鷲崎教授が情報規格調査会 国際規格開発賞を受賞

鷲崎教授が情報規格調査会 国際規格開発賞を拝受いたしました。
Prof. Washizaki received International Standard Development Award from ITSCJ for ISO/IEC 24773-3 .

  • 鷲崎 弘宜, 情報処理学会情報規格調査会, 国際規格開発賞(ISO/IEC 24773-3:2021 Software and systems engineering — Certification of software and systems engineering professionals — Part 3: Systems engineering), 2021.

『DX白書2021』に鷲崎教授から「海外比較を通じたDXに関する日本の人材育成とリカレント教育」と題し寄稿

IPAから『DX白書2021』が発行されました。DXの現状調査、推進、データ利活用、検討、人材育成他、あらゆる立場の方々に必読の書といえます。鷲崎教授から「海外比較を通じたDXに関する日本の人材育成とリカレント教育」と題し寄稿させていただいていますのでぜひご覧ください。

科研費・国際共同研究加速基金 国際共同研究強化(B)『機械学習により増強されたデータ駆動ソフトウェア保守進化基盤』(PI 鷲崎 ’21-’24)

科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))『機械学習により増強されたデータ駆動ソフトウェア保守進化基盤』(PI 鷲崎 ’21-’24)交付内定。有難うございます。東工大・信州大・大工大と連携し、カナダの各大学との国際共同研究を深め成果をあげてまいります。

Proposal on Data-Driven Software Maintenance and Evolution by Machine Learning to the Fund for the promotion of Joint International Research (B) has been accepted. We will extend the international joint research with Canadian researchers as well as others.

Literature Review on Log Anomaly Detection Approaches Utilizing Online Parsing Methodology, accepted for APSEC 2021 ERA track

Scott Lupton, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka and Yoshiaki Fukazawa, “Literature Review on Log Anomaly Detection Approaches Utilizing Online Parsing Methodology,” The 28th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2021), ERA (Early Research Achievements) track, pp. 1-5, 6th – 9th December 2021 – Virtual (CORE Rank B)

Enterprise Architecture based Representation of Architecture and Design Patterns for Machine Learning Systems, accepted for SOEA4EE in conjunction with EDOC

Hironori Takeuchi, Takuo Doi, Hironori Washizaki, Satoshi Okuda, Nobukazu Yoshioka, “Enterprise Architecture based Representation of Architecture and Design Patterns for Machine Learning Systems,” The 13th Workshop on Service oriented Enterprise Architecture for Enterprise Engineering (SOEA4EE), pp. 1-6, in conjunction with the EDOC, October 25, 2021, Gold Coast Australia.

The team PICOPICOPON will participate in the programming contest ACM ICPC World Finals Moscow online

The team PICOPICOPON incl. M2 Ryoya Yoshimura (as a contestant) and alumnus Remin Kasahara (as coach) from our lab will participate in the programming contest ACM ICPC World Finals Moscow from October 1 to October 6 online. Good luck!

10月1日から10月6日まで開催されるプログラミングコンテスト世界大会 ACM ICPC World Finals Moscow に、研究室のM2吉村君(競技者)とOBの笠原君(コーチ)を含むチーム「PICOPICOPON」がオンラインで参加します。幸運を祈ります。

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2021 開催・終了

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム SES2021(実行委員長: 鷲崎)が2021年9月6-8日に開催されました。シンポジウム全体として過去最多343名以上のご参加いただき厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。引き続きソフトウェア工学研究会の活動にぜひご参加ください。

 

JSSST大会2021「青山幹雄先生を偲んで」

JSSST大会の特別セッションにて「青山幹雄先生を偲んで」と題して開拓、理論、実践、コミュニティ&国際の観点で偲ばせていただき、また、展望他パネル討論させていただきました。ご参加ありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。

Software Engineering Patterns for Machine Learning Applications (SEP4MLA) – Part 3 – Data Processing Architectures, accepted for PLoP 2021 (CORE Rank B)

Jomphon Runpakprakun, Sien Reeve Ordonez Peralta, Hironori Washizaki, Foutse Khomh, Yann-Gael Gueheneuc, Nobukazu Yoshioka, Yoshiaki Fukazawa, “Software Engineering Patterns for Machine Learning Applications (SEP4MLA) – Part 3 – Data Processing Architectures,” 28th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2021), pp. 1-11, 2021. (CORE Rank B)