣、小形真平、柿崎淑郎、櫨山淳雄、吉岡信和、”セキュリティ、プライバシー向け共通問題EMSsecの提案”、電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会、札幌市教育文化会館、2015年7月22-24日 (to appear)
  41. Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, “Predicting Release Time for Open Source Software based on the Generalized Software Reliability Model,” Poster, Agile Conference 2015, Washington, D.C., USA, August 3-7, 2015.
  42. 山戸昭三(愛媛大学), 鷲崎弘宜, “PBL活動を行う学生チームへの実装と支援の留意点”, 日本ソフトウェア科学会第32回大会, 早稲田大学, 2015年9月8-11日.
  43. Tian Xia, Joseph Yoder, Rebecca Wirfs-Brock, Hironori Washizaki, “Improving Writer’s Workshop by Introducing Checklists and Perspectives,” Focused Group on 25 Oct, 22nd Conference on Pattern Languages of Programs Conference 2015 (PLoP 2015), October 24-26, Pittsburgh, Pennsylvania, USA.
  44. Shoso Yamato, Hironori Washizaki, “Research of Mutual Evaluation Method of Team Exercises to Enhance the Convincing,” 4th Japanese International Symposium on the Analytic Hierarchy Process (JSASHP 2015), Nihon University, Tokyo, September 6, 2015. (to appear)
  45. 大久保隆夫、海谷治彦、鷲崎弘宣、吉岡信和、”形式検証を用いた攻撃分析フレームワークの提案”、コンピュータセキュリティシンポジウム2015 (CSS2015)、長崎ブリックホール、2015年10月21日(水) ~ 10月23日(金)
  46. 鷲崎 弘宜、福本 創太、山本 美聡、芳澤 正敏、大久保 隆夫、小形 真平、海谷 治彦、加藤 岳久、櫨山 淳雄、吉岡 信和、“クラウドサービスの開発と運用においてセキュリティとプライバシを扱うためのメタモデル”コンピュータセキュリティシンポジウム2015 (CSS2015)、長崎ブリックホール、2015年10月21日(水) ~ 10月23日(金)
  47. 本田 澄,伊原 彰紀,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “ソースコードの変更回数と不具合修正の関係分析に向けて”, 第32回日本ソフトウェア科学会大会, ポスター, 2015年9月10日.
  48. 鷲崎弘宜、“皆で、モデルで、論じましょう!”、ETロボコン2015 東京地区大会パンフレット、2015年9月
  49. 本田 澄,伊原 彰紀,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “オープンソースソフトウェアに関するソースコードの変更回数とバグ修正の関係分析に向けて”, 第22回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2015), ポスター, 2015年11月26日(木)〜 28日(土)山形県 天童市
  50. Daisuke Saito, PCS-J 2nd Technical Meeting and General Assembly 2015, IEEE Professional Communication Society – Japan Chapter, December 19, 2015, Shinshu University
  51. Kiyoshi Honda, “Toward an Analysis Relations between Code Changes and Bug Fixes in Open Source Software,” Poster, MSR Asia Summit 2015 The Japan Summer School in Mining Software Repositories, October 17, 2015, Kyoto Research Park, Kyoto, Japan.
  52. 内田 ちひろ、鷲崎 弘宜、深澤良彰、小川 健太郎、八木 智章、石垣 光香子、中川 雅史、”GO-MUC手法によるユーザビリティの定量化と戦略立案支援”、2015年度冬季HCD研究発表会、芝浦工業大学、2015年12月5日
  53. 本田 澄, 坂口 英司, 伊原 彰紀, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “欠陥とソースコードの変更回数の関係分析”, 情報処理学会/ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2016・イン・逗子, 2016.
  54. Hironori Washizaki, “Towards Trace-Any: Interactive and Transitive Recovery of Traceability Links,” 5th Asian Workshop of Advanced Software Engineering (AWASE2016), Nara, Japan, 19-20 March, 2016.
  55. Kiyoshi Honda, “Software Reliability Growth Model with Uncertainties and Dynamics in Development,” 5th Asian Workshop of Advanced Software Engineering (AWASE2016), Nara, Japan, 19-20 March, 2016.
  56. 櫨山淳雄, 鷲崎弘宜, 吉岡信和, 海谷治彦, 大久保隆夫, “プライバシーを考慮したソフトウェア開発技術の文献に基づく動向調査”, 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会(二種研究会)、第十八回研究会、2016年3月1日(火)、筑波大学東京キャンパス
  57. Hironori Washizaki, Sota Fukumoto, Misato Yamamoto, Masatoshi Yoshizawa, Yoshiaki Fukazawa, Shinpei Ogata, Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Takehisa Kato, Haruhiko Kaiya, Hideyuki Kanuka, Yuki Kondo, Takao Okubo, Atsuo Hazeyama, “A Metamodel for Security and Privacy Knowledge in Cloud Services,” 3rd International Workshop on Patterns Promotion and Anti-patterns Prevention (PPAP), Osaka, March 14, 2016.
  58. Hironori Washizaki, Foutse Khomh, Yann-Gaël Guéhéneuc, “Patterns for Program Reverse-Engineering from the Viewpoint of Metamodel,” 3rd International Workshop on Patterns Promotion and Anti-patterns Prevention (PPAP), Osaka, March 14, 2016.
  59. 山戸昭三, 鷲崎弘宜, “IT相互評価法の提案と試行~チーム演習における学生の参加意欲を納得性の高い方法で把握する~”, プロジェクトマネジメント学会2016年度春季研究発表大会プログラム第1日 (3月10日) 於:東洋大学白山キャンパス
  60. Yang Yujiang, Sakamoto Kazunori, Washizaki Hironori, Fukazawa Yoshiaki, “A Tool for Suggesting Program Elements to Be Changed in Next Edit,” IEICE SIGSS July 9-11, 2014.
