作成者別アーカイブ: washizaki_lab.

An Empirical Study on Relationship Between Requirement Traceability Links and Bugs, accepted at Journal of Software (DBLP Indexed)


Rizki Amelia, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe, Ryosuke Tsuchiya, “An Empirical Study on Relationship Between Requirement Traceability Links and Bugs,” Journal of software (JSW), 2017. (DBLP Indexed)

Early bug detection reduces the cost of software maintenance; but none of previous works have utilized requirement traceability links (RTLs) as a predictor for bugs. To discuss how to use RTLs to predict the number of bugs, we propose an RTL recovery approach classification based on the ease of the recovery process. Based on that, we investigated the relationship using data from industrial software. We confirmed that classes related to more RTLs tend to have more bugs, and the classification gives better correlations although including RTL in the bug prediction model does not affect the performance. Some class files with no and low RTLs also have bugs; we hypothesize that this occurs because the actual RTL is missing or not established, which is supported by the observation that bugs in these classes are highly correlated with maximum cyclomatic complexity.

教育家庭新聞にG7プログラミングラーニングサミット調査報告の概要ならびに鷲崎教授の取材コメント掲載


4月10日の教育家庭新聞にてICT CONNECT21企画セミナーでのG7プログラミングラーニングサミット調査報告(+鷲崎教授の取材コメント)を紹介いただきました。有難うございます。

C9Cn2eOUQAAX0B11

Life is Tech!社とIT・プログラミングキャンプを早稲田大学グリーンコンピューティング研究開発センターにて共催


早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所(所長: 鷲崎教授)は、Life is Tech!社とIT・プログラミングキャンプを早稲田大学グリーンコンピューティング研究開発センターにて3月26-30日に共催し、約100名の中高生の参加及び数十名の観覧を集めて成功裏に終了しました。ご参加ご支援いただき有難うございました。

Day4_44Day3_131

C7-xq5KUwAEAbwuC75PhYVVwAAG1m6

ネットワークソフトウェア対象のセキュリティ・プライバシ・トラストのエコシステム, テレコム先端技術研究支援センター SCAT研究助成に採択


研究課題「ネットワークソフトウェア対象のセキュリティ・プライバシ・トラストのエコシステム, テレコム先端技術研究支援センター SCAT研究助成」(代表: 鷲崎)が2017-19年度のテレコム先端技術研究支援センター SCAT研究助成に採択されました。有難うございます。助成金を有効活用し、丁寧に研究を進めインパクトある成果を上げます。

複雑なネットワークソフトウェア開発運用のためのトラストを考慮したセキュリティ&プライバシ・エコシステム, 電気通信普及財団 助成 採択


研究課題「複雑なネットワークソフトウェア開発運用のためのトラストを考慮したセキュリティ&プライバシ・エコシステム」(代表: 鷲崎)が2017年度の電気通信普及財団 助成に採択されました。有難うございます。助成金を有効活用し、丁寧に研究を進めインパクトある成果を上げます。