  61. 坂本一憲(国立情報学研究所)、高野孝一(株式会社オービック)、本田澄、音森一輝、山崎頌平、鷲崎弘宜、深澤良彰、”まねっこダンス:真似て覚えるプログラミング学習ツール”、日本ソフトウェア科学会第31回大会、名古屋大学東山キャンパス、2014年9月7日~10日
  62. 高澤亮平(早稲田大学)、坂本一憲(国立情報学研究所)、鷲崎弘宜、深澤良彰(早稲田大学)、”RepositoryProbe: リポジトリマイニングのためのデータセット作成支援ツール”、日本ソフトウェア科学会第31回大会、名古屋大学東山キャンパス、2014年9月7日~10日
  63. 山本美聡, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 大久保隆夫, 海谷治彦, 吉岡信和, “OSS におけるセキュリティパターンの特定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)
  64. 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 大久保隆夫, 海谷治彦, 吉岡信和, “モデルテストによるセキュリティ設計パターンの適用検証“, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)
  65. 伊藤百合菜, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “セキュリティパターンの研究に関するシステマティックマッピング”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)
  66. 芳澤正敏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストテンプレートを用いたセキュリティ設計パターンの実装の適用検証”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 セキュリティ共通問題ワークショップ, 芝浦工業大学 芝浦キャンパス, 2014年9月1日(月)~3日(水)
  67. 本田澄、中井秀矩、鷲崎弘宜、深澤良彰、森牧、小川健太郎、高橋一貴、“CIツールとリポジトリシステムを用いた欠陥数予測”, SQiPシンポジウム2014, 9月12日, 東洋大学
  68. 横田真人、雨谷幸郎、井出昌浩、鷲崎弘宜、”システム企画における最適な意思決定のための重要意思決定キャンバスの提案”、ショートペーパ、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)
  69. 藤野啓輔、伊原彰紀、本田澄、鷲崎弘宜、松本健一、”OSSの不具合修正曲線に基づく残存未修正不具合数の予測の試み”、ショートペーパ、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)
  70. 本田澄、鷲崎弘宜、深澤良彰、”リポジトリシステムとソフトウェア信頼性モデルを用いた欠陥数予測”、電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会10月研究会、IEICE SIGSS、2014年10月23-24日、高知市文化プラザかるぽーと
  71. 渡邉 卓弥、秋山 満昭、酒井 哲也、鷲崎 弘宜、森 達哉、”Androidアプリの説明文とプライバシー情報アクセスの相関分析”、コンピュータセキュリティシンポジウム 2014 (CSS2014)、2014年10月22日(水) ~ 10月24日(金)、札幌コンベンションセンター
  72. 津田 直彦,高田 正樹,鷲崎 弘宜,深澤 良彰(早稲田大学), 杉村 俊輔,保田 裕一朗,二上 将直(小松製作所), “保守性・再利用性が低いファイルの予測:産業データを用いた研究”, 情報処理学会第186回ソフトウェア工学研究発表会, 大阪大学, 2014年11月13日(木)~14日(金)
  73. 津田 直彦, 高田 正樹, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 杉村 俊輔, 保田 裕一朗, 二上 将直、”保守性・再利用性の低いファイル予測:プロジェクトに合わせた最適化の枠組み”、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、ポスター、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)
  74. 本田 澄, 中井 秀矩, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰、”開発者数の変動を含むソフトウェア信頼性モデルを用いた欠陥数予測”、日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島、ポスター、霧島国際ホテル、2014年12月11日(木) – 13日(土)
  75. 津田直彦, 高田正樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 杉村俊輔, 保田裕一朗, 二上将直, “メトリクスと閾値による保守性・再利用性評価式の作成・更新プロセス”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  76. 鷲崎弘宜, 夏天, 深澤良彰, “ピアレビュー技法とライターズワークショップ”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  77. 本田澄, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “開発者行動を考慮したソフトウェア信頼性モデル”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  78. Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Can the software design activity be quanti ed?,” 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾, 2015年1月22日(木)~23日(金), カルチャーリゾート フェストーネ (to appear)
  79. 音森一輝,坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰, “キャラクタの性質によるプログラミング教育効果の差異の検証”, 教育システム情報学会 2015年1月研究会, 大阪産業大学, 2015年1月10日(土)
  80. 山崎頌平,坂本一憲,本田澄,鷲崎弘宜,深澤良彰, “プログラミング教育:ロボットの導入による効果についての比較研究”, 教育システム情報学会 2015年1月研究会, 大阪産業大学, 2015年1月10日(土)
  81. 櫨山淳雄, 齊藤大仁, 吉岡信和, 熊谷梓, 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 海谷治彦, 大久保隆夫, “ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなWebアプリケーション開発事例ベースの試作”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (KBSE) , 2015年1月研究会, 東京, 2015年1月27日.
  82. 櫨山淳雄, 齊藤大仁, 吉岡信和, 熊谷梓, 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 海谷治彦, 大久保隆夫, “ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなソフトウェア開発事例ベースの提案”, 情報処理学会 第77回全国大会, 京都大学, 2015年3月17-19日.
  83. 高澤亮平(早大),坂本一憲(NII),鷲崎弘宜,深澤良彰(早大), “プログラミングと性格に関する一考察”, 情報処理学会第77回全国大会, 京都大学, 2015年3月17-19日.
  84. 齊藤大仁, 櫨山淳雄, 吉岡信和, 熊谷梓, 小橋孝紀, 鷲崎弘宜, 海谷治彦, 大久保隆夫, “ソフトウェアセキュリティ知識を活用したセキュアなソフトウェア開発のための事例ベース管理システムの開発”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (KBSE) , 2015年3月研究会, 東京, 2015年3月5-6日.
  85. 石井裕志, 丸屋宏ニ, 羽原寿和, 鷲崎弘宜, “プロジェクト特性を基にしたアジャイル開発適合性評価手法”, 情報処理学会第187回ソフトウェア工学研究発表会, 平成27年3月12日(木)~13日(金), 化学会館, 2015. (to appear)
  86. 雨谷幸郎, 横田真人, 井出昌浩, 鷲崎弘宜, “システム企画における意思決定支援プロセスの提案”, 情報処理学会第187回ソフトウェア工学研究発表会, 平成27年3月12日(木)~13日(金), 化学会館, 2015. (to appear)
  87. 繁在家学(IBM BAM: Business Application Modernization),  鷲崎弘宜(早稲田大学 鷲崎研究室), “論文紹介: A4. How Do Professionals Perceive Legacy Systems and Software Modernization?,” ICSE 2014 勉強会, 2014年
  88. 高田正樹、鷲崎弘宜、遠藤匠、大藤大、深澤由彰、佐藤雅宏、杉村俊輔、関洋平: “組込みソフトウェアの派生開発におけるソースコードメトリクスによる再利用性測定”、ソフトウェア品質シンポジウム 2013、2013. (解釈を変更可能なプログラムソースコード保守性評価ツールの実現と適用.pdf)
  89. 高澤 亮平、坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”メトリクス測定に基づくオープンソースプロジェクトにおける実証的研究”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_39.pdf)
  90. 津田 直彦、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”責務の割り当てに着目した設計クラス図の機能性・保守性評価”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_38.pdf)
  91. 角谷 将司、鷲崎 弘宜、川村 健、深澤 良彰、”Portland Pattern Repository上のソフトウェアパターン群に対するネットワーク分析”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日(fose2013_submission_46.pdf)
  92. 坂本 一憲、本田 澄、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”ホワイトボックス単体テストにおけるペアテスティング”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_45.pdf)
  93. 新井 慧、坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”ゲーミフィケーションを用いたバグパターンによる欠陥除去の促進”、第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀、石川県加賀市山代温泉、2013年11月28-30日 (fose2013_submission_36.pdf)
  94. 日野 克哉, 鷲崎 弘宜, “UI 設計のためのHTML デザイン パターン”, Proceedings of the 3rd Asian Conference on Pattern Language of Programs (AsianPLoP 2014), pp.XX-YY, Tokyo, March 5-8, 2014. (to appear)
  95. Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai, Mikihiko Yamamoto, “Influence of Organizational Change on Product Metrics and Defects,” 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会5月, 2013.
  96. 本田 澄,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “開発における不確定性と時間変化を考慮した一般化信頼性モデル”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会5月(第180回SE・第29回EMB合同研究発表会), 2013.(PDF)
  97. 鷲崎 弘宜, 川村 健, 角谷 将司, 深澤, 良彰, “Portland Pattern Repositoryにおけるソフトウェアパターンに対するネットワーク分析”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会7月, 2013.(PDF)
  98. 野田 夏子、岡野 浩三、早水 公二、戸田 航史、上野 秀剛、石尾 隆、林 晋平、妻木 俊彦、中村 匡秀、岸 知二、本橋 正成、鷲崎 弘宜、”ウィンターワークショップ2013・イン・那須報告”、情報処理学会 第181回ソフトウェア工学研究発表会、2013.(PDF)
  99. 鷲崎 弘宜、伊永 祥太、山田 佑輔、筧 捷彦、深澤 良彰、山戸 昭三、大久保 雅司、”プロジェクト型演習に基づく実践的IT講座における共通性の分析と教育効果の評価”、日本ソフトウェア科学会 第30回大会、東京大学本郷キャンパス、2013年9月10-13日(PDF)
  100. 坂本 一憲、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”プログラミング初学者向けコンテストシステム”、日本ソフトウェア科学会 第30回大会、東京大学本郷キャンパス、2013年9月10-13日 (PDF)
  101. 徳本 晋、坂本 一憲、下條清史、上原 忠弘、鷲崎弘宜、”システム再構築プロジェクトにおけるバグローカリゼーションの適用”、ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2013 併設ワークショップ「プログラム・デバッグ自動化の現状と今後」、2013年9月11日
  102. 坂本 一憲、下條 清史、徳本 晋、上原 忠弘、杉本 元気、本田 清、鷲崎 弘宜、深澤 良彰、”リスク算出式を変更可能なバグローカリゼーションフレームワーク”、ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムSES2013 併設ワークショップ「プログラム・デバッグ自動化の現状と今後」、2013年9月11日  (PDF, SES2013_WS1)
  103. 岸知二、石田裕三、坂田祐司、中西恒夫、野田夏子、野中誠、林好一、久住憲嗣、山内和幸、吉村健太郎、鷲崎弘宜、”ソフトウェアプロダクトライン国際会議(SPLC2013)参加報告”、情報処理学会第182回ソフトウェア工学研究発表会、ITビジネスプラザ武蔵、2013年10月24日-25日 (sigse2013-10.pdf)
  104. 横田真人、雨谷幸郎、井出昌浩、原田龍一、鷲崎弘宜、”システム企画局面における戦略的意思決定”、第9回情報システム学会全国大会・研究発表大会、新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス、11月30日 (to appear) http://www.issj.net/conf/issj2013/
  105. 横田真人、雨谷幸郎、井出昌浩、原田龍一、鷲崎弘宜、”システム企画局面における戦略的意思決定の考察”、情報処理学会 第126回情報システムと社会環境研究発表会、室蘭工業大学 東京オフィス・青山、12月2日(to appear)http://ipsj-is.jp/2013/11/is126/
  106. 鷲崎 弘宜, 大河原 洸太, 原 章浩, 深澤 良彰, “アスペクト指向プログラミングによる高性能・低消費電力化”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2014年1月, IEICE SIGSS, 2014. (to appear) (SIGSS-アスペクト指向性能向上-20140109.pdf)
  107. 新井慧, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “得点による競争原理を用いた静的解析ツールによる欠陥除去の促進”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 2014年3月研究集会, 2014. (65247-manu.pdf)
  108. Genki Sugimoto, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “Improving Fault Localization Based on Dynamic Slicing using Additional Assertions,” The 76th National Convention of IPSJ, March 11-13, Tokyo, 2014.
  109. Junichi Kobayashi, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa, “The construction technique of a uni c abstract syntax tree for two or more programming languages,” The 76th National Convention of IPSJ, March 11-13, Tokyo, 2014.
  110. 音森一輝, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ぬいぐるみを利用したプログラミング学習環境の構築”, 情報処理学会 第76回全国大会, 東京電機大学, 3月11-13日, 2014.
  111. 津村 耕司 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰 , 土屋 良介 , 大島 敬志 , 三部 良太, 静的・動的ハイブリッドな解析によるコード・データのトレーサビリティリンクの抽出, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,5-6 (2014-01-16)
  112. 本田 澄 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, 不確実性を含む信頼性成長モデル, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,15-16 (2014-01-16)
  113. 高澤 亮平 , 坂本 一憲 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, テストコードに着目したOSSにおける実証的研究, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,21-22 (2014-01-16)
  114. 津田 直彦 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, クラスの責務の大きさに着目したUML設計クラス図の構造評価, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,25-26 (2014-01-16)
  115. 角谷 将司 , 鷲崎 弘宜 , 川村 健 , 深澤 良彰, Portland Pattern Repository上のソフトウェアパターン群に対するネットワーク分析, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,53-54 (2014-01-16)
  116. 鷲崎 弘宜, SEMATメソッドアーキテクチャによるソフトウェアパターンの共通表現, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,59-60 (2014-01-16)
  117. 中井 秀矩 , 本田 澄 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰, GQM を用いた改善プロセスサポートツールの開発, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集,2014,105-106 (2014-01-16)
  118. 大久保隆夫 , 海谷治彦 , 鷲崎弘宜 : 国際会議ARES2013参加報告―セキュリティ共通問題の観点から― ,研究報告コンピュータセキュリティ(CSEC),2014-CSEC-64(44),1-7 (2014).(csec64_ares.pdf)
  119. 書籍『システム設計の謎を解く 改訂版 強いSEになるための機能設計と入出力設計の極意』(著: 高安 厚思)への推薦文, 鷲崎弘宜, 2013.
  120. 坂本一憲, 大橋昭, 太田大地, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “UNICOEN: 複数プログラミング言語対応のソースコード処理フレームワーク”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012(SES2012), 2012. (PDF)
  121. 坂本一憲,海津智宏,波村大悟,鷲崎弘宜,深澤良彰, “Webアプリの動的部分に着目したグレーボックス統合テストとテンプレート変数カバレッジの提案”, 第19回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2012 in 湯布院, 2012. (PDF)
  122. 青井翔平, 坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰, “DePoT: Webアプリケーションテストにおけるテストコード自動生成テスティングフレームワーク”, 第19回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2012 in 湯布院, 2012. (PDF)
  123. 鷲崎弘宜, 村上真一, 深澤良彰, “Simulinkモデルにおける非完全一致のクローンの検出”, 組込みシステムシンポジウム2012 ESS2012, 2012. (PDF)
  124. 鷲崎弘宜, 森田翔, 長井恭兵, 布谷貞夫, 佐藤雅宏, 杉村俊輔, 関洋平, “組込みソフトウェアの派生開発におけるソースコードメトリクスによる再利用性測定”, ソフトウェア品質シンポジウム2012(SQiPシンポジウム), 2012.  (PDF)
  125. 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, “情報システム企画・開発の実践的な疑似プロジェクトベース教育”, 日本工学教育協会 平成24年度工学教育研究講演会, 2012. (PDF)
  126. 坂本一憲,海津智宏,波村大悟,鷲崎弘宜,深澤良彰, “Webアプリケーションの動的部分に着目したグレーボックス統合テストの提案”, 情報処理学会第176回SE・第25回EMB合同研究発表会, 2012.
  127. 鷲崎弘宜, 坂本一憲, 和田雅彦, “Samurai CodingなどにみるゲームAIプログラミングコンテストのための原則とパターン”, コンピューターエンターテイメントデベロッパーズカンファレンス CEDEC 2012, 2012.
  128. 角谷将司,中野聡之,小澤貴之,和田雅彦,伊藤弘毅,鷲崎弘宜,深澤良彰, “ETロボットコンテストを題材としたプロセスが不明瞭な開発におけるパターンマイニングの提案”, 情報処理学会第177回ソフトウェア工学研究会 (SE), 2012.
  129. 鷲崎弘宜, 村上真一, 深澤良彰, “Simulinkモデルにおけるグラフに基づく非完全一致モデルクローン検出”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会7月, 2012.  (PDF)
  130. 鈴木 翔大,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “ワークショップを通じたアジャイル開発の習得に向けて”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012 ワークショップ, 2012.
  131. 角谷 将司,中野 聡之,小澤 貴之,和田 雅彦,伊藤 弘毅,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “ETロボットコンテストのためのパターン・ランゲージ”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012 ワークショップ, 2012.
  132. 土屋 良介, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 加藤 正恭, 川上 真澄, 吉村 健太郎, “派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサビリティリンク抽出”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会11月 (IEICE-SIGSS), 2012. (SIGSS201211.pdf)
  133. 中野 聡之, 角谷 将司, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “パターンの構造化に基づくパターン・ランゲージの拡充”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2013・イン・那須, 2013.
  134. 鷲崎 弘宜,鈴木 翔大,塩浜 龍志,角谷 将司,深澤 良彰, “Systematic Mappingを用いたアジャイルワークショップの分析”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2013・イン・那須, 2013.
  135. 鈴木 翔大,塩浜 龍志,角谷 将司,鷲崎 弘宜,深澤 良彰, “アジャイルモデルの習得におけるワークショップの有効性の分析”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2013・イン・那須, 2013.
  136. 土屋 良介, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサビリティリンク抽出”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会 ウィンターワークショップ2013・イン・那須, 2013.
  137. 小澤 貴之, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “Simulinkモデルの保守性向上に向けたクラスタリングおよびUMLモデルとの双方向変換”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会1月 (IEICE-SIGSS), 2013.
  138. 新井 慧, 坂本 一憲, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “ゲーミフィケーションを用いたバグパターンによる欠陥除去を促進する手法の提案”, 情報処理学会 第75回全国大会, 2013.
  139. 高野 孝一, 坂本 一憲, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “女子学生向けプログラミング学習環境の構築”, 情報処理学会 第75回全国大会, 2013. (高野_IPSJ全国大会Ver1.4.pdf)
  140. 津田 直彦, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “上流工程のUML クラス図を入力としたソフトウェアの保守性測定メトリクススイート”, 情報処理学会 第75回全国大会, 2013.
  141. 杉本 元気, 坂本 一憲, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “Vim エディタ上でのキー入力解析による入力短縮化方法の学習を支援するツールの構築”,
  142. 加藤 史也, 坂本 一憲, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “オブジェクトおよびアスペクト指向プログラミング言語との比較実験を通した新しいコンテキスト指向プログラミング言語の提案”, 情報処理学会 第75回全国大会, 2013.
  143. 髙澤 亮平, 坂本 一憲, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “テスト貢献度に基づくゲーミフィケーションを用いた教育用テストツールの提案”, 情報処理学会 第75回全国大会, 2013.
  144. 下條 清史, 坂本 一憲, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “複数言語対応かつ算出式変更可能なバグローカリゼーションフレームワークの提案”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会3月 (IEICE-SIGSS), 2013. (PDF, SS13_Shimojo)
  145. 小橋 孝紀, 大久保 隆夫, 海谷 治彦, 吉岡 信和, 伊永 祥太, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “モデルテストによるセキュリティ分析・設計パターンの適用支援”, コンピュータセキュリティシンポジウム 2012. (CSS2013.pdf)
  146. 神谷知行, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Refactoring Script:再利用可能なリファクタリングスクリプトと処理系”, 情報処理学会第93回プログラミング研究発表会, 2013. (pro.pdf)
  147. 坂本一憲, “単体テストツールにおける複数言語対応化の事例とカバレッジ技術の最新動向”, ガイオ プライベートセミナー2012秋, 2012.
  148. Yutaro Nomoto, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “構造および語の類似性に基づくアナリシスパターンの自動抽出”, Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), pp.III-106-III-115, 2011. (PDF)
  149. Kazunori Sakamoto, Akira Ohashi, Masaya Shimizu, Syuhei Takahashi, Shinichi Murakami, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “コンピュータプレイヤー同士の対戦を通したプログラミングコンテストのパターンランゲージ”, Proceedings of the 2nd Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2011), pp.III-116-III-133, 2011. (PDF)
  150. 塩浜 龍志, 坂本 一憲, 久保秋 真, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “アジャイル開発における適切なイテレーション期間のシミュレーションによる推定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011), 2011. (PDF)
  151. 中野 聡之, 中野 由貴, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “アーキテクチャパターンの構造化に基づくパターン候補マイニング”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011), 2011. (PDF)
  152. 志水理哉, 伊藤弘毅, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “設計段階における抽象度を考慮したソフトウェアの保守性評価枠組み”, 第18回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011 in 浅虫温泉, 2011. (PDF)
  153. 伊藤弘毅, 志水理哉, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “保守性向上へ向けた設計モデルとソースコード間のトレーサビリティ解析”, 第18回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2011 in 浅虫温泉, 2011. (PDF)
  154. Reisha Humaira, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Unified Source Code Measurement Tool Supporting Multiple Programming Languages,” ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, 2012.
  155. 神谷知行, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “複数のプログラミング言語に対応する拡張可能なリファクタリングエンジンの開発”, ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, 2012.
  156. 鷲崎弘宜, 本橋正成, “第2回プログラムのパターンランゲージ・アジア会議(AsianPLoP 2011)開催報告と展望”, ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, 2012.
  157. 鷲崎弘宜, “アジャイルソフトウェア開発と科学”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 ワークショップ, 2011. (PDF)
  158. 塩浜龍志, 坂本一憲, 久保秋真, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “アジャイル開発におけるシミュレーションを用いた適切なイテレーション期間推定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 ワークショップ, 2011. (PDF)
  159. Kazunori Sakamoto, Takuto Wada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “A Tool For Detecting Duplicated Test Code Based On Test Coverage to Assist TDD,” 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, SS2011-8, 2011.
  160. 大橋昭, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “言語非依存なアスペクト指向プログラミングフレームワーク”, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.
  161. 熊木健太郎, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “要求・設計資産からのプロダクトラインアーキテクチャ抽出”, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.
  162. 福留康之, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Webサービスの変更履歴に基づく差分検出と修正支援手法”, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.
  163. 中野由貴,鷲崎弘宜,深澤良彰, “設計原則と実現手段に着目したソフトウェアアーキテクチャ設計支援”, 情報処理学会第74回全国大会, 2012.
  164. 村上真一,鷲崎弘宜,深澤良彰, “Simulinkモデルにおける非完全一致のモデルクローン検出”, 情報処理学会第74回全国大会, 2012.
  165. 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, 粂照彦, 玉木学, 加納寿一, “情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係”, プロジェクトマネジメント学会 春季研究発表大会, 2012.(PDF)
  166. 下條清史, 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “プログラムの構造に着目したFault-Localizationとデバッグ支援”, 電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, SS2011-73, 2012.
  167. 坂本一憲, 大橋昭, 太田大地, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “UNICOEN: 複数プログラミング言語対応のソースコード処理フレームワーク”, 情報処理学会 第88回プログラミング研究発表会, 2012.
  168. 熊木 健太郎, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “要求・設計資産からのプロダクトラインアーキテクチャ抽出”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010), 2010. (PDF)
  169. 坂本 一憲, 和田 卓人, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, “テストカバレッジに基づく重複テストコードの検出ツール”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010), 2010.
  170. 福留康之, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Webサービスのリファクタリング検出と自動修正”, 第17回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2010), 2010.
  171. 鷲崎弘宜, 高橋竜一, 村上真一, 大橋昭, 吉岡信和, 石川冬樹, 久保淳人, 山本里枝子, 小高敏裕, 錠尚史, 鹿糠秀行, 杉本信秀, “ディペンダビリティ確保にむけたアスペクト指向技術動向”, 情報処理学会第168回ソフトウェア工学研究発表会, 2010.5.
  172. 志水理哉, “モデル駆動における高信頼のデザインパターン適用支援に関する研究”, SES2010ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ・アジャイル開発ワークショップ, 2010.
  173. 鷲崎弘宜, “第1回プログラムのパターンランゲージ・アジア 会議(AsianPLoP 2010)開催報告と展望”, SES2010ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ・アジャイル開発ワークショップ, 2010. (PDF)
  174. 坂本一憲, “AIプログラミングを通して参加する教育向けゲームシステムに適したソフトウェアパターン”, SES2010ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ・アジャイル開発ワークショップ, 2010.
  175. 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “動的なコードの評価機構を備えた言語に対するテストカバレッジ測定ツール”, 日本ソフトウェア科学会第27回大会, 2010.
  176. 坂本一憲, “AIプログラミングを通して参加する教育向けゲームシステムに適したソフトウェアアーキテクチャ”, CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010), 2010.
  177. 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テスティングフレームワークにおける問題と考察”, 第17回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2010), 2010.
  178. Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Fukazawa Yoshiaki, “Design Pattern Evaluation by Machine Learning”, IWESEP 2010: International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, Poster, 2010.12.
  179. 志水理哉, 伊藤弘毅, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “設計段階におけるソフトウェア品質特性の評価枠組み”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺, 2011.1.
  180. 中野由貴, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “設計原則への分解を用いたアーキテクチャパターン選択支援”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺, 2011.1.
  181. 「アドバイザリーボード事業」研究会, 平成22年度「Rubyビジネスモデル研究実証事業」成果公開, 2011年3月
  182. 坂本一憲、鷲崎弘宜、深澤良彰, “柔軟かつ複数プログラミング言語対応のテストカバレッジ測定フレームワーク”, 第8回情報科学技術フォーラムFIT2009, pp.1-12, 2009. (FIT船井ベストペーパー賞)
  183. 城間祐輝, 久保淳人, 吉岡信和, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “パターン間の関係を考慮したセキュリティパターン適用支援”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009論文集, 2009. (学生奨励賞) (PDF)
  184. 中村悠人,鷲崎弘宜,深澤良彰, “単語の類似度を用いたUMLクラス図の理解性の測定と評価”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009論文集, 2009. (PDF)
  185. 内山諭, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “メトリクスと機械学習によるデザインパターン検出”, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009, 2009.(学生奨励賞) (PDF)
  186. 野本悠太郎, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “構造および語の類似性に基づくアナリシスパターンの自動抽出”, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009, 2009. (PDF)
  187. 江口和樹, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “アスペクト指向によるAjaxデザインパターンの適用”, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2009, 2009.
  188. 坂本一憲, 和田卓人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストカバレッジに基づくテストコードの再構成パターン”, 1st Asian Conference on Pattern Languages of Programs (AsianPLoP 2010), 2010.3. (PDF)
  189. 鷲崎弘宜, “Web2.0におけるリッチクライアント開発のためのアスペクト指向技術の調査研究”, 産学戦略的研究フォーラム(SSR)平成20年度成果報告会, 2009.
  190. 鷲崎弘宜, “プログラムソースコードの高精度な品質評価”, ソフトウェアプロセス改善カンファレンス 2009 (SPI Japan 2009), 2009.
  191. 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “共通の言語モデルを用いた複数プログラミング言語対応のテストカバレッジ測定フレームワーク”, 第7回ディペンダブルシステムワークショップ (DSW’09summer), 日本ソフトウェア科学会, pp.167-170, 2009. 7.
  192. 鷲崎弘宜, 田村智英, 深澤良彰, “設計原則に基づくアーキテクチャリファクタリング”, SES2009 パターンとアーキテクチャ ワークショップ, 2009.9.
  193. 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “テストカバレッジ測定フレームワーク Open Code Coverage Framework”, ポスター, 第16回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2009), 日本ソフトウェア科学会, 2009. 11.
  194. 坂本一憲, 内山諭, 城間祐輝, 野本悠太郎, 庄山昭彦, 中村悠人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “AIプログラミングを通して参加する教育向けゲームシステムに適したソフトウェアアーキテクチャ”, ゲーム学会「ゲームと教育」研究部会第3回研究会, 2010.3.
  195. 重井康宏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “REST形式Webサービスのテスト実行に基づく高精度な検索”, 情報処理学会第167回ソフトウェア工学研究発表会, 2010.3.
  196. 川口真司, 柿元健, 大森隆行, 王秋時, 南川恭洋, 坂本一憲, 野田訓広, 福島義彦, “第16回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSEC 2009)参加報告”, 情報処理学会第167回ソフトウェア工学研究発表会, 2010.3.
  197. Akira Ohashi, Shinichi Murakami, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Tomohiko Mizumachi, “A Practical Aspect-Oriented JavaScript? Programming Framework Based on a Proxy Mechanism,” 9th Annual Aspect-Oriented Software Development Conference (AOSD.10), Demonstration Track, 2010.3.
  198. Shinichi Murakami, “Modularization of Extended Requirement by Use of Aspect in Rich Internet Application that Uses Database,” 9th Annual Aspect-Oriented Software Development Conference (AOSD.10), Students Poster, 2010.3.
  199. 鷲崎弘宜, “協調作業型のパターンマイニング・ワークショップ”, 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷, 2010.1.(PDF)
  200. Jonatan HERNANDEZ, Kubo ATSUTO, Hironori WASHIZAKI, Yoshiaki FUKAZAWA, “Evaluation of the Application of Design Patterns by Using Classification with a Support Vector Machine,” 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷, 2010.1.(PDF)
  201. 鷲崎弘宜, “アスペクト指向ソフトウェア工学”, SES2009 チュートリアル資料, 2009. (SES2009-AOSD.pdf)
  202. 久保淳人, 水町友彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 鹿糠秀行, 小高敏裕, 杉本信秀, 永井洋一, 山本里枝子, 吉岡信和, AOJS: アスペクトを完全分離記述可能なJavaScriptアスペクト指向プログラミング・フレームワーク, 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008), November 13-15, 2008. (PDF)
  203. 雁行進夢,久保淳人,鈴木三紀夫,鷲崎弘宜,深澤良彰,”ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”,ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008, pp.71-78 ,September 1-3,2008. (PDF)
  204. 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソフトウェアパターン選択支援の現状と展望”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ), September 1-3, 2008.
  205. 鷲崎弘宜, “品質要求とパターンに基づくアーキテクチャ設計”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ), September 1-3, 2008.
  206. 鷲崎弘宜, 小池利和, 波木理恵子, 田邉浩之, “C言語プログラムソースコードの再利用性測定法とその評価”, ソフトウェアテストシンポジウム JaSST’09 Tokyo, 2009. (PDF)
  207. 鷲崎弘宜, “セキュリティパターンのモデル化と応用に向けて”, 情報処理学会ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎, 2009. (PDF)
  208. 久保淳人,鷲崎弘宜, 深澤良彰, “クラスタリング技法を用いたソフトウェアパターン分類”, 情報処理学会ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎, 2009.  (PDF)
  209. 鷲崎弘宜, 羽生田栄一, 久保淳人,”ソフトウェアのパターンとアーキテクチャ”, ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ), September 1-3, 2008.
  210. 久保淳人,鷲崎弘宜,井庭 崇,吉岡信和,大久保隆夫: 第15回プログラムのパターンランゲージ会議(PLoP2008)参加報告, 情報処理学会 第163回ソフトウェア工学研究会, March 18-19, 2009.
  211. 鹿糠秀行, 羽生田栄一, 鷲崎弘宜, “アーキテクチャとパターン”, 情報処理学会ウィンターワークショップ2009・イン・宮崎, 2009.
  212. 繁在家 学, 鷲崎 弘宜, “品質要求駆動型のアーキテクチャ分析設計手法によるWEBシステム開発”, 情報処理学会研究報告ソフトウェア工学研究会報告 SE160, pp.33-40, 2008.
  213. 東京テクニカルカレッジ, 鷲崎早稲田大学准教授との共同開発, 2008年07月05日

Awards / 表彰

  1. International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, Most Read Articles 2017: Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Model and Applications, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Vol. 27, No. 06, August 2017
  2. International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering, Vol. 28, No. 01, 2018 MOST READ ARTICLES, Metrics Visualization Techniques Based on Historical Origins and Functional Layers for Developments by Multiple Organizations, Ryosuke Ishizue, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa and Katsushi Namba
  3. 鷲崎弘宜,須永祐輔,筧捷彦,深澤良彰,山戸昭三,大久保雅司, 日本工学教育協会 工学教育賞, 情報システム開発のチームによるプロジェクトベース学習における個人特性の組み合わせと学習効果(原題”Relation between Combinations of Personal Characteristic Types and Educational Effectiveness for a Controlled Project-based Learning Course” IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing, pp.1-9)
  4. 鷲崎弘宜, 日本国際賞 後席・天皇皇后両陛下に研究紹介, 2017年4月19日
  5. 佐々木 綾菜、日本デジタル教科書学会 第6回年次大会 若手優秀賞、2017年8月19日
  6. 本田 澄、情報処理学会 2016年度 研究会推薦博士論文速報(Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Theoretical Foundations and Empirical Applications)、2017年8月15日
  7. 渡邊泰宏, 鷲崎弘宜, 本田澄, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2017 インタラクティブ特別賞(“B-to-Bクラウドアプリケーションにおける反復的なデータ駆動型ペルソナ構築の事例研究”に対して), 東京, 2017年9月1日
  8. 大久保雅司, 鷲崎弘宜, 早稲田大学ティーチングアワード総長賞(2016年度科目「システム開発プロジェクト基礎」における取組みに対して), 2018年2月
  9. 鷲崎弘宜, 早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力), 2018年2月
  10. 石塚凌, 情報処理学会 第80回全国大会学生奨励賞(「複数組織によるソフトウェア開発において品質を低下させるソースコードの特徴の調査」に対して), 2018年3月
  11. Hironori Washizaki, Computer Research Contribution Award, Asia Pacific Society for Computing and Information Technology (APSCIT), 2016.
  12. Hironori Washizaki, Best Paper Award Nominee of 32nd IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2016)  (for  “A Taxonomy for Program Metamodels in Program Reverse Engineering”) 2016.
  13. 青木 耀, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻 専攻賞, 2017.
  14. 伊藤 佳衣, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻 専攻賞(本賞), 2017.
  15. 礎 良輔, 早稲田大学基幹理工学部情報理工学科 学科賞, 2017.
  16. 渡邊 泰宏, 早稲田大学基幹理工学部情報理工学科 学科賞, 2017.
  17. Tian Xia 夏天, Department award, Waseda Univeristy Department of Computer Science and Engineering, September 20, 2015
  18. 須永 佑輔, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻 専攻賞(本賞), 2015.
  19. 鷲崎弘宜, 独立行政法人大学入試センター 感謝状, 2014.
  20. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Kenichi Matsumoto, 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), Best Poster Award, Osaka, Japan, November 12-13, 2014 (for “Toward Monitoring Bugs-fixing Process after the Releases in Open Source Software”)
  21. Shohei Yamazaki, Kazunori Sakamoto, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, 17th Australasian Computing Education Conference (ACE 2015), Sydney, Australia Tuesday 27th – Friday 30th January 2015, Best Student Paper (for “Comparative Study on Programmable Robots as Programming Educational Tools”)
  22. 高澤亮平,情報処理学会第77回全国大会 学生奨励賞, 2015年3月19日(“プログラミングと性格に関する一考察”に対して)
  23. 土屋良介, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工・情報通信専攻 専攻賞(本賞), 2015.
  24. 土屋良介, 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 総代, 2015.
  25. 青木耀平, 早稲田大学基幹理工学部学部長賞, 2015.
  26. Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Hironori Washizaki and Joseph Yoder, 17th Workshop on Requirements Engineering (WER 2014) Best Paper Award Nominee (for “Abstract security patterns for requirements and analysis of secure systems”)
  27. Ryosuke Tsuchiya, Student award, 17th International Software Product Line Conference (SPLC 2013).
  28. 伊永 祥太, 情報理工学専攻 専攻賞(本賞)
  29. 角谷 将司, 情報理工学専攻 専攻賞(本賞)
  30. 津村 耕司, 基幹理工学部 学部長賞
  31. Kazunori Sakamoto, IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Award, 2012.
  32. 坂本 一憲, 第19回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2012 in 湯布院, 貢献賞, 2012.
  33. 青井 翔平, リクルートホールディングス MashupAward8 協力企業賞 ハートレイルズ賞, 2012.
  34. 角谷 将司, 土屋 良介, 鈴木 翔太, 髙澤 亮平, 佐藤 靖治, 丸谷 佳久, 高田 正樹, 組み込みシステム技術協会 ETロボコン2012 東京地区大会 競技部門第2位, モデル部門 IPA章, 2012
  35. 中野 聡之, 小澤 貴之, 和田 雅彦, 下條 清史, 伊藤 弘毅, 三根 純, 組み込みシステム技術協会 ETロボコン2012 東京地区大会 総合3位, 2012.
  36. 高野 孝一, 情報処理学会 第75回全国大会 学生奨励賞, 2013.
  37. 加藤 史也, 情報処理学会 第75回全国大会 情報処理学会推奨 卒業論文認定, 2013.
  38. 坂本一憲, 2011年度コンピュータサイエンス領域奨励賞
  39. 大橋昭, 日本ソフトウェア科学会第28回大会 FOSE 貢献賞
  40. 大橋昭, 志水理哉, 井上聖久, 中野由貴, 福留康之, 熊木健太郎, ETロボットコンテスト東京大会 シルバーモデル賞・総合準優勝
  41. 坂本一憲, 2011年度小野梓記念賞(学術部門)
  42. 坂本一憲, 大橋昭, 志水理哉, 高橋周平, 村上真一, ゲーム学会 第8回ゲーム作品コンペ優秀賞(”QUINTE for 早稲田楽天プログラミングコンテスト ~最強のAIを作ろう!~” に対して)
  43. 坂本一憲, FITヤングリサーチャー賞, 2010.
  44. 内山諭, FOSE2009学生奨励賞, 2009.
  45. 城間祐輝, SES2009学生奨励賞, 2009.
  46. 坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, FIT2009船井ベストペーパー賞, 2009.
  47. SQuBOK策定部会(鷲崎弘宜が参画): 日経品質管理文献賞, 「ソフトウェア品質知識体系ガイド-SQuBOK Guide-」に対して, 2008.
  48. 雁行進夢, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰: テスト技術者振興協会善吾賞, “ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援”(SES2008)に対して, 2009.
  49. 坂本一憲: 情報理工学科 学科賞, 2009.
  50. Takahashi Encouraging Award from JSSST, 2004.
  51. SES2006 Best Paper Award from IPSJ/SIGSE, 2006